車の手形

公開日: 心霊体験 | 怖い話

トンネル(フリー写真)

ある日、大学生のカップルが山へドライブに行きました。

夕方になり、辺りが薄暗くなった頃に帰ろうとしたのですが、道を間違えたのか、行きでは通らなかった古びたトンネルに行き着いてしまいました。

辺りは暗く、少し気味が悪かったのですが、一本道なのでそこを通るしかありません。

仕方なくトンネルに入ると…、

「バン」

と後ろの窓を叩かれたような衝撃がありました。

びっくりして彼女が後ろを振り向きましたが、何もありませんでした。

後続の車もありません。早く抜け出そうとそのまま走っていると…、

「バン、バン」

「バン、バン、バン」

「バンバン、バン、バン、バンバン」

至る所から車が叩かれ始めました。

恐ろしくなった二人は、とにかく急いでトンネルを抜けようと、猛スピードで車を走らせました。

早く人の居る所へ行きたいと必死に車を走らせ、二人はようやく山の麓のガソリンスタンドに辿り着きました。

明るい電気の下で窓ガラスを見ると、大小様々な手形がびっしりと付いていました。

店員さんに拭き掃除を頼み、すぐに掃除を始める店員を無意識に眺めながら、車内で呆然とする二人。

暫くして店員が首を傾げながら運転席の横までやって来て、コンコンと窓を叩きました。

何だろうと思いながら窓を開け、話を聞いて二人は凍り付きました。

「この手形、中から付いてますよ」

峠(フリー写真)

夢の女と峠の女

俺は幽霊は見たことがないのだけど、夢とそれに関する不可思議な話。中学3年生くらいの頃から、変な夢を見るようになった。それは、ショートヘアで白いワンピースを着た二十代くら…

抽象画

神谷のおばさん

俺が中学生の時、『神谷のおばさん』という有名人がいた。同級生神谷君の母親なので『神谷のおばさん』な訳だが、近所はもちろん同じ中学の奴まで、殆ど神谷のおばさんを知っているほど有名…

団地(フリー写真)

深夜の足音

昔、俺が社会人一年目の頃に体験した話。当時は五階建ての団地に一人暮らしをしていた。周りはとても静かで、俺はその場所をとても気に入っていた。しかし一つ問題があった…

最後の疑問

最近友人は 2ヶ月間タイに行ってきた。まあ、日本円で千円も出せば一泊できるような安宿に泊まったらしい。どこの国でもそうなのかも知れないが、やはり日本人旅行者は狙われる。…

病院の老婆

一年程前の話です。当時、私はとある病院で働いていました。と言っても看護師ではなく、社会福祉士の資格を持っているので、リハビリ科の方でアセスメントやケアプランを作ったり、サービス…

髪寄りの法

祖父が子供の頃に体験した話。祖父は子供の頃、T県の山深い村落で暮らしていた。村の住人の殆どが林業を営んでおり、山は彼らの親と同じであった。そんな村にも地主が存在しており…

生まれ変わり

物心がついた頃から、「僕は1回死んだんだ」って言っていた。むしろその記憶は今でも残ってる。その自分が死んだって言っていた理由ももちろん覚えている。 …

トンネル(フリー写真)

トンネルの少女

二十数年生きて来て、心霊現象なんて体験したことはなかった。怖い話は好きだけど、そんなの実際には有り得ないと否定的だった。今は、肯定する気もないけど否定もできない。 ※…

Sデパート

これは警備員のバイトをしていた時に職場の先輩から聞いた話です。都内Sデパートが縦に長い建物である事は、先程述べましたが、当然一人で受け持つ巡回経路は複雑で長いものです。…

旅館(フリー素材)

お気遣い

私は趣味で写真を撮っています。主に風景ばかりで、休みが取れた時は各地を回っているのですが、その時に宿泊した民宿での体験です。 ※ その日、九州の方に行っていたのですが、天候…