おじいさんの足音

枝に積もる雪(フリー写真)

母から聞いた話です。

結婚前に勤めていた会計事務所で、母は窓に面した机で仕事をしていました。

目の前を毎朝、ご近所のおじいさんが通り、お互い挨拶を交わしていました。

果物や、家で採れた野菜などを差し入れてくれる日もあったそうです。

母はそのおじいさんと仲良しだったみたいです。

おじいさんが来る時はいつも、さくさくと雪を踏む音が聞こえて来るので、いつも窓を開けて挨拶していたそうです。

でもある日、おじいさんは顔を出しませんでした。

家族の方に聞くと、

「山に行ったっきり帰って来ない」

と言います。

捜索願いも出され、母も事務所の人たちも、とても心配していたそうです。

二日後の朝、いつものようにさくさくと雪を踏む音が聞こえて来ました。

母はおじいさんが戻って来たのだと思い、窓を開けて顔を出しました。

事務所の人たちも窓の所に寄って来ました。

でも誰も居ません。

足音は目の前で止まりました。

空耳かなと思って窓を閉めようとした時、また足音がして、それは段々遠ざかって行ったそうです。

その後、電話が鳴りました。

おじいさんの家族から、

「ついさっき、谷底で死んでいるのが見つかった」

との報せでした。

母はこの話の締めくくりに、

「最後に会いに来てくれたんだねって、みんなで話したのよ」

と言っていました。

何だか聞いていて、ちょっと切なくなりました。

関連記事

いつもの男性

オカルトではないかもしれませんが実体験話を一つ。数年前に大学を卒業して某証券会社に就職しまして、福岡に赴任していた時の話です。会社の借り上げのマンションが市の中心部にあ…

ベニヤを突き破って手首が……あれ!? 抜けなくなった…???

たぶん怖くないけど自分的には嫌だった話。帰り道に、赤錆びて穴だらけのベニヤ張りの物置みたいな建物がある。周りに新築マンションが増えてるからかなり浮いた感じ。で、ゆうべ遅…

田舎の風景(フリー写真)

氷を買いに来る若者

これはうちのじいちゃん(既に逝去)に聞いた話。じいちゃんは、鉄工所を経営する腕利きの職人だった。じいちゃんが若い頃(戦後間もなくだと思う)、仕事の得意先に製氷所があった…

公園のブランコ(フリー写真)

友人を見守る人

これは俺が小学二年生の時の話です。怖くはないのですが、良ければ読んで下さい。その日、自転車でブラブラしていた俺は、小さな公園があるのを発見した。ブランコと滑り台、それと…

椅子(フリー写真)

おかんの夢

おかんが癌で亡くなって6年になる。癌を見つけた時にはもう余命一年の宣告。親父と相談の上、おかんには告知しなかった。一年間、騙し続けた。私はその時、二番目の子供を…

抽象的(フリー素材)

親父の予言

数年前、親父が死んだ。食道静脈瘤破裂で血を吐いて。最後の数日は血を止めるため、チューブ付きのゴム風船を鼻から食道まで通して膨らませていた。親父は意識が朦朧としていたが、…

見えない壁

数年前の話。当時中学生だった俺は雑誌の懸賞ハガキを出すために駅近くの郵便局に行く最中だった。俺の住んでる地域は神奈川のほぼ辺境。最寄り駅からまっすぐ出ているような大通り…

ラーメン屋

ある大学生が買い物の帰り、小腹が空いたのでたまたま目についたラーメン屋に入った。特に期待はしていなかったのだが、これが意外と美味くて彼はご機嫌だった。帰り際に「おばちゃ…

葛籠(つづら)

俺は幼稚園児だった頃、かなりボーッとした子供だったんで、母親は俺をアパートの留守番に置いて、買い物に行ったり小さな仕事を取りに行ったりと出かけていた。ある日、いつものように一人…

迷いインコの怖いつぶやき

これはテレビ番組の『探偵!ナイトスクープ』で実際にあった話である。依頼の内容は、迷いインコを保護したのでその飼い主を捜して欲しいというもの。インコは「ピーコ」や「な○た…