途切れた記憶

小学校

私は小学3年の冬から小学4年の5月までの間、記憶がありません。

何故かそこの期間だけ記憶が飛んでしまっているのです。

校庭でサッカーをして走っていたのが小学3年最後の記憶で、それが突然、学校の廊下にある大きな鏡の前で立っている記憶に繋がります。

テレビのチャンネルが切り替わってしまったような唐突さに混乱し、酷く驚いていた自分の様子が鏡に映っていたのをよく覚えています。

まずボーッと鏡を見ている焦点の合わない自分の顔が見えました。

それがハッとしたように鏡に映っている自分を見て驚き、服や周囲を何が起こったか解らないという顔で見回し、多少成長してしまった自分の顔や身体を触って不安で泣きそうな顔になっていました。

それから胸の名札「4年1組」の文字を見た途端、少しずつ色々な情報が頭の中に浮かんできました。

小学4年生になった事、今は5月だと言う事、教室の位置は2階の左端にある事…。

何と言いますか、記憶が飛んでいる期間で知らない筈の記憶なのに、それを『思い出した』…そんな感じなのです。

チャイムが鳴ったので取り敢えずその記憶にある教室に行きましたが、学年は2クラスしかないので面子に大した代わりは無く、先生も3年生の時と同じ先生でした。

授業が始まり、見た事の無い教科書やノートを開いてみました。

使われて多少汚れ、折り目やラクガキのある教科書は、見た事は無かったけれど授業の内容は何故か解りました。

ノートに書かれた字も確かに自分のものなのだけれど、書いた記憶は無いんです。

何かの思い違いじゃないだろうかと考え、それから暫くは違和感があるままで生活を送っていました。

しかし、その内ふと「記憶の無い間、誰かが自分の代わりをしていたんじゃないだろうか?」という考えが浮かびました。

その間に何があったのかを思い出そうとしても、その間にあった行事の内容や一般常識のような記憶はあるのですが、私個人の生活に関わる記憶だけは一切思い出せないのです。

テレビで○○を見た、冬休みに誰誰と遊んだ等、そう言った記憶です。

この事は家族や友人にも黙っていました。

普段からボーッとしていた私は、自分の記憶に無い期間の自分の行動についての話題が振られると、「忘れちゃった」とヘラヘラ笑って誤魔化していました。

その実、とても不安だったんですけど。

それからそういう事態は起きていませんが、後になって考えると、あの時は何かの拍子に別の人格に身体の主導権を握られていたんじゃないかと思っていたりします。

そして思い出せる記憶とそうでない記憶があったのは、記憶を私と共有できる部分と、その誰かが秘密にしたいプライベートな部分があったからなんじゃないかと…。

記憶が無い期間は半年足らずで、しかもそんな事を気にしなくても生きて行けた子供だったから良かったものの、これが大人になってからで、もし2~3年も入れ替わったら…と考えるとゾッとします。

異世界から来た友人

毎年夏に地元に帰って高校の頃の友人5人で集まるんだが、今年の夏にちょっとおかしな事があった。 どうにも意味が解らない話で、誰かに聞いて欲しくて。 みんな30代半ばになり、子…

家族っぽい何か

先週の事なんだけど、小三の俺の弟が体験した話。 弟はその日、学校が終わって一度家に帰ってから、仲の良い友達と一緒に近くの公園で遊ぶことにした。 夕方になってかくれんぼをして…

横断歩道(フリー写真)

恩人との再会

小学5年生の時、通学路の交差点を渡っていると、右折車が横断中の俺をめがけて突っ込んで来た。 催眠術にかかったように体が動かず、突っ込んで来る車を呆然と見ていたら(あらぬ方向を見て…

並行宇宙(フリー素材)

史実との違い

高校時代、日本史の授業中に体験した謎な話。 その日、私は歴史の授業が怠くてねむねむ状態だった。 でもノートを取らなければこの先生すぐ黒板消すしな…と思い、眠気と戦っていた。…

いつもの男性

オカルトではないかもしれませんが実体験話を一つ。 数年前に大学を卒業して某証券会社に就職しまして、福岡に赴任していた時の話です。 会社の借り上げのマンションが市の中心部にあ…

思い出

小学生になったばかりの頃の話。 学校の近くに沼を埋め立てて造った更地があって、放課後になると鉄条網の隙間から友達と潜り込んで遊んでた。 あの日。埋められた地面の一部が、底が…

浅間神社の氏神様(宮大工4)

とある秋の話。 俺の住む街から数十キロ離れた山奥にあるA村の村長さんが仕事場を訪れた。 A村の氏神である浅間神社の修繕を頼みたいという。 A村は親方の本家がある村であ…

妖怪カラコロ

専門学生の頃に深夜専門でコンビニのアルバイトをしていた時の話。 ある日の午前1時頃に駐車場の掃除をしていると、道路を挟んだ向こう側の方から何か乾いた物を引き摺るような、 「…

テレビの記憶

これは昔、NHKで地方の紹介をする番組で放送されました。 それは祭りとか風習とかで毎週一つの土地をクローズアップして紹介する番組だったのですが、一度ある雪深い地方が紹介された時、…

犬(フリー素材)

犬の気持ち

俺が生まれる前に親父が体験した話。 親父がまだ若かった頃、家では犬を飼っていた。 散歩は親父の仕事で、毎日決まった時間に決まったルートを通っていたそうだ。 犬は決まっ…