石屋のバイト

空(フリー写真)

私は二十歳の頃、石屋でバイトをしていました。

ある日、お墓へ工事に行くと、隣の墓地に自分の母親くらいのおばさんが居ました。

なぜかその人は、私の働く姿を見守るような目で見ているのです。

その人のお墓は最近の仏さんだな、というのは雰囲気で解っていました。

少し話を聞くと、最近バイク事故で息子さんを亡くされたとか…。

「同じくらいの年頃の子を見るとどうしても…」

そのおばさんの心情は、馬鹿な私にも痛いほど解ります。

おばさんは帰りに、

「これ息子に供えたのだけど、良かったらおやつに…。

親よか先に死んだら駄目だよ」

「はい、気ぃ落とさず元気で…」

帰って行くそのおばさんの後ろ姿を、今でも憶えています。

三時の休憩にそのおやつを食べようとすると、離れた所で働いていた隣県の同業の親方が近付いて来ました。

「今、そこに地蔵さんが手を繋いで降りて来てるから…。

墓所の向こうに六地蔵があるから、それをそこへ…」

と言い残し、戻って行きました。

私はそんなことないだろうと自分の親方に言うと、

「いや、あの人は大病の死に際から生還して以来、視えるらしいから。言われた通りにしろ」

と言いました。

私はその頂いたおやつを、お地蔵さんの所へ供えました。

石屋のバイト時代の話をもう一つ…。

その日の現場(墓地)工事を終え、翌日の段取りに会社に帰ると、

「明日はここへ行ってくれ」

と、図面と製品の墓石を案内されました。

石の裏に刻まれた名前は、二年前に事故で亡くなった友達です。

この仕事をしていれば、こんなこともあって不思議はありませんが、この時はそう思いたくはありませんでした。

すかさず私は社長に言いました。

「これ、俺の友達だから最後まで担当させて下さい」

「そうか、良い仕事しろよ!」

工程上、最低日を除き三回は行くので、担当が代わる可能性があったのです。

当日はあいつの好きだった銘柄の煙草とコーラを買いました。

あいつを思い出し、コーラを飲み、煙草を吸いながら心の中で、

「おう、待ってろよ、立派なの作ってやるからよ」

などと言いながら仕事をしました。

数日後、完成。

納骨が終えた頃を見計らい訪れると、花が飾られています。

更に数日後、あいつの夢を見ました。

前歯の無い顔で笑いながらエ○本をくれる夢…そんな奴でした(笑)。私の思念が見させた夢かもしれません。

大きな事故だったので今でも色々な噂はあるようですが、私はあの夢であいつの成仏を信じたいです。

関連記事

見えない壁

数年前の話。当時中学生だった俺は雑誌の懸賞ハガキを出すために駅近くの郵便局に行く最中だった。俺の住んでる地域は神奈川のほぼ辺境。最寄り駅からまっすぐ出ているような大通り…

魂(フリー素材)

守護霊の助け

若い頃、友人のBさんと久々に会い、飲みの席で「本格的な占いをお互いしたことが無い」という話で盛り上がったことがありました。酔った勢いで帰り道、幾つか閉まっていた占い場の中から適…

キャンプ場(フリー素材)

黒い石

大学時代のサークル活動で不思議な体験をした。主な登場人物は俺、友人A、先輩、留学生3人(韓国、中国、オーストラリア)、友人Aの友達のアメリカ人、他は日本人のサークルメンバー。 …

ワープ

会社の後輩に聞いた、その子の友人(Aさん)のお話。Aさんが小学生の時、積極的だったAさんは、休み時間に校庭で皆とドッジボールをして、チャイムが鳴ったので一番に教室に駆け込んで行…

おじいさん(フリー写真)

おんぶしてあげるよ

去年、祖父が亡くなりました。僕は祖父にはよく可愛がってもらっていましたが、何の恩返しもできないまま逝ってしまいました。不思議な体験というのは、その祖父の葬儀の時に起こり…

異なった世界のスイッチ

アサガオが咲いていたから、夏の事だったと思う。私は5歳で、庭の砂場で一人で遊んでいた。ふと顔を上げると、生け垣の向こうに着物姿の見知らぬお婆さんがニコニコして立っている…

見覚えのある手

10年前の話だが、俺が尊敬している先輩の話をしようと思う。当時、クライミングを始めて夢中になっていた俺に、先輩が最初に教えてくれた言葉だ。「ペアで登頂中にひとりが転落し…

車に乗った白い霊

私が学生の時に、実際に体験した話です。その当時付き合っていたある女友達は、ちょっと不思議な人でした。弟さんが亡くなっているんですが、彼女の家に遊びに行くと、どこからかマ…

前世記憶がある俺の話

まず、前世の記憶と言ってもしっかりとはしていない。生まれた時から記憶が全てあるとか、そういうものではないという事は前提で聞いて欲しい。 ※ 始まりは小学校だった。その頃から…

エレベーター

今から5年前、渋谷のとある会社に勤めていた時の体験。深夜残業になり、夜中まで仕事をしてた。事務所は6階建ての雑居ビルの4階で、深夜になると非常階段は閉められてエレベーター以外降…