天狗

満月(フリー画像)

35年前くらいの事かな。俺がまだ7歳の時の話。

俺は兄貴と2階の同じ部屋に寝ていて、親は一階で寝ていた。

その頃は夜21時頃には就寝していたんだけど、その日は何だか凄く静かで、窓から夜空を眺めると月が明るく雲一つ無いとても綺麗な夜だった。

トイレに行こうと部屋を出て、廊下にある窓をふと見ると、庭にある大きな杉の木の太い枝に誰かが乗っていて、こちらを見ている。

月光を背にしていたからあまり鮮明には見えなかったんだけど、その人影らしきものに目を奪われ、ポカーンとしていたのを覚えている。

何か羽根のようなものが生えていたのか、それがマントなのかは分からない。あとチャンコのようなものを羽織っていて、下駄のような履物を履いていた。

そしてその何者かと目が合って30秒ほど経つと、その物体はバサバサッと羽のようなものを羽ばたかせて飛んで行ったんだ。

その時はまだ子供だったから、怖いという感覚は無かった。ただ、とても不思議な感覚を覚えている。

飛んで行く時、俺に手で軽く会釈をして行ったのを今でも覚えている。

当時住んでいた所は新潟の田舎だった。

その夜は特別空気が澄んでいて、今考えると虫の鳴き声も無かったように思う。

翌日、その杉の木の下に行った。

そしたら何かの羽根のようなものが落ちていた。

でもその時は『何だこれ?』という感覚しかなかった。

その夜、俺はもう一度あの人影に会いたいと思い、深夜に廊下の窓へ向かった。

すると「バサバサバサッ」という音が聞こえ、同じ杉の木にあの日と同じ人影が降り立ったんだ。

俺がゆっくり手を振ってみたら、彼も同じように手を振った。

それでまた30秒ほど見つめ合った後、彼は横を向いた。その横を向いた時の衝撃は今でも忘れられない。

クルッと横を向くと、何と鼻がとても長い…。

そう、あれは天狗だったんだ。

その後のことはよく覚えていないけど、朝目覚めたらまた同じような毎日が始まった…。

時が止まる場所

昔ウチの近所に結構有名な墓地があって…。当時俺は、よく友達と近所の大きな公園で、自転車を使った鬼ごっこをしてたんだ。ある日、リーダー格の友人Aの意見で、公園内だけではつ…

もう5、6年前かな?確か秋も過ぎて12月だかそんくらいの時期。前日に早く寝たから、その日はやたらと早く目が覚めたのよ。だいたい日の出の直後くらいだったと思う。起きたとい…

ニワトリ

6月のある日の夕方に家に居ると、外出中の母親から電話がかかってきた。 かかりつけの病院に行って母の代わりに薬をもらって来てくれという内容だった。 俺は家を出て徒歩で病院に向かった。…

優しさを大切に

俺が小学校1年生ぐらいの時の話。その頃、俺はおとなしくて気の弱い方で、遊ぶのも大体おとなしい気の合う子達とばっかり遊んでいた。でも何がきっかけだか忘れたけど、ある時に番…

巨木(フリー写真)

巨木への道

この話は、俺が以前旅先で経験した事実に基づいて書かせて戴く。N県の温泉へ車で2泊3日の旅行へ出かけた時の話。移動の途中で『森の巨人たち100選』と書かれた標識が突如現れ…

女性のシルエット(フリーイラスト)

妻の生き霊

日曜日の朝、昼まで寝ていた俺はボーっとしながらリビングへ向かった。トントンと包丁の音がする。台所では妻が昼飯を作っているようだった。テレビを点けて携帯を見ると、一昨日内…

雪山(フリー写真)

埋めたはずなのにな…

ラジオで聞いた、カメラマンの方が体験した話。 ※ ある雪山へ助手と撮影に行った。雑誌の仕事だった。撮影何日か目に助手が怪我をした。まだ予定枚数が撮れていないので、雪…

足音

これは母から聞いた話なんですが。結婚前勤めていた会計事務所で、母は窓に面した机で仕事していました。目の前を毎朝御近所のおじいさんが通り、お互い挨拶を交わしていました。 …

秘密基地

サイキック少年

今から16年前、僕が小学4年生の頃の話です。昔、秘密基地とか作りませんでしたか?僕も友達(けんちゃん、としちゃん)と秘密基地を作り、学校帰りにいつもそこで遊んでいました…

犬(フリー素材)

犬の気持ち

俺が生まれる前に親父が体験した話。親父がまだ若かった頃、家では犬を飼っていた。散歩は親父の仕事で、毎日決まった時間に決まったルートを通っていたそうだ。犬は決まっ…