石屋のバイト

空(フリー写真)

私は二十歳の頃、石屋でバイトをしていました。

ある日、お墓へ工事に行くと、隣の墓地に自分の母親くらいのおばさんが居ました。

なぜかその人は、私の働く姿を見守るような目で見ているのです。

その人のお墓は最近の仏さんだな、というのは雰囲気で解っていました。

少し話を聞くと、最近バイク事故で息子さんを亡くされたとか…。

「同じくらいの年頃の子を見るとどうしても…」

そのおばさんの心情は、馬鹿な私にも痛いほど解ります。

おばさんは帰りに、

「これ息子に供えたのだけど、良かったらおやつに…。

親よか先に死んだら駄目だよ」

「はい、気ぃ落とさず元気で…」

帰って行くそのおばさんの後ろ姿を、今でも憶えています。

三時の休憩にそのおやつを食べようとすると、離れた所で働いていた隣県の同業の親方が近付いて来ました。

「今、そこに地蔵さんが手を繋いで降りて来てるから…。

墓所の向こうに六地蔵があるから、それをそこへ…」

と言い残し、戻って行きました。

私はそんなことないだろうと自分の親方に言うと、

「いや、あの人は大病の死に際から生還して以来、視えるらしいから。言われた通りにしろ」

と言いました。

私はその頂いたおやつを、お地蔵さんの所へ供えました。

石屋のバイト時代の話をもう一つ…。

その日の現場(墓地)工事を終え、翌日の段取りに会社に帰ると、

「明日はここへ行ってくれ」

と、図面と製品の墓石を案内されました。

石の裏に刻まれた名前は、二年前に事故で亡くなった友達です。

この仕事をしていれば、こんなこともあって不思議はありませんが、この時はそう思いたくはありませんでした。

すかさず私は社長に言いました。

「これ、俺の友達だから最後まで担当させて下さい」

「そうか、良い仕事しろよ!」

工程上、最低日を除き三回は行くので、担当が代わる可能性があったのです。

当日はあいつの好きだった銘柄の煙草とコーラを買いました。

あいつを思い出し、コーラを飲み、煙草を吸いながら心の中で、

「おう、待ってろよ、立派なの作ってやるからよ」

などと言いながら仕事をしました。

数日後、完成。

納骨が終えた頃を見計らい訪れると、花が飾られています。

更に数日後、あいつの夢を見ました。

前歯の無い顔で笑いながらエ○本をくれる夢…そんな奴でした(笑)。私の思念が見させた夢かもしれません。

大きな事故だったので今でも色々な噂はあるようですが、私はあの夢であいつの成仏を信じたいです。

関連記事

キャンプファイアー(フリー写真)

火の番

友人が何人かの仲間とキャンプに出掛けた時のことだ。 夜も更けて他の者は寝入ってしまい、火の側に居るのは彼一人だった。 欠伸を噛み殺しながら、 『そろそろ火の始末をして…

黒い物体

黒い物体

半年程前、海外旅行の帰りの飛行機で体験した話。 機内が消灯された後も、俺は時差があるので起きていようと思い、座席に備え付けのディスプレイで映画を観ていた。 ※ 3時間くらい経…

私はアリス

信じてもらえないかも知れない。 でも当人が一番混乱してるんだ。ちょっと長くなるけど聞いてくれないか。 家に帰ったら母親が風邪で寝込んでいた。甲斐甲斐しく世話をする俺。まあ、…

携帯電話(フリー素材)

携帯にまつわる話

俺の携帯の番号は「080-xxxx-xxxx」という『080』から始まる番号です。 でも、機種変してすぐは「090-xxxx-xxxx」だと思っていて、彼女にもその『090』から…

着物を着た女性(フリー写真)

止まった腕時計

友達のお父さんが自分にしてくれた話。 彼には物心ついた頃から母親が居なかった。 母親は死んでしまったと、彼の父親に聞かされていた。 そして彼が7才の時、父親が新しい母…

山では不思議なことが起きる

この話を聞いたのはもう30年も前の話。 私自身が体験した話ではなく、当時の私の友人から聞いた話。 その友人は基本リアリストの合理主義者で、普段はTVの心霊番組や心霊本などは…

山道

途切れさせてはいけない

俺の嫁が学生の頃の話。 オカルト研究サークルに入っていた嫁の友達K子が、心霊スポットについての噂を仕入れて来た。 東北地方某県の山中に、周囲を注連縄で囲われている廃神社があ…

失われた時間

2001年の秋。 風邪ひいて寒気がするので、大久保にある病院に行くため西武新宿線のつり革につかまってた。頭がぐわんぐわんと痛みだして、ギュッと目を閉じて眉間にしわ寄せて耐えてた。…

雷(フリー写真)

記憶の中の子供達

私は子供の頃、雷に打たれた事があります。 左腕と両足に火傷を負いましたが、幸いにも大火傷ではありませんでした。 現在は左腕と左足の指先に、微かに火傷の跡が残っているまでに回…

犬(フリー素材)

犬の気持ち

俺が生まれる前に親父が体験した話。 親父がまだ若かった頃、家では犬を飼っていた。 散歩は親父の仕事で、毎日決まった時間に決まったルートを通っていたそうだ。 犬は決まっ…