訳あり物件のおっちゃん

トタンのアパート(フリー写真)

半年ほど前に体験した話。

今のアパートは所謂『出る』という噂のある訳あり物件。

だが私は自他共に認める0感体質、恐怖より破格の家賃に惹かれ、一年前に入居した。

この部屋の台所の壁の一角に、変な形の染みがあった。

人間を逆さまに吊るしたような形で、0感の私もこれは流石に気味が悪く、好きなアーティストのどでかいポスター(畳一畳分くらいある)を貼って隠すことにした。

しかしこのポスターが、金曜日の深夜0時~1時頃になると、必ず左上がペロンと剥がれるんだ。

何度画鋲を刺す場所を変えても、両面テープと画鋲を併用しても、金曜日の深夜0時~1時頃になると必ず剥がれる。

そして剥がれてから小一時間くらいの間、怪音(ラップ音)が鳴り始め、台所の食器棚の引き出しが勝手に開いたり、棚の奥に入れてあるお椀などが床に落ちる怪現象が起こる。

本当に毎週金曜日の夜に必ず起こるので、怖くなって『視える』という友人に見てもらったことがある。

そしたら、

「年配の男の人の霊が居る」

と言われた。

ところがここが0感体質の凄さと言うのか、最初こそ怖かったが私は段々慣れて来て、金曜日の深夜になる度に

「あー、今日もおっちゃん来るかなー(笑)」

と、怪現象を楽しむようになっていた。

それで、件の半年前。その日は恒例の金曜日だった。

私は在宅の仕事をしている。

その夜も仕事が一段落し、ちょっと休憩するかと背伸びをした瞬間、腰に「ビシィ!!!」と凄まじい激痛が走った。

床に倒れ込み、あまりの痛みに立つことが出来ず、机の上の携帯を取ることさえ出来ない。

そのうち激痛で身動きすら出来なくなり、声も出せず正に瀕死の状態に。

どうしようどうしようとパニクっていたら、外で救急車の音が聞こえ、玄関を開けて救急隊の人が駆け込んで来た。

そして私は病院へ運ばれた。診察の結果、椎間板ヘルニアだと判った。

搬送中はとても話が出来る状態ではなく、落ち着いてから救急隊の方に事情を聞かれた。

「お父さんと同居されているんですか?」

と尋ねられたので、

「いえ、私は一人暮らしです」

と答えた。

そしたら隊員の方は「(゚д゚)?」という顔をして、

「おかしいですね、確か年配の男性の声で、119番通報があったんですけど…」

と首をかしげた。

更に聞いたら、玄関は鍵もチェーンも掛かっていなかったと。

いや、その日は仕事の打ち合わせから帰宅した後、間違いなく鍵とチェーンを掛けた。

その後は外出していないし、お手洗いに立った時も確かに鍵が掛かっているのを見ている。

二ヶ月の入院の後、退院して部屋に戻った。

やはりポスターは左上が剥がれていた。

私はカップ酒を買って来て、おつまみと共にその壁の前に供えた。

そして、

「おっちゃん、ありがとうな。おかげで助かったわ」

と言って、手を合わせた。

以後、怪現象は一切起こらなくなり、ポスターが剥がれることもなくなった。

一度ポスターを外してみたら、人の形の染みは薄くなっていて、今では殆ど消えてしまった。

おっちゃんが誰だったのかは遂に判らなかったけど、今も感謝している。

地厄(じんやく)

今から25年前の小学3年生だった頃の話。 C村っていう所に住んでたんだけど、Tちゃんっていう同い年の女の子が引っ越してきたんだ。 凄く明るくて元気一杯な女の子だったんで、こ…

空(フリー写真)

夢枕に立つ祖母

俺にとってばあちゃんは『優しさ』の権化のような人だった。 いつもにこにこしていて、言葉を荒げることもなく、本当に穏やかな人で、家族みんなばあちゃんのことが大好きだった。 ば…

家族

俺の職場の先輩の話。面倒見がいいし、仕事もすごいってほどじゃないけど正確で取引先からも指名で仕事が来たりする。 ただ、ちょっと困ったとこは異様に家族のことを大切にしてること。 …

ろうそく(フリー写真)

評判の良い降霊師

実家は俺の父親が継いでいるが、実は本来の長男が居た。 俺の伯父に当たる訳だが、戦前に幼くして亡くなったのだ。 今で言うインフルエンザに罹ったと聞いたように記憶しているが、と…

版画(フリー素材)

婆ちゃんの戦時中の話

昔、婆ちゃんから聞いた戦時中の話を一つ。 第二次世界大戦中、うちの婆ちゃん(サノ)が10歳の頃の話です。 ※ 婆ちゃんはお姉さんと避難のために親元を離れ、田舎の遠い親戚の家に…

肝っ玉おかん

以前付き合っていた彼女に聞いた話。 小学校4年生くらいの頃、夜中に枕元に気配を感じて目を覚ますと、白装束に狐の面を被った何者かが立ってこちらを見ていたそうです。 何をするわ…

赤ちゃんの手(フリー写真)

亡くなったはずの両親

私が12歳の時、両親が他界した。 私には三つ年下の弟が居たのだが、それぞれ別々の親戚に引き取られた。 一ヶ月も経たないうちに親戚の私に対する態度は冷たくなり、私は高校進学を…

雑炊

妻の愛

ようやく笑い飛ばせるようになったんで、俺の死んだ嫁さんの話でも書こうか。 嫁は交通事故で死んだ。 ドラマみたいな話なんだが、風邪で寝込んでいた俺が夜になって「みかんの缶詰食…

白猫(フリー写真)

先導する猫

小学生の頃、親戚の家に遊びに行ったら痩せてガリガリの子猫が庭にいた。 両親にせがんで家に連れて帰り、思い切り可愛がった。 猫は太って元気になり、小学生の私を途中まで迎えに来…

ビル(フリー写真)

お迎え

二ヶ月前、以前在籍していた会社の社長が亡くなった。 就職の決まらなかった私を拾ってくれて、生まれて初めての『回らない寿司』を食べさせてくれた。 癌で入院しているのは知って…