サイキック少年

公開日: 不思議な体験 | 超常現象

秘密基地

今から16年前、僕が小学4年生の頃の話です。

昔、秘密基地とか作りませんでしたか?

僕も友達(けんちゃん、としちゃん)と秘密基地を作り、学校帰りにいつもそこで遊んでいました。

ある日、同じクラスの油谷君(アブちゃん)が「まぜて」とやって来ました。

アブちゃんは両手一杯にガンプラを持っていました。

調子の良い僕らは、それで遊べるという簡単な理由で仲間にしました。

それから色々遊んでいる内に、アブちゃんの持って来たガンプラの取り合いになりました。

アブちゃんは僕の持っていたアッガイを返してくれと僕に言ってきました。

僕も意地になって取り合いをしていた時、急にアブちゃんが

「いややぁ」

と叫びました。

その時、よく山登りの時に耳がキーンと鳴る状態になりました。

そしてアブちゃんを見ると、フワフワと僕の目の前で浮いていたんです。

僕らはただじっとアブちゃんを見る事しか出来ませんでした。

と言うより、体の身動きが出来なかったと言った方が正しいと思います。

秘密基地の真ん中には街灯のポールが立っていて、アブちゃんはフワフワとその上にアッガイを置きました。

そしてゆっくりと降りて来て、地面に着いたと同時にダッシュで何処かに行ってしまいました。

僕らはお互いの顔も見ずにランドセルを持つと、逃げるように家に帰りました。

次の日、学校にはアブちゃんは来ず、その次の日に引っ越してしまいました。

その日以来、秘密基地にはもう行かないようにしようという事になり、各々持って来たおもちゃを秘密基地に取りに行きました。

その帰り際にとしちゃんが「あれ夢やったんやよな」と言いながら、街灯を蹴って揺らし始めました。

そうしたらとしちゃんの後ろにアッガイが落ちてきました。

そのアッガイは左腕が溶けて、チョコレートみたいになっていました。

その出来事以来、ガンダム系のモビルスーツは今でも怖いです。

この話は子供の時にあった実体験です。

どなたかこのような体験をされた方はいませんか?

目(フリー素材)

犯罪者識別能力

高校の時の友達に柔道部の奴がいて、よく繁華街で喧嘩して警察のお世話になっていた。そいつは身長185センチで体重が100キロという典型的な大男。名前はA。性格は温厚で意外…

住宅(フリー写真)

苦労かけるな

夜に2階の自室で、一人で本を読んでいた時のこと。実家は建てた場所が悪かったのか、ラップ現象が絶えなかった。自分は単に家鳴りだと思っていたのだが、その日はポスターから音が…

抽象画(フリー素材)

夢が現実に

最近になって気付いた不思議な事。俺は普段眠ってもあまり夢を見ない。というか実際は見ていても忘れているんだと思う。でも、偶に夢を覚えていたりする。しかも覚えているやつに限…

忠告

先日事故で意識不明、心肺停止状態で病院に運ばれた時、気が付くと処置室で自分が心臓マッサージをされているところを上から見ていたんです。これが幽体離脱というやつだなと解って、自分の…

暗い歌

数年前、ある靴屋で働いていた時の事。あまり忙しくない店だったから、閉店後の片付けはスタッフが1人で行っていたんだ。ある夜、僕が1人で閉店準備をしていると、店内にかかって…

灯篭流し(フリー写真)

灯籠流し

小学生の頃、よくH瀬村と言う山奥にある村に遊びに行っていました。毎年夏になると、写真好きの父に連れられて村を訪れ、村外れにある川で泳ぐのを楽しみにしていました。私が小…

砂時計(フリー写真)

巻き戻る時間

10年程前、まだ小学生だった私は、家で一人留守番をしていました。母親に注意もされず、のびのびとゲームを遊ぶことが出来てご満悦でした。暫く楽しく遊んでいると、電話が掛かっ…

抽象画

お還りなさい(宮大工14)

俺が初めてオオカミ様のお社を修繕してから永い時が経過した。時代も、世情も変わり、年号も変わった。日本も、日本人も変わったと言われる。しかし俺を取り巻く世界はそれ…

未来の自分から

今から20年くらい前の出来事。一人っ子だった俺は、幼稚園から帰ってくるとファミコンをするか家の目の前の公園で一人で遊ぶのが日課だった。最初はどんな出会いだったかは憶えて…

車のテールランプ(フリー写真)

父親の謎の行動

俺と弟は心霊スポットが好きで、夜中に曰く付きの廃墟などに侵入していた悪ガキだった。残念ながら二人とも霊感はないから、殆ど廃墟探険なのだけど、何もない田舎ではそれだけでも楽しかっ…