かくれんぼの夢

公開日: 不思議な体験 | 怖い話

かくれんぼ

これは四つ下の弟の話。当時、弟は小4、俺は中2、兄貴は高1だった。

兄貴は寮に入っていたから、家に帰って来ることは殆ど無かった。

俺は陸上部に入っていて、毎朝ランニングをしていた。

ある夏の日、いつも通り早起きすると、下のベッドで寝ているはずの弟が居なかった。

トイレに行っているんだろうと思い、気にせず外に出た。すると弟が外で寝ていた。

俺は弟を起こして気にせずランニングに行った。今思うと玄関は鍵が掛かっていた。

それから度々弟が居なくなり、その都度家の中で見つかった。机の下、テーブルの下、タンスの陰などに隠れるようにして。

そんなことも忘れていた今年の正月、家族で思い出話をしている時に母親が言ったんだ。

「お前達兄弟は夢遊病の癖があったんだよ」

自分が夢遊病だったなんて覚えていないし、兄貴が夢遊病だったなんて知らなかった。

でも、それで思い出したことがあるんだ。それで兄貴だけに聞いてみた。

俺「昔、何度も同じ夢見たことない? かくれんぼする夢」

兄「そう言えば小学生の頃に何回か見たな」

俺「一緒にかくれんぼしてた子に誘われたことない?」

兄「一緒に川原に行こうって? 行かなかったけど」

俺「同じだ。俺も断った。最後にその子に言われなかった?」

俺・兄「じゃいいや。弟と行くから」

その夢を見なくなったのはその頃からだと思う。

そう、来月は弟の十三回忌。

12月の朝、俺がランニングから帰ると家に救急車が来ていた。

布団の中で冷たくなっているのを母親が発見したらしい。

弟が同じ夢を見たかは知らない。川原に付いて行ったのか、ただの心不全なのか…。

これは親には絶対話さない俺と兄貴だけの秘密。

関連記事

裏世界

不思議な記憶というか、今でも鮮明に覚えている記憶。 小学5年生の夏休み、家の裏手にある大きなグラウンドで、夏休みの自由研究である「身近にいる昆虫リスト」を作っていた。 する…

未来の夫

ある少女が、将来の結婚相手が分かると言う占いを実践してみることにした。 その占いとは、真夜中の0時、口に剃刀を咥え、水を張った洗面器の中を覗き込むと、そこに結婚相手の顔が映るとい…

お墓参りで使用する水桶(フリー写真)

お墓を広くすること

実家は山の中にある田舎なのだが、近所に見栄っ張りで有名な家族が居た。 特におばあさんが見栄っ張りで、息子や孫の自慢話ばかりすることで、近所から嫌われていた。 ある日、そのお…

灯台(フリー写真)

囁く声と黒い影

昔、酒に酔った父から聞いた話だ。 私の実家は曳船業…簡単に言うと船乗りをしている。 海では不思議なことや怖いことが数多く起きるらしく、その中の一つに『囁く声と黒い影』という…

神社の鳥居(フリー写真)

隠しごと

人混みに紛れて妙なものが見えることに気付いたのは、去年の暮れからだ。 顔を両手で覆っている人間である。ちょうど赤ん坊をあやす時の格好だ。 駅の雑踏のように絶えず人が動いて…

運が良いね

今から話すお話は3年前、僕がまだ高校2年生だった時の話です。 その頃、僕はとあるコンビニでバイトをしていました。そのバイト先には同い年の女の子と、50過ぎくらいの店長、あと4人程…

トンネル(フリー写真)

変化するビデオテープ

友人から聞いた話。 彼が大学に通っていた頃に、泊まりがけで遊びに行ったグループが居た。 その時、仲間の一人がビデオカメラを持っていて、みんなふざけて色々映していた。 …

竹下通り

竹下通りの時間の谷間

5年前、当時の彼女と一緒に竹下通りでの買い物を楽しんでいました。 祭日の快晴の日で、若者で賑わう街中を歩いていた時、突然トイレに行きたくなりました。 しかし、店内にトイレ…

電車のホーム

死の影を背負う友人

私には昔からの友人がいて、彼は異常なほど頻繁に死体と遭遇します。中学時代、私たちが海で遊んでいるときに水死体を発見したのが最初です。その時点で彼はすでに5回も死体を見ていたと言ってい…

旅館(フリー素材)

お気遣い

私は趣味で写真を撮っています。 主に風景ばかりで、休みが取れた時は各地を回っているのですが、その時に宿泊した民宿での体験です。 ※ その日、九州の方に行っていたのですが、天候…