アリス症候群の恐怖

公開日: 不思議な体験 | 怖い話

アリス(フリーイラスト)

自分は小さい頃から「不思議の国のアリス症候群」の症状があった。

時々遠近感が曖昧になったり、周りの物が大きくなったり小さくなったりする感覚に陥る。

大抵の場合、じっとしている時に起こるから日常生活に支障は無いし、頻度としてもそれまでは1ヶ月に1、2回だった。

数年前、大学生の時の事。

夜ベッドに座って壁に寄り掛かるような体勢で携帯を弄っていた。

携帯からふと視線を外して正面の本棚を見ると、アリス症候群が起こった。

本棚がゆっくりと小さくなって行き、自分が大きくなったような感覚になる。

嫌な感覚でもないし慣れていたから、そのままぼーっと本棚を見ていた。

自分の場合、目を何度か瞬きさせながら視線を素早く動かすと治まるから、その時も20秒くらい本棚を眺めた跡、視線を動かして遠近感を直した。

次の日、友達と二人で大学の授業に出ていた。

大き目の教室の真ん中辺りに友達と並んで座っていた。

左隣りに友達が座っていて、右隣りは空席だった。

ノートを取りながら教授の声に耳を傾けていると、またアリス症候群が起こった。

今度もノートやシャーペンがどんどん小さくなって行き、自分が大きくなる感覚の症状だった。

『昨日も起こったのになぁ…』なんて思いながら、目を何度か瞬きさせて軽く右側を見た。左には友人が居たからだと思う。

でも遠近感は治らなかった。

『あれ?』と思ってもう一度やり直した。

すると右耳のすぐ横から「ねぇ」という女の声が聞こえた。

驚いて軽く跳ね上がり後ろを振り返ると、知らない男子学生と目が合った。

気が付いたらアリス症候群は治まっていた。

キョロキョロするも近くに女子学生は居らず、焦っていると友人が「寝てたの?」と小声で話し掛けてきた。

ビクンッと跳ね上がったから寝ていたと思われたらしい。

その日の夜、ベッドに仰向けになって携帯を弄っていた。

するとまたアリス症候群。

天上がぐんぐん遠くなって行き、自分が小さくなったような感覚になる。

昼間の事もあったからすぐに直そうと思い、瞬きをしつつ首を少し回した。

すると、ベッドの縁辺りに巨大な顔があった。

よくホラーものに出てくる青白い顔。

巨大に見えるのはアリス症候群のせいなのか分からない。

パニックになって起き上がるも、アリス症候群が治らない。

巨大な顔は無表情でこちらを見ながらカクカクと左右に動いていた。

周りの物が全て大きく見えるので余計パニックになる。

とにかく視線や焦点をずらさなければと思い、近くに落ちてる携帯を拾う。

手に持って画面を点灯させ、そこを必死に見る。

それでも巨大な顔は、視界の端でカクカクと動いていた。

耐え切れなくなって目を閉じた。

何秒か判らないけど、とにかく強く目を瞑っていた。

携帯を持つ手が小さく震えている事に気が付いた時、右耳のすぐ横で囁くように「惜しかったね」と女の声が聞こえてきた。

驚いてまた体が跳ね上がったけど、反射的に右を見た。

しかし何も居らず、耳に嫌な感触が残っているだけだった。

それからアリス症候群が怖くなり、じっとしているのが苦痛になった。

じっとしているとアリス症候群が起こってしまうかもしれないと恐怖した。

それでも大学の授業は受けなければならないし、数日間アリス症候群に怯えながら大学に通った。

しかし何も起こらず2週間以上が経過した。

きっとあれは疲れなどからくる幻覚みたいなものだったのかなと思い始めた頃だった。

バイトも無い夕方、自宅のリビングでぼーっとテレビのニュースを眺めていた。

