おじいさんの足音

枝に積もる雪(フリー写真)

母から聞いた話です。

結婚前に勤めていた会計事務所で、母は窓に面した机で仕事をしていました。

目の前を毎朝、ご近所のおじいさんが通り、お互い挨拶を交わしていました。

果物や、家で採れた野菜などを差し入れてくれる日もあったそうです。

母はそのおじいさんと仲良しだったみたいです。

おじいさんが来る時はいつも、さくさくと雪を踏む音が聞こえて来るので、いつも窓を開けて挨拶していたそうです。

でもある日、おじいさんは顔を出しませんでした。

家族の方に聞くと、

「山に行ったっきり帰って来ない」

と言います。

捜索願いも出され、母も事務所の人たちも、とても心配していたそうです。

二日後の朝、いつものようにさくさくと雪を踏む音が聞こえて来ました。

母はおじいさんが戻って来たのだと思い、窓を開けて顔を出しました。

事務所の人たちも窓の所に寄って来ました。

でも誰も居ません。

足音は目の前で止まりました。

空耳かなと思って窓を閉めようとした時、また足音がして、それは段々遠ざかって行ったそうです。

その後、電話が鳴りました。

おじいさんの家族から、

「ついさっき、谷底で死んでいるのが見つかった」

との報せでした。

母はこの話の締めくくりに、

「最後に会いに来てくれたんだねって、みんなで話したのよ」

と言っていました。

何だか聞いていて、ちょっと切なくなりました。

関連記事

寝室(フリー背景素材)

ムシリ

私の家系の男は全員『ムシリ』という妖怪が見える。 正確には、思春期頃に一度だけ会うものらしい。 おじいさんの話だと、夜寝ていると枕元に現れ、家系の男の髪の毛を毟り、食べるの…

繋いだ手(フリー素材)

おばあちゃんが結んだ御縁

半年前に誕生日を迎えたんだけど、その夜に不思議な夢を見た。 昔のおじいちゃんの家で正座をしていて、辺りを見渡していたら、ふとおばあちゃんが入って来た。 おばあちゃん、四歳の…

体育館

時代を越えて

俺が小学生だった頃、早朝一番乗りで体育館でシュートの練習をしていたら、いつも体育館のステージの袖に見知らぬハゲのおっさんがいることに気が付いた。 近眼でよく見えないし、その時は先…

電車

消えた息子と不可解な出来事

1987年3月15日、兵庫県丹波市で平穏な生活を送っていた西安義行さんは、高校時代の友人であるSさんとドライブに出かけることになった。彼らは京都・舞鶴を目指して出発しました。 …

橋(フリー写真)

面影橋

私が京都は東山にあるその営業所に移動になったのは、春先の桜が満開の季節でした。 小さな営業所ではありましたが仕事は多く、音を上げずに勤めていられるのは、ただ同僚の方たちの人柄ゆ…

見覚えのある手

10年前の話だが、俺が尊敬している先輩の話をしようと思う。 当時、クライミングを始めて夢中になっていた俺に、先輩が最初に教えてくれた言葉だ。 「ペアで登頂中にひとりが転落し…

手を繋ぐ親子(フリー写真)

おとうさん、こっち!

お隣に、両者とも全盲のご夫婦が住んでいらっしゃいます。 この話は、ご主人から茶飲み話に伺ったものです。 ※ ご主人は16歳の時に、自転車事故で失明されたそうです。 当然…

軍人さん

また会いましたね

以前、アメリカに住んでいた私の友人が体験した話です。 彼女は数年間、アメリカの企業で働いていたのですが、その会社はかなり大きなオフィス街のビルに入っていました。 そのビル…

切り株(フリー写真)

桂の木

亡き母は勘が良い人だったたけに、色々と不思議で恐い話があります。 母方の祖母が大事にしていた桂の大木が庭にあったのですが、増築する為にその木を切る事になってしまいました。 …

山道(フリー写真)

やまけらし様

俺の家は物凄い田舎で、学校へ行くにも往復12キロの道程を自転車で通わなければならない。 バスも出ているけど、そんなに裕福な家でもないので、定期を買うお金が勿体無かった。 学…