氷を買いに来る若者

公開日: 心霊ちょっと良い話

田舎の風景(フリー写真)

これはうちのじいちゃん(既に逝去)に聞いた話。

じいちゃんは、鉄工所を経営する腕利きの職人だった。

じいちゃんが若い頃(戦後間もなくだと思う)、仕事の得意先に製氷所があったそうな。

その製氷所のオヤジがじいちゃんに言うには、毎朝氷を買いに来る若者がいたそうだ。

出来たばかりの一抱えもありそうな氷の塊を買って、自転車の荷台にゴムチューブで括り付け、よたよたと去って行くらしい。

ある日、毎日毎日氷を買って行く若者に、製氷所のオヤジが

「何で毎日、氷を買いに来るんだ?」

と尋ねた。

若者は答えた。

「隣町に引っ越した幼馴染の娘が、病気で自宅療養している。

しばしば発熱するから、せめて氷で冷やせるようにと毎日届けている」

若者は出勤前に氷を買って届けてから、仕事に行っていたらしい。

クーラーBOXなど無い昔のこと、真夏などは届ける頃には氷は溶け、小さくなってしまう。

それでも若者は、毎日毎日氷を届け続けたそうな…。

そんなある日、いつもの時間になっても若者が現れない。

製氷所のオヤジは『何かあったんだろうか? 事故にでも遭ったんじゃなかろうか?』と心配していた。

そんなオヤジの所に若者がふらっと訪れたのは、昼休みになった頃だった…。

「心配してたんやぞ!」

と言うオヤジに、若者はポツリポツリと語り始めたそうな…。

「今朝、いつものように家の門を出ると、そこに彼女が立ってた…。

驚いて色々尋ね掛けたが、彼女は何も言わずに、ただじっとこちらを見ているだけだった…。

そして優しく微笑んで、

『今日までありがとう…』

と言い、彼女は消えた…」

彼は異変を感じて、すぐに娘の家に向かったそうだ。

しかし彼が到着した時には、既に娘はこの世の人ではなかった。

その日の朝方に容体が急変し、亡くなったそうだ。

じいちゃん曰く、

「ずっと家から出られなかった娘が、死んでやっと自由になって、彼に会いに行ったんだろうな。悲しい話だよ…」

うちのじいちゃんは昔ながらの職人気質で、口からでまかせを言うような人じゃなかったから、俺はこの話を真実だと思っている。

関連記事

母の手(フリー写真)

お袋の笑み

誰が言ったか忘れたが、男が涙を見せて良いのは、財布を落とした時と母親が死んだ時だけだそうだ。そんな訳で、人前では殆ど泣いたことの無い俺が生涯で一番泣いたのは、お袋が死んだ時だっ…

綺麗な少女

夏が近くなると思い出すことがある。中学生の時、ある夏の日のことだ。俺は不思議な体験をした。夏休みを迎えて、同世代の多くは友達と遊んだり宿題をやったりしていただろう。 …

ろうそく(フリー写真)

お盆の不思議体験

怖くはないけど、お盆が来る度に思い出す不思議な話。今から10年程前、長男が4才の時の夏。俺達家族は例年通り、俺の実家に帰省していた。父は10年以上前に事故で亡く…

雑炊

妻の愛

ようやく笑い飛ばせるようになったんで、俺の死んだ嫁さんの話でも書こうか。嫁は交通事故で死んだ。ドラマみたいな話なんだが、風邪で寝込んでいた俺が夜になって「みかんの缶詰食…

戦時中の軍隊(フリー写真)

川岸の戦友

怖いというか、怖い思いをして来た爺ちゃんの、あまり怖くない話。俺の死んだ爺ちゃんが、戦争中に体験した話だ。爺ちゃんは南の方で米英軍と戦っていたそうだが、運悪く敵さんが多…

庭に咲く花(フリー写真)

光る玉

私の母は私を産む前に二度流産しており、三度目(私)の時も、何度か駄目になりかけていたそうです。妊娠4ヶ月頃の時も、やはり体調を崩して流産しかけたらしいのですが、その時、庭で二人…

病室(フリー素材)

優しい声

これは俺が中学生の時の体験です。恐怖感はあまり無く、今でも思い出すと不思議な気持ちになります。 ※ 中学二年の二学期に急性盲腸炎で緊急入院しました。定期テストの前だったので…

公園のブランコ(フリー写真)

友人を見守る人

これは俺が小学二年生の時の話です。怖くはないのですが、良ければ読んで下さい。その日、自転車でブラブラしていた俺は、小さな公園があるのを発見した。ブランコと滑り台、それと…

お婆さんの手(フリー写真)

差し出された手

これはある寝苦しい晩に体験した出来事です。その日、猛暑と仕事で疲れていた私は、いつもより早目の21時頃に、子供と一緒に就寝することにしました。疲れていたのですぐ寝入るこ…

見覚えのある手

10年前の話だが、俺が尊敬している先輩の話をしようと思う。当時、クライミングを始めて夢中になっていた俺に、先輩が最初に教えてくれた言葉だ。「ペアで登頂中にひとりが転落し…