天狗

満月(フリー画像)

35年前くらいの事かな。俺がまだ7歳の時の話。

俺は兄貴と2階の同じ部屋に寝ていて、親は一階で寝ていた。

その頃は夜21時頃には就寝していたんだけど、その日は何だか凄く静かで、窓から夜空を眺めると月が明るく雲一つ無いとても綺麗な夜だった。

トイレに行こうと部屋を出て、廊下にある窓をふと見ると、庭にある大きな杉の木の太い枝に誰かが乗っていて、こちらを見ている。

月光を背にしていたからあまり鮮明には見えなかったんだけど、その人影らしきものに目を奪われ、ポカーンとしていたのを覚えている。

何か羽根のようなものが生えていたのか、それがマントなのかは分からない。あとチャンコのようなものを羽織っていて、下駄のような履物を履いていた。

そしてその何者かと目が合って30秒ほど経つと、その物体はバサバサッと羽のようなものを羽ばたかせて飛んで行ったんだ。

その時はまだ子供だったから、怖いという感覚は無かった。ただ、とても不思議な感覚を覚えている。

飛んで行く時、俺に手で軽く会釈をして行ったのを今でも覚えている。

当時住んでいた所は新潟の田舎だった。

その夜は特別空気が澄んでいて、今考えると虫の鳴き声も無かったように思う。

翌日、その杉の木の下に行った。

そしたら何かの羽根のようなものが落ちていた。

でもその時は『何だこれ?』という感覚しかなかった。

その夜、俺はもう一度あの人影に会いたいと思い、深夜に廊下の窓へ向かった。

すると「バサバサバサッ」という音が聞こえ、同じ杉の木にあの日と同じ人影が降り立ったんだ。

俺がゆっくり手を振ってみたら、彼も同じように手を振った。

それでまた30秒ほど見つめ合った後、彼は横を向いた。その横を向いた時の衝撃は今でも忘れられない。

クルッと横を向くと、何と鼻がとても長い…。

そう、あれは天狗だったんだ。

その後のことはよく覚えていないけど、朝目覚めたらまた同じような毎日が始まった…。

渓流(フリー写真)

一人で泳ぐ男の子

去年の梅雨の終わり頃、白石川に渓流釣りに行った時の事。 午前4時くらいに現地に到着し準備を終え、さあ川に入ろうとした時に、川の方から子供の声が聞こえるんです。 薄明るくなり…

四国のホテル

怖くないかもしれないけど、俺が昔体験した話。 子供の頃、四国に家族旅行へ行った時、泊まっていたホテルで黒い着物姿の女に手招きされる夢を見た。 夢の中で、俺はふらふらと抵抗す…

教室の机(フリー写真)

教室に居る子

小学6年生の二学期の途中に地方へ引っ越した。 転校をするのは初めてのことだった。 不安に思っていた僕に最初に話し掛けてきたのは、T君というクラスのリーダー格らしき人で、色々…

携帯電話(フリー素材)

携帯にまつわる話

俺の携帯の番号は「080-xxxx-xxxx」という『080』から始まる番号です。 でも、機種変してすぐは「090-xxxx-xxxx」だと思っていて、彼女にもその『090』から…

異世界村(長編)

自分の体験した少し現実味のない話です。 自分自身、この事は今まで誰にもしたことがないし、これからも話すつもりはありません。 それにこの書き込み以降、僕が他人と話ができる状況…

さくら池

僕が小学校の頃の話。通学路から少し外れたところに、さくら池というかなり大きな農業用水池があった。 僕たちが住んでいた団地はさくら池の先にあったから、下校途中に通学路を迂回し、その…

雪(フリー写真)

片道の足跡

北海道は札幌に有名な心霊スポットの滝がある。 夏場などは、夜中なのに必ずと言って良いほど駐車場に車が数台停めてあって、若い声がきゃーきゃー言っているような有名な場所。 ※ 当…

馬のぬいぐるみ(フリー写真)

なかったこと

15年以上前のことになります。 当時は虐めに遭っており、ほぼクラス全員からサンドバッグ状態でした。 図工の時間に金槌で頭を殴られそうになったことや、家庭科の時間に針で目を…

もう5、6年前かな?確か秋も過ぎて12月だかそんくらいの時期。 前日に早く寝たから、その日はやたらと早く目が覚めたのよ。 だいたい日の出の直後くらいだったと思う。起きたとい…

満タンのお菓子

私の家は親がギャンブル好きのため、根っからの貧乏でした。 学校の給食費なども毎回遅れてしまい、恥ずかしい思いをしていました。 そんな家庭だったので、親がギャンブルに打ち込ん…