何となく嫌な予感がすると思ったら、案の定アリス症候群が起きた。

テレビがどんどん大きくなって行き、自分が小さくなる感覚に陥る。

『やばい!やばい!』と焦って瞬きをし、大袈裟なくらいにキョロキョロする。

でも治らなかった。

無理にでも歩いてしまおうとしたけど、何故か足が固まって動けない。

テレビのニュースキャスターの声だけが大きく聞こえてきて、うるさく感じた。

早く遠近感を直してしまおうと無駄にキョロキョロしていると、すぐ右側にこの間の巨大な顔が現れた。

すぐ右側でカクカクカクカクカクカクと左右に小刻みに動いている。

恐怖で飛び退きたかったけど、体が動かなかった。

思い切り視線を左に向けて顔を見ないようにした。

でも右からカクカクと動いている気配がする。

絶望的な気分になり、目を瞑って下を向いた。

心の中で、『消えろ消えろ消えろ』と何度も繰り返した。

そしたらドンッと右肩に何かが当たった。

その何かがゆっくりと動いた。

そして右耳のすぐ横で「あーあ、もう少しだったのに」と言われた。

すっと肩が軽くなり、恐る恐る目を開けると、通常通りのリビングだった。

巨大な顔も居なくなっていた。

これを最後に、今日までアリス症候群にはなってない。

砂場(フリー写真)

サヨちゃん

俺は小学校に入るまで広島の田舎の方に住んでいた。 その時に知り合った『サヨちゃん』の話をしよう。 ※ 俺の母方の実家は見渡す限り畑ばかりのド田舎で、幼稚園も保育園も無い。 …

女性の肖像画

今朝、鏡を見ていたらふと思い出した事があったので、ここに書きます。 十年くらい前、母と当時中学生くらいだった私の二人でアルバムを見ていた事がありました。 暫くは私のアルバム…

ポコさん

私の住んでいた家の近くの公園には、いつもポコさんという大道芸人みたいなおじさんが週に3回来ていた。 顔は白粉か何かで白く塗り、眉毛は太く塗り、ピエロの様な格好でいつもニコニコして…

アパート(フリー写真)

出前のバイト

大学生の頃に体験した話。 俺は下宿近くにある定食屋で出前のアルバイトをしていた。 本業の片手間の出前サービスという感じで、電話応対や梱包、配達まで調理以外のをほぼ全てを俺…

綺麗な少女

夏が近くなると思い出すことがある。 中学生の時、ある夏の日のことだ。俺は不思議な体験をした。 夏休みを迎えて、同世代の多くは友達と遊んだり宿題をやったりしていただろう。 …

髪寄りの法

祖父が子供の頃に体験した話。 祖父は子供の頃、T県の山深い村落で暮らしていた。村の住人の殆どが林業を営んでおり、山は彼らの親と同じであった。 そんな村にも地主が存在しており…

犬(フリー写真)

お爺さんとの絆

向かいの家の犬が息を引き取った。 ちょうど飼い主だったお爺さんの一周忌の日だった。 お爺さんは犬の散歩の途中、曲がり角で倒れ込み、そのまま帰らぬ人となった。脳出血だったら…

降りなくていいんですか?

東京の地下鉄乗ったんだよ。 何線かは言わないけど、まぁいつ乗ってもそれなりに人乗ってるよな。 で、東京の地下鉄ってのは2~3分走れば止まるじゃん?駅の距離短いし…。快速とか…

赤い橋

赤い橋

俺が高校生だった頃の話。 両親が旅行に出かけて、俺は一人でお婆ちゃんの所に行ったんだ。 婆ちゃんはよく近所の孤児院でボランティアをしていて、俺もよく介護のボランティアをして…

イタチの仕業

祖母の葬式の晩の事。 田舎の古い屋敷で壁3面ガラス張りの小さな和室に1人だった。長い廊下の突き当たりの座敷には祖母が安置されていた。 裏の山には江戸時代からの一族の墓が並び、近くの公園…