氷を買いに来る若者

公開日: 心霊ちょっと良い話

田舎の風景(フリー写真)

これはうちのじいちゃん(既に逝去)に聞いた話。

じいちゃんは、鉄工所を経営する腕利きの職人だった。

じいちゃんが若い頃(戦後間もなくだと思う)、仕事の得意先に製氷所があったそうな。

その製氷所のオヤジがじいちゃんに言うには、毎朝氷を買いに来る若者がいたそうだ。

出来たばかりの一抱えもありそうな氷の塊を買って、自転車の荷台にゴムチューブで括り付け、よたよたと去って行くらしい。

ある日、毎日毎日氷を買って行く若者に、製氷所のオヤジが

「何で毎日、氷を買いに来るんだ?」

と尋ねた。

若者は答えた。

「隣町に引っ越した幼馴染の娘が、病気で自宅療養している。

しばしば発熱するから、せめて氷で冷やせるようにと毎日届けている」

若者は出勤前に氷を買って届けてから、仕事に行っていたらしい。

クーラーBOXなど無い昔のこと、真夏などは届ける頃には氷は溶け、小さくなってしまう。

それでも若者は、毎日毎日氷を届け続けたそうな…。

そんなある日、いつもの時間になっても若者が現れない。

製氷所のオヤジは『何かあったんだろうか? 事故にでも遭ったんじゃなかろうか?』と心配していた。

そんなオヤジの所に若者がふらっと訪れたのは、昼休みになった頃だった…。

「心配してたんやぞ!」

と言うオヤジに、若者はポツリポツリと語り始めたそうな…。

「今朝、いつものように家の門を出ると、そこに彼女が立ってた…。

驚いて色々尋ね掛けたが、彼女は何も言わずに、ただじっとこちらを見ているだけだった…。

そして優しく微笑んで、

『今日までありがとう…』

と言い、彼女は消えた…」

彼は異変を感じて、すぐに娘の家に向かったそうだ。

しかし彼が到着した時には、既に娘はこの世の人ではなかった。

その日の朝方に容体が急変し、亡くなったそうだ。

じいちゃん曰く、

「ずっと家から出られなかった娘が、死んでやっと自由になって、彼に会いに行ったんだろうな。悲しい話だよ…」

うちのじいちゃんは昔ながらの職人気質で、口からでまかせを言うような人じゃなかったから、俺はこの話を真実だと思っている。

癒しの手

不思議なおっさん

自分が小学生の頃、近所で割と有名なおっさんがいた。 いつもぶつぶつ何か呟きながら町を徘徊していた人だった。 両親も含めて、奇妙な人だから近寄らない方が良いと誰もが言っていた…

猫(フリー写真)

親猫の導き

アパートで一人暮らしを始めた頃、アパート周辺を猫の親子がうろついていた。親猫と仔猫四匹。 私はどういう訳か親子に懐かれた。 アパートでは飼えないので下手に餌をやるのは避け…

恋人(フリー写真)

本当の霊視

とある心霊系のオフ会に参加した時の話です。 私は霊感がある(手品も上手い)Tさんの車に乗せてもらい、スポットを幾つか回りました。 不思議なのはその人の会話です。 話題…

ひよこ(フリー写真)

変り種の相棒

12年前、近所の社の祭でヒヨコを釣ったんだわ。体が歪んでいて、少し変わった形をしていた。 それでも懸命に俺の後を付いて来る姿がいじらしくて、散々甘やかし、可愛がって育てた。 …

四つ葉のクローバー(フリー素材)

おじさんの予言

あれは11年前、某ビール会社の販促員のパートをしている時に、ある酒屋に伺った時のことです。 二回目にその酒屋へ訪問の際、お店の娘さんに 「あなたに膜のようなものが掛かって見…

病室(フリー素材)

絵日記

この前、夜遅くの深夜にハッっと起きてしまいました。 なんでいきなり起きちゃったんだろう…と思っていると、部屋の隅に何かの気配を感じました。 眼を凝らして見てみると、それは…

着物を着た女性(フリー写真)

止まった腕時計

友達のお父さんが自分にしてくれた話。 彼には物心ついた頃から母親が居なかった。 母親は死んでしまったと、彼の父親に聞かされていた。 そして彼が7才の時、父親が新しい母…

空(フリー写真)

夢枕に立つ祖母

俺にとってばあちゃんは『優しさ』の権化のような人だった。 いつもにこにこしていて、言葉を荒げることもなく、本当に穏やかな人で、家族みんなばあちゃんのことが大好きだった。 ば…

夜の病院(フリー素材)

赤いパジャマの女の子

15年前に事故で左手首を手術。 夜中に麻酔が切れ、朦朧として唸っていると、傍らに赤いパジャマ姿の十歳くらいの女の子が立っていた。 『痛いの?』と頭の中で声がしたので「うん…

白い影

当時、私は精神的に荒んでいて、よく大型バイクをかっ飛ばしたりしていました。 その日もバイクで走っていたのですが、広めの幹線道路は渋滞していました。 そこで、道の左端をすり抜…