成仏した女の子

公開日: 心霊ちょっと良い話

天使のはしご(フリー写真)

私の母がまだ独身だった25年程前の話です。

交差点を渡ろうとした時、前に10歳くらいの女の子が歩いていて、その子が目の前で左折しようとしたトラックの後輪に巻き込まれてしまった。

当然その場はパニック。

女の子はその場に居た男性にトラックの下から引き出されたが、…もう…惨いとしか言えない状態だったそうだ。

そして残酷な事に、その少女はその惨い状態でまだ生きていて、虚ろな目で

「痛い…痛いよう…」

と呟いていて、聞いている方は堪らなかったらしい。

母はあまりの事に、その場から逃げる事も目を背ける事も出来ず、最前列で呆然とその情景を見ていたのだが、ふとその女の子が母に視線を合わせると、

「…お母さん…怖いよう…」

と言います。

母は何かに押されるように女の子が横たわっている側へ行き、手を握りながら

「大丈夫よ。お母さんがずーっと一緒に居るからね」

と我知らず言うと、女の子は嬉しそうに頷いた。

結局、その女の子は救急車が来る前に、母に手を握られたまま息を引き取ってしまった。

母は少しも怖いとは思わず、本当にその子の最期を一人ぼっちで迎えさせたくないという思いだった。

しかし全ての処理が終わって家に戻ってから、普通ではない自分のやった事や事故のショックで、何日も寝られず食べ物も口に入らない日が続いていた。

でもある日、用事があって家の玄関から外に出ると、少し離れた所にあの女の子と、その横に別の知らない大人の女性が並んで立っていた。

二人は母を見るとニッコリ笑ってお辞儀をしたかと思うと、もう消えていたらしい。

一瞬だったし幻かもしれないけど、母はそれを見て、

「あの子はあの世で一人ぼっちではないし、成仏してくれたんんだ」

と感じ、それから急に心身の体調が回復して行った。

挨拶に見えられた女の子のご両親に、その横に居た女の人の話をした。

心当たりはないようだったが、悲しい中にも何だかホッとされていたそうだ。

関連記事

渓流(フリー写真)

川辺で会ったおじさん

小学5年生の頃、隣のクラスに関西からの転校生S君が来た。ある日の昼休み、体育館の片隅でS君がクラスの野球部数名から小突かれたりして虐められているのを発見した。俺は当時、…

椅子(フリー写真)

おかんの夢

おかんが癌で亡くなって6年になる。癌を見つけた時にはもう余命一年の宣告。親父と相談の上、おかんには告知しなかった。一年間、騙し続けた。私はその時、二番目の子供を…

枝に積もる雪(フリー写真)

おじいさんの足音

母から聞いた話です。結婚前に勤めていた会計事務所で、母は窓に面した机で仕事をしていました。目の前を毎朝、ご近所のおじいさんが通り、お互い挨拶を交わしていました。…

人形釣った

俺は東京で働いていて家庭を持ってたんだが、2年前からちょっとキツイ病気になって、入退院を繰り返した挙句会社をクビにされた。これが主な原因なんだが、その他にもあれこれあって女房と…

犬(フリー写真)

愛犬の不思議な話

小学生の頃、ムギという名前の茶色い雑種犬を飼っていた。家の前をウロウロしていたのを父が拾ったのだ。その時は既に成犬だった。鼻の周りが薄っすらと白い毛に覆われていたので、…

白い影

当時、私は精神的に荒んでいて、よく大型バイクをかっ飛ばしたりしていました。その日もバイクで走っていたのですが、広めの幹線道路は渋滞していました。そこで、道の左端をすり抜…

縁側

猫が伝えようとした事

俺が人生で一度だけ体験した不思議な話です。俺の住んでいる所は凄い田舎。数年前にローソンが出来たけど、周りは山に囲まれているし、季節になると山葡萄が採れ、秋には庭で柿が採れるよう…

雷(フリー写真)

記憶の中の子供達

私は子供の頃、雷に打たれた事があります。左腕と両足に火傷を負いましたが、幸いにも大火傷ではありませんでした。現在は左腕と左足の指先に、微かに火傷の跡が残っているまでに回…

子犬(フリー写真)

子犬のお礼

子供の頃、不思議な経験をしました。小学5年生の当時、私はド田舎で暮らしていました。小学校は統合され、登下校はスクールバスでなければ通えないような土地。スクールバ…

空(フリー写真)

爺さんの教え

学生の時、爺さんが末期癌でこの世を去った。悲しかった。ただ、葬式では泣かなかった。泣けなかった。「人前で泣くな」が爺さんの教えだったから。 ※ 数日後、母か…