途切れた記憶

小学校

私は小学3年の冬から小学4年の5月までの間、記憶がありません。

何故かそこの期間だけ記憶が飛んでしまっているのです。

校庭でサッカーをして走っていたのが小学3年最後の記憶で、それが突然、学校の廊下にある大きな鏡の前で立っている記憶に繋がります。

テレビのチャンネルが切り替わってしまったような唐突さに混乱し、酷く驚いていた自分の様子が鏡に映っていたのをよく覚えています。

まずボーッと鏡を見ている焦点の合わない自分の顔が見えました。

それがハッとしたように鏡に映っている自分を見て驚き、服や周囲を何が起こったか解らないという顔で見回し、多少成長してしまった自分の顔や身体を触って不安で泣きそうな顔になっていました。

それから胸の名札「4年1組」の文字を見た途端、少しずつ色々な情報が頭の中に浮かんできました。

小学4年生になった事、今は5月だと言う事、教室の位置は2階の左端にある事…。

何と言いますか、記憶が飛んでいる期間で知らない筈の記憶なのに、それを『思い出した』…そんな感じなのです。

チャイムが鳴ったので取り敢えずその記憶にある教室に行きましたが、学年は2クラスしかないので面子に大した代わりは無く、先生も3年生の時と同じ先生でした。

授業が始まり、見た事の無い教科書やノートを開いてみました。

使われて多少汚れ、折り目やラクガキのある教科書は、見た事は無かったけれど授業の内容は何故か解りました。

ノートに書かれた字も確かに自分のものなのだけれど、書いた記憶は無いんです。

何かの思い違いじゃないだろうかと考え、それから暫くは違和感があるままで生活を送っていました。

しかし、その内ふと「記憶の無い間、誰かが自分の代わりをしていたんじゃないだろうか?」という考えが浮かびました。

その間に何があったのかを思い出そうとしても、その間にあった行事の内容や一般常識のような記憶はあるのですが、私個人の生活に関わる記憶だけは一切思い出せないのです。

テレビで○○を見た、冬休みに誰誰と遊んだ等、そう言った記憶です。

この事は家族や友人にも黙っていました。

普段からボーッとしていた私は、自分の記憶に無い期間の自分の行動についての話題が振られると、「忘れちゃった」とヘラヘラ笑って誤魔化していました。

その実、とても不安だったんですけど。

それからそういう事態は起きていませんが、後になって考えると、あの時は何かの拍子に別の人格に身体の主導権を握られていたんじゃないかと思っていたりします。

そして思い出せる記憶とそうでない記憶があったのは、記憶を私と共有できる部分と、その誰かが秘密にしたいプライベートな部分があったからなんじゃないかと…。

記憶が無い期間は半年足らずで、しかもそんな事を気にしなくても生きて行けた子供だったから良かったものの、これが大人になってからで、もし2~3年も入れ替わったら…と考えるとゾッとします。

関連記事

抽象模様(フリー素材)

魑魅魍魎

今から2年くらい前の夏。会社が夏休みで、連日ベッドの上でマンガを読みながらゴロゴロ昼寝をする毎日でした。その日もいつものようにマンガを読んでいる内に眠ってしまった。 …

いつもの男性

オカルトではないかもしれませんが実体験話を一つ。数年前に大学を卒業して某証券会社に就職しまして、福岡に赴任していた時の話です。会社の借り上げのマンションが市の中心部にあ…

餓鬼魂

もう30年程前になるか、自分が小学生の頃の話。当時の千葉県は鉄道や主要街道から少し奥に入ると、普通に林が広がっていた。市内にはそう広くない林が点在し、しかも民家から距離…

登山(フリー素材)

謎の救助隊

登山サークルに所属していた3人の男性が、冬休みを利用してある山に登ることを決めました。彼らのレベルではまだ早いと言われましたが、若さにかまけて無理やり登山を決行することにしまし…

葛籠(つづら)

俺は幼稚園児だった頃、かなりボーッとした子供だったんで、母親は俺をアパートの留守番に置いて、買い物に行ったり小さな仕事を取りに行ったりと出かけていた。ある日、いつものように一人…

プラント・コロニー(長編)

いつものようにバイトをして、休憩室で飯を食ってたんだわ。飯を食い終わってスマホを弄ってたら、頭がくらっとしてきた。貧血かなーと思ってたんだけど、妙に意識だけはっきりして…

今の死んだ人だよな

この4月の第3土曜日のことなんだが、自分は中学校に勤めていて、その日は部活動の指導があって学校に出ていた。その後、午後から職員室で仕事をしていた。その時は男の同僚がもう二人来て…

歪みが発生している場所

確か小学2年の頃の話。クラスで仲の良い友人が、「すごい場所があるんだよ!今日行こうぜ!」と言うので付いて行った。そいつは普段から「宇宙人を見た」などと言…

彼の予見

昔付き合っていた彼氏の話。当時高校生だった私は、思春期にありがちな『情緒不安定』で、夜中に一人で泣く事が多かった。当時はまだ携帯なんて高嶺の花で、ポケベルしかなかったん…

優しい抽象模様(フリー素材)

ともだち

最近、何故か思い出した。子供の頃の妙な「ともだち」。当時の自分は両親共働きで鍵っ子だった。とは言っても託児所のような所で遊んで帰るので、家に一人で居るのは一時間程度。そ…