顔の群れ

公開日: 怖い話

樹木(フリー写真)

私が以前住んでいた家の真横に、樹齢何十年という程の大きな樹がありました。

我が家の裏に住む住人の所有物であったのですが、我が家はその木のお陰で大変迷惑を被っていたのです。

と言うのも、秋頃になると大量の枯葉が我が家の庭先に撒き散らされるのです。

加えて樹齢何十年という老木ゆえ、根元から2、3メートルの辺りが朽ちており、今にも我が家に倒れ掛かって来そうな様相なのです。

台風の日などは、家族で『今日こそ倒れるんじゃないか?』と、毎度毎度ビクビクしていたものです。

何度かその旨を裏の住人に伝えたのですが、

「当方の敷地のものに文句を言われる筋合いはない!」

と頭ごなしに断られ、半ば諦めかけていました。

しかし、ある風の強い日にとうとう老木の枝が折れ、その太い枝は我が家にではなく、隣接していたもう一軒の民家に倒れ込んだのです。

屋根の瓦も割れ落ち、それは酷い状況になっておりました。

その一件で損害賠償まで話が発展し、ついにその老木は切り倒される運びとなりました。

老木が切り倒されてから一年。

そこには6階建ての立派なマンションが建ち、そのマンションの最上階に、裏の住人の祖母が『管理人』として入居したという事でした。

ある夜の事です。

用事で出掛けていた私は、駅から自宅までの道のりを歩いておりました。

マンションは我が家への目印とも言える程、遠くからでもその姿を見せておりました。

マンションが近くなるにつれ、マンションの屋上付近に、何やらモヤモヤとした、霧のようなものがかかっている事に気が付いたのです。

一歩毎にマンションは近くに見えて来ます。

そして、そのモヤモヤが何であるかも、次第に見えて来たのです。

霧状の白い煙の中に、無数の生首が浮遊しているではありませんか。

生首は一つ一つ違う顔をしており、老若男女様々でした。

ただ、その顔の群れに共通したものが一つだけありました。

全ての顔が満面の笑みを浮かべているのです!!

それから数日後の事。

マンションの管理人である老婆が、屋上から飛び降り亡くなってしまいました。

老人性の痴呆が原因と言われてはいましたが、果たしてそうなのでしょうか?

何故かと言うと、私が見たあの顔の群れは、老婆の住んでいた部屋の真上だった事が一つ。

そしてもう一つは、老婆が絶命した直接の原因。

老婆の死は、飛び降りによる打撲が原因ではないのです。

地面にあった木の小枝が、喉を貫いていたそうです。

私にはどうしても、老木の怨念としか思えないのです。

関連記事

田所君

小学生のころ同級生だった田所君(仮名)の話。田所君とは、小学5年から6年の夏休み明けまで同じクラスだった。田所君は、かなり勉強の出来るやつだった。学校の図書館を「根城」…

初めて見た霊

俺が中学の時の話。麻雀を覚えたての頃で、仲の良い友達3人(A・B・C)と学校が終わってはAの家に集まり麻雀をやっていた。Aの部屋は離れにあり、親などに特にうるさくされず…

東京五輪

ナレーションの声

小学5年生の頃、アメリカでワールドカップが開催された。だからという訳ではないけど、幼馴染のNとよく近所の公園でサッカーをしていた。ある日、「たまには別の公園でやろう」と…

倉庫(フリー背景素材)

曰く付きの絵画

一つ俺の体験談をば。秋口の頃だったか、俺の勤めている会社の社長の菩提寺が建物の一部を修復するとかで、俺も含めて若い社員が5、6人と、監督役の係長が一人、荷物の運搬を手伝いに行か…

工事現場(フリー写真)

マンホールの男

昔、警備会社の夜勤をやっていた時の話。多くは国道の道路工事の現場で、車通りの多い道で騒がしい音の中働いていた。ある日、珍しく裏道の仕事が回って来た。その細い裏道…

夜のビル街(フリー写真)

呻き声

俺のツレはいわゆる夜中の警備のバイトをしていて、これはそのツレにまつわる話。ある日、そいつが言うには、「何かさ、最近、バイト中に鳴き声がするんだよな」「まあ、近…

椅子(フリー写真)

三頭身

小さいながら夫婦で防犯設備の株式会社を立ち上げて8期程経ち、地方銀行の大型融資も審査が通って順調に利益を伸ばしている中で、専務取締役を任せていた嫁が事故死した。それからは仕事に…

ゼンゾウ

伯父が都内の西側にちょっと広い土地と工場の跡地を持っていたんだ。不況で損害を被った伯父は、これを売りたがっていたんだよ。と言っても伯父も金が無くてね。更地には出来なかっ…

三文字

俺は、某所のある古いアパートで一人暮らしをしている。このアパートは二階建てで、各階四号室までのごく普通のアパートだ。ちなみに俺は104号室に住んでいる。ある日、いつものスーパー…

湧き水(フリー写真)

岩のくぼみ

父が二十代の頃に体験した話です。私が住んでいる場所は、自然豊かな地域です。山も海も身近にあり、今でも手漕ぎの小船で海へ出て、魚釣りをされる年配の方が沢山居られます。 …