姥捨て山の老人

公開日: ほんのり怖い話 | 不思議な体験

山道(フリー写真)

これは、私の兄が小学生の頃に体験した話です。

当時は私がまだ生まれる前のことでした。

春のある日、兄と祖父が近くの山で山菜採りに行きました。

彼らが目指していたのは、棘を持つ「タラ」の芽で、これを天ぷらにするととても美味しいのです。

兄はその山でよく遊んでいたので、山菜の種類は詳しくなかったものの、山道については祖父以上に詳しかったのです。

そして、一旦タラの芽を見つけると、兄は一人で山の中へと進んで行ったのです。

兄は山菜採りに夢中になり、普段は見通しのきく道を進むことが多かったのですが、その日はその限りではありませんでした。

満足するほどの量を手に入れ、帰ろうとした時、近くに人の気配を感じたのです。

振り向くと、大きな岩の上にガリガリに痩せた白髪の老人が、汚れた着物を着て座っていました。

兄は驚きましたが、その老人の足元に山菜籠があったため、彼も同じく山菜採りをしている人だと思いました。

そこで、兄は挨拶をして家路につこうとしたのですが、その時、老人が声をかけました。

「坊主、タラの芽を探しているのか?」

老人は所々歯が欠けた口を開けてにっこりと笑いました。

兄は少し不快感を覚えながらも、

「お爺さんも山菜を採ってるの?」

と聞き返しました。

すると、老人は山菜籠に手を伸ばし、

「私もタラの芽だよ。知ってるか?タラの芽は生でも食べられるんだ」

と言って、その場で山菜を食べ始めました。

しかし、兄はその様子をただじっと見ていることしかできませんでした。

なぜなら、その老人が食べていたのは「タラの芽」ではなく、「ウルシの芽」だったからです。

この二つの芽は形は似ていますが、全く異なるもので、特にウルシの芽は皮膚をかぶれさせる効果があります。

老人がウルシの芽を何気なく食べている光景を見て、兄は恐怖で声も出せず、涙を流して立ち尽くすことしかできませんでした。

老人の全身が見る見るうちにかぶれでドロドロになり、口からは山菜を噛むたびに血が湧き出てくる光景を目の当たりにしました。

その老人の足が折れているのか、不自然な方向に曲がっているのも見て取れました。

老人は再びにっこりと笑い、

「ここら辺にはもう食べられるものはない。他の場所を探しなさい。君も村に食べ物がないから山まで来たんだろう。でも、残念だったね」

と言いました。

そして、その次の瞬間、老人は突如として消えてしまいました。

その後、兄は叫びながら山を駆け下り、家に帰ってきました。

大人たちにその話をしたところ、誰も信じてくれませんでした。

しかし、地域の地区長が昔の話を教えてくれました。

その地域の山は、昔は「姥捨て山」と呼ばれていました。

飢饉の度に口減らしをする時代に、多くの人がその山で食べ物を探して命を落としたのです。

兄が出会ったのは、その時代の人々かもしれません。

地区長は、

「この土地の過去は皆知らないから、あまり話さないで」

と兄に忠告しました。そして、

「豊かな時代に育ったことを幸せに思いなさい」

と言い、兄を家に帰らせました。

その日以降、兄はその山がどこにあるのかを私に教えてくれませんでした。

また、食べ物に対する好き嫌いを言うと、兄は非常に怒るようになりました。

関連記事

ゲーム機

天国への踊り子

PlayStation Homeを始めた頃の話。 あるお化け屋敷ラウンジに、いつログインしてもずっと踊り続けているアバターが2体いるんだ。仮に「ぶらきゅー」さんと「はぴぴ」さん…

存在しない廃墟

小学校低学年の頃に都内某区に住んでたんだけど、近所に有名な廃墟があった。 ある日友人達数人と一緒にそこへ探検に行こうという話になって学校の帰りに行ってみた。 でも、いざ到着するとみんな…

トンネル

地底と星からの訪問者

小学2年生の時の出来事です。山に囲まれた田舎で育った私は、ある日学校の帰り道で見知らぬおじさんとおばさんに声をかけられました。普段は知らない人にはついて行ってはいけないと教わっていま…

玄関

霊感チェック

霊感の有無を自覚していない人は意外に多いかもしれません。あなたも、もしかすると霊感があるのかもしれませんね。今回は、自分自身の霊感をチェックする簡単な方法を紹介します。 まず、…

切り株(フリー写真)

植物の気持ち

先日、次男坊と二人で、河原に蕗の薹を摘みに行きました。 まだ少し時期が早かった事もあり、思うように収穫が無いまま、結構な距離を歩く羽目になってしまいました。 視線を常に地べ…

灯篭流し(フリー写真)

灯籠流し

小学生の頃、よくH瀬村と言う山奥にある村に遊びに行っていました。 毎年夏になると、写真好きの父に連れられて村を訪れ、村外れにある川で泳ぐのを楽しみにしていました。 私が小…

家族の奇行の真相

自分の身に起こった今でも信じられない実話です。 まだ僕が中学3年だった頃、父親と母親と弟の4人家族でした。 紅白歌合戦を見終わって、良い初夢でも見るかな…ってな具合で寝たの…

笑い袋

もう20年以上前の話です。 当時小学低学年だった私には、よく遊びに行く所がありました。 そこは大学生のお兄さんが住む近所のボロアパートの一室です。 お兄さんは沢山の漫…

龍神様の掛け軸

実家にある掛け軸の話。 いつ誰が買ってきたのかも定かでない、床の間に飾ってある龍神様の描かれた小ぶりの掛け軸。 聞けば祖母が嫁いできた頃には既にあったと言うから、既に70年…

少年と祖母

今年33歳になるが、もう30年近く前の俺が幼稚園に通っていた頃の話です。 昔はお寺さんが幼稚園を経営しているケースが多くて、俺が通ってた所もそうだった。今にして思うと園の横は納骨…