サイキック少年

公開日: 不思議な体験 | 超常現象

秘密基地

今から16年前、僕が小学4年生の頃の話です。

昔、秘密基地とか作りませんでしたか?

僕も友達(けんちゃん、としちゃん)と秘密基地を作り、学校帰りにいつもそこで遊んでいました。

ある日、同じクラスの油谷君(アブちゃん)が「まぜて」とやって来ました。

アブちゃんは両手一杯にガンプラを持っていました。

調子の良い僕らは、それで遊べるという簡単な理由で仲間にしました。

それから色々遊んでいる内に、アブちゃんの持って来たガンプラの取り合いになりました。

アブちゃんは僕の持っていたアッガイを返してくれと僕に言ってきました。

僕も意地になって取り合いをしていた時、急にアブちゃんが

「いややぁ」

と叫びました。

その時、よく山登りの時に耳がキーンと鳴る状態になりました。

そしてアブちゃんを見ると、フワフワと僕の目の前で浮いていたんです。

僕らはただじっとアブちゃんを見る事しか出来ませんでした。

と言うより、体の身動きが出来なかったと言った方が正しいと思います。

秘密基地の真ん中には街灯のポールが立っていて、アブちゃんはフワフワとその上にアッガイを置きました。

そしてゆっくりと降りて来て、地面に着いたと同時にダッシュで何処かに行ってしまいました。

僕らはお互いの顔も見ずにランドセルを持つと、逃げるように家に帰りました。

次の日、学校にはアブちゃんは来ず、その次の日に引っ越してしまいました。

その日以来、秘密基地にはもう行かないようにしようという事になり、各々持って来たおもちゃを秘密基地に取りに行きました。

その帰り際にとしちゃんが「あれ夢やったんやよな」と言いながら、街灯を蹴って揺らし始めました。

そうしたらとしちゃんの後ろにアッガイが落ちてきました。

そのアッガイは左腕が溶けて、チョコレートみたいになっていました。

その出来事以来、ガンダム系のモビルスーツは今でも怖いです。

この話は子供の時にあった実体験です。

どなたかこのような体験をされた方はいませんか?

関連記事

憩いの館

いなくなった犬猫が発見されることが、異常に多い廃屋があった。 廃屋と言っても街中にあってわりと小ぎれいな一軒家。別に荒らされいるわけでもない、古い造りのちょっと雰囲気ある家。 …

イケモ様

昔ばあちゃんの家に預けられてた時、後ろの大きな山にイモケ様って神様を祭る祠があった。 ばあちゃんの家の周りには遊ぶ所も無く、行く所も無かったから、その祠の近くにある池でよくじいち…

行軍

爺ちゃんの従軍時代の話

子供の頃に爺ちゃんに聞いた話を一つ。 私の爺ちゃんは若い時、軍属として中国大陸を北へ南へと鉄砲とばらした速射砲を持って動き回ってました。 当時の行軍の話を聞くと、本当に辛か…

不敬な釣り人の顛末(宮大工11)

とある休日、久しぶりにオオカミ様の社へと参りに出かけた。 途中、酒を買い求めて車を走らせる。 渓流釣りの解禁直後とあって、道には地元・県外ナンバーの四駆が沢山停まっている。…

異世界で過ごした日々

これまで3回ほど異世界に行ったことがあります。 1回目は多分、9歳か10歳の頃。2回目は23歳の頃、3回目は10年前の36歳の頃でした。 あの世界に行くのはいつも決まって、…

カップル(フリー素材)

恋人との思い出

怖いと言うより、私にとっては切ない話になります…。 私が高校生の時、友達のKとゲーセンでレースゲームの対戦をして遊んでいました(4人対戦の筐体)。 その時、隣に二人の女の子…

疑問符

ラッキーコール

私は工務店に勤めておりまして、3年程前にある幼稚園までバスの車庫を修理に行った時の事です。 その幼稚園はお寺が経営していまして、車庫は園舎を横に抜けた本堂裏の広場にありました。 …

髪寄りの法

祖父が子供の頃に体験した話。 祖父は子供の頃、T県の山深い村落で暮らしていた。村の住人の殆どが林業を営んでおり、山は彼らの親と同じであった。 そんな村にも地主が存在しており…

裏世界

不思議な記憶というか、今でも鮮明に覚えている記憶。 小学5年生の夏休み、家の裏手にある大きなグラウンドで、夏休みの自由研究である「身近にいる昆虫リスト」を作っていた。 する…

10の14乗分の1

人間って、壁をすり抜けたりする事ができるの知ってました? 10の14乗分の1くらいの確率で。 細胞を形成している素粒子に透過性があるかららしい。たまたまこないだテレビで見て…