成仏した女の子

公開日: 心霊ちょっと良い話

天使のはしご(フリー写真)

私の母がまだ独身だった25年程前の話です。

交差点を渡ろうとした時、前に10歳くらいの女の子が歩いていて、その子が目の前で左折しようとしたトラックの後輪に巻き込まれてしまった。

当然その場はパニック。

女の子はその場に居た男性にトラックの下から引き出されたが、…もう…惨いとしか言えない状態だったそうだ。

そして残酷な事に、その少女はその惨い状態でまだ生きていて、虚ろな目で

「痛い…痛いよう…」

と呟いていて、聞いている方は堪らなかったらしい。

母はあまりの事に、その場から逃げる事も目を背ける事も出来ず、最前列で呆然とその情景を見ていたのだが、ふとその女の子が母に視線を合わせると、

「…お母さん…怖いよう…」

と言います。

母は何かに押されるように女の子が横たわっている側へ行き、手を握りながら

「大丈夫よ。お母さんがずーっと一緒に居るからね」

と我知らず言うと、女の子は嬉しそうに頷いた。

結局、その女の子は救急車が来る前に、母に手を握られたまま息を引き取ってしまった。

母は少しも怖いとは思わず、本当にその子の最期を一人ぼっちで迎えさせたくないという思いだった。

しかし全ての処理が終わって家に戻ってから、普通ではない自分のやった事や事故のショックで、何日も寝られず食べ物も口に入らない日が続いていた。

でもある日、用事があって家の玄関から外に出ると、少し離れた所にあの女の子と、その横に別の知らない大人の女性が並んで立っていた。

二人は母を見るとニッコリ笑ってお辞儀をしたかと思うと、もう消えていたらしい。

一瞬だったし幻かもしれないけど、母はそれを見て、

「あの子はあの世で一人ぼっちではないし、成仏してくれたんんだ」

と感じ、それから急に心身の体調が回復して行った。

挨拶に見えられた女の子のご両親に、その横に居た女の人の話をした。

心当たりはないようだったが、悲しい中にも何だかホッとされていたそうだ。

関連記事

将棋盤(フリー写真)

角の頭に歩を打て

先週、親父と将棋を指した。欲しい本代を賭けての勝負だけに、負けられない一戦だった。俺は親父から将棋を教わった。当然親父の方が強い。実力にはかなりの差がある。 …

おばあさんの手(フリー写真)

嫁姑

10年程前、祖母が死去。死因は肺炎。寝たきりの老人の方には多いらしい。祖母は亡くなる三年程前から痴呆が始まり、徘徊したり家中で排泄したり大声を出したり、それは大変だった。 …

ある蕎麦屋の話

JRがまだ国鉄と呼ばれていた頃の話。地元の駅に蕎麦屋が一軒あった。いわゆる駅そば。チェーン店ではなく、駅の外のあるお蕎麦屋さんが契約していた店舗で、『旨い、安い、でも種…

昔の電話機(フリー画像)

申し申し

家は昔、質屋だった。と言ってもじいちゃんが17歳の頃までだから私は話でしか知らないのだけど、結構面白い話を聞けた。田舎なのもあるけど、じいちゃんが小学生の頃は幽霊はもちろん神様…

薔薇の花(フリー素材)

祖母の加護

小さい頃から、寂しかったり悲しかったり困ったりすると、何だか良い香りに包まれるような気がしていた。場所や季節が違っても、大勢の中に居る時も一人きりで居る時もいつも同じ香りだから…

零戦(フリー写真)

身代わり

今年大往生した母方の祖父ちゃんは、零戦乗りだった。戦中予科上がりだけど特乙や特丙よりも前に出たので、それなりに操縦士の中でもエリート意識はあったらしく、飛行時間をよく自慢して…

恋人(フリー写真)

本当の霊視

とある心霊系のオフ会に参加した時の話です。私は霊感がある(手品も上手い)Tさんの車に乗せてもらい、スポットを幾つか回りました。不思議なのはその人の会話です。話題…

お花畑(フリー写真)

まだ来るな

僕には四つ下の弟が居て、彼はバイクで通勤していました。ある日、彼が出勤途中に事故に遭い、救急車で病院に担ぎ込まれました。僕にも連絡があり、急いで駆け付けましたが、彼は意…

マンション(フリー写真)

幸運の家

今から14年前に家を建て替えようという話になり、一時的に引っ越すことになりました。その時に借りた家で体験したお話です。場所は愛知県の岡崎市で、2年程前に近くを寄った時に…

雑炊

妻の愛

ようやく笑い飛ばせるようになったんで、俺の死んだ嫁さんの話でも書こうか。嫁は交通事故で死んだ。ドラマみたいな話なんだが、風邪で寝込んでいた俺が夜になって「みかんの缶詰食…