夢枕に立つ祖母

公開日: 心霊ちょっと良い話

空(フリー写真)

俺にとってばあちゃんは『優しさ』の権化のような人だった。

いつもにこにこしていて、言葉を荒げることもなく、本当に穏やかな人で、家族みんなばあちゃんのことが大好きだった。

ばあちゃんは動物にも優しくて、家の周りにある三毛猫がうろつき始めると餌付けして、いつの間にか家の猫になっていた。

程なくして家族にも懐いたのだけど、俺や妹が抱き上げて撫でてやっても喉をゴロゴロと鳴らすことはない癖に、ばあちゃんが視界に入るだけでその三毛猫はゴロゴロと喉を鳴らしていた。

その様子に、いつも三毛猫を可愛がっていた俺や妹は憤慨したもんだ。

何でばあちゃんが居るだけでゴロゴロ言いやがるんだ、こいつは、と。

三毛猫が二度目の出産をして暫く経った頃、ばあちゃんが入院した。本人には知らせなかったが癌だった。

入院からたったの一ヶ月。本当にあっという間にばあちゃんは逝ってしまった。

看病している時、一言も「痛い」と言わなかったばあちゃん。

末期で凄まじい痛みがあるはずなのに、顔を見ては「ありがとう」と微笑むばあちゃん。

逝ってしまう一週間くらい前だったかな?

珍しくしかめっ面してベッドに居るばあちゃんに「痛いのか?」と聞いたら、小さく頷いた。

俺が初めて見たばあちゃんの弱音だった。そんな我慢強い人だった。

死に顔は本当に安らかで、元気だった頃のばあちゃんの穏やかな顔そのもの。

遺体を家に連れて帰って、葬儀を済ませたその夜、気が付かない間に三毛猫は生後二ヶ月の仔猫4匹を連れて家出した。それっきり帰って来なかった。

大好きなばあちゃんが居なくなったのを感じ取ったのだろうか…。

あれから9年。ばあちゃんの事を思い出すことも滅多に無くなっていた。

先日、ばあちゃんに会わせてあげられなかった嫁が死産した。

俺の子供が嫁のお腹の中で死んでしまっていた。前日までお腹を蹴ったりしていたのに。

母体への影響もあるということで、嫁は普通分娩で2日かかって出産してくれた。

9ヶ月の男の子だった。体重2600g、身長49cmまでにもなっていたのに、産声を上げることなく出て来た。

俺も嫁も初めての子だっただけに、どうにも現実とは思えず放心状態。

息子が出て来てくれた夜は丸二日寝ていなかったのに、病院の簡易ベッドということもあり、なかなか寝つけなかった。

うとうとし始めた頃に、夢にばあちゃんが出て来てくれた。

別に何を言う訳でもない。いつもの笑顔で俺を見つめて、ただ二度頷いてくれた。

目が覚めて、周りを見渡し、夢であったことを自覚すると、嫁に気付かれないように病室を出て、駐車場の車まで一目散に走った。

そして大泣きした。まさに号泣した。

ありがとう、ばあちゃん。きっと息子のことは任せとけって言いに来てくれたんだよね。

忙しさにかまけて墓参りもまともに行っていない不幸者なのに、ちゃんと見守ってくれていたんだな。

そう思うと、息子を亡くした悲しさと、ただ自分が作り上げた妄想かも知れないが、夢にまで出て来てくれたばあちゃんや祖先に対する感謝が塊となって襲って来て、大声を上げて泣いた。

まだ立ち直ったとは言い切れないけれど、俺は嫁と一緒に頑張って行くよ。

心配ばかりかけてごめんな、ばあちゃん。どうかこれからも見守っていてください。

そして、俺も嫁も知らない世界へ行った息子の魂を守ってやってください。

関連記事

ろうそく(フリー写真)

お盆の不思議体験

怖くはないけど、お盆が来る度に思い出す不思議な話。今から10年程前、長男が4才の時の夏。俺達家族は例年通り、俺の実家に帰省していた。父は10年以上前に事故で亡く…

猫の親子(フリー写真)

魔法の絆創膏

俺がまだ幼稚園生だった頃の話。転んで引っ掻き傷を作って泣いていたら、同じクラスのミヤちゃんという女の子に絆創膏を貰ったんだ。金属の箱に入ったもので、5枚くらいあった。 …

紫陽花(フリー写真)

紫陽花

去年の今頃、ばあちゃんが死んだ。ずっと入院生活だったし、医者からも「いつ逝ってもおかしくない」と言われていて、心の準備はできていたはずだったがやはり悲しく、棺…

犬(フリー写真)

埋葬した子犬

心霊体験になるのか分かりませんが、子供の頃に不思議な経験をしました。小学5年生の時、私は凄い田舎で暮らしていました。小学校は統合され、登下校はスクールバスでないと通え…

少年と祖母

今年33歳になるが、もう30年近く前の俺が幼稚園に通っていた頃の話です。昔はお寺さんが幼稚園を経営しているケースが多くて、俺が通ってた所もそうだった。今にして思うと園の横は納骨…

結婚式の席(フリー写真)

前彼の祝福

学生時代、彼氏を事故で亡くした。私はそのことを引きずり、「もう新しい彼氏も結婚もいらない」と荒み、誘いも蹴り、告白も断り、おひとりさまの老後を設計していたのだ…

綺麗な少女

夏が近くなると思い出すことがある。中学生の時、ある夏の日のことだ。俺は不思議な体験をした。夏休みを迎えて、同世代の多くは友達と遊んだり宿題をやったりしていただろう。 …

油絵の具(フリー写真)

母の想い

子供の頃、家は流行らない商店で貧乏だった。母がパートに出て何とか生活できているような程度の生活だ。学校の集金の度に母親が溜め息を吐いていたのをよく憶えている。別…

住宅(フリー写真)

苦労かけるな

夜に2階の自室で、一人で本を読んでいた時のこと。実家は建てた場所が悪かったのか、ラップ現象が絶えなかった。自分は単に家鳴りだと思っていたのだが、その日はポスターから音が…

ソファー(フリー写真)

人の想い

俺は出張マッサージを生業にしているのだけど、十何年か前、名前を言えば誰でも知っている会社の会長さんのお宅に仕事でお伺いした時の事。いつものように呼び鈴を押して返事を待っていた…