謎の救助隊

登山(フリー素材)

登山サークルに所属していた3人の男性が、冬休みを利用してある山に登ることを決めました。

彼らのレベルではまだ早いと言われましたが、若さにかまけて無理やり登山を決行することにしました。

最初こそ順調だった登山でしたが、途中で天候が急激に悪化し、無理に進もうとした結果、見事に遭難してしまいます。

悪天候の中、何とか雨風を凌げそうな洞窟を発見し、そこで休むことにしました。

何とか火を熾して寒さを凌げるようにした彼らは、ここで救助を待つことにしました。

それから数日、手持ちの食料で食い繋いできた彼らでしたが、とうとう食料も尽きてしまいます。

火を熾すためのライターは既にガス欠。火は既に消えてしまい、洞窟内も寒さで凍えてしまう程でした。

しかし、彼らは動けずにいました。

3人の内の一人が体調不良を訴え、洞窟内から身動きが取れなくなっていたのです。

2人にしても、彼を見捨てることなどできませんでした。

食料も尽きて数日、とうとう彼らも限界を迎えていました。

2人は交代で洞窟の入口で見張りを行い、残った者は洞窟内で少しでも暖を取って体力を温存していました。

付近に食べられそうな植物は生えておらず、このままでは飢え死にを待つばかりでした。

体調を崩していた彼は、息こそあるものの、一言も喋らずにいました。

もうここまでかと思ったその時、洞窟の入口で見張りをしていた彼が大声で「迎えが来たぞ!助かったんだ!」と言って走って来ました。

衰弱していた彼も最後の力で起き上がり、3人で洞窟を出ました。

すると、救助の人たちが洞窟の入口までやって来ていました。

救助の手により、彼らは生きて山を下りることができました。

それから数日後、衰弱し入院していた彼を2人が見舞いに来て、遭難していた時のことを話していました。

「よく、救助の人たちを見つけられたな」と彼は言います。

救助隊が来た道は暗がりになっていて、視界が良くなかったからです。

それを聞いた彼は、「俺は道中何も考えずに歩いていたからな。けど、視界は良かったぞ?」と言います。

話が噛み合わない彼らは、ネットで地図を検索しました。

彼らが遭難していた洞窟は変わった地形をしていたので、見つけるのは容易でした。

彼は指差して「こっちの方角から来た…え?」と言います。

もう一人の彼も言葉を失いました。

何せ、彼が指差した方角は切り立った崖になっていて、人が登って来られるような地形ではなかったのです。

実際に救助隊が来たのも、全く違う方角からでした。

一体、何の「お迎え」が来たのでしょうね?

団地(フリー写真)

エレベーターの11階

18年前に体験した話です。 中学生の頃に朝刊を配る新聞配達のバイトをしていたのだけど、その時に配達を任されていた場所が、大きな団地1棟とその周りだけだった。 その大きな団…

材木(フリー写真)

合いの手

俺の親父が若い時分に、山から材木を切り出す仕事をしていた頃の話。 飯場と呼ばれる山の中の宿舎で、他の作業員と寝起きを共にする仕事だったそうだ。 その中に民謡のとても上手い…

油絵の具(フリー素材)

風景画の中の女性

心霊写真の話はよく聞くけど、風景画に霊が入り込む事もあるのだろうか。 定年退職後の祖父の趣味は油絵だった。 描いているものは人物画だったり、風景画だったり、祭事を描いたりと…

葛飾北斎(フリー浮世絵素材)

カゴカキ

昔から続く怪異。 愛知県○○市。その昔、少なくとも200年以上前の話。 岡崎城の城下町は、天下を二分するほど賑わっていたらしく、駕籠を担いで人を運ぶ『カゴカキ』と呼ばれる人…

抽象画(フリー素材)

同じ夢を見る

小学校3年生の頃、夢の中でこれは夢だと気が付いた。 何度か経験していたので、自分の場合は首に力を入れるイメージをすると夢から覚められると知っていた。 しかしその時は何となく…

足音

これは母から聞いた話なんですが。 結婚前勤めていた会計事務所で、母は窓に面した机で仕事していました。 目の前を毎朝御近所のおじいさんが通り、お互い挨拶を交わしていました。 …

繋いだ手(フリー素材)

おばあちゃんが結んだ御縁

半年前に誕生日を迎えたんだけど、その夜に不思議な夢を見た。 昔のおじいちゃんの家で正座をしていて、辺りを見渡していたら、ふとおばあちゃんが入って来た。 おばあちゃん、四歳の…

刀(フリー素材)

霊刀の妖精(宮大工15)

俺と沙織の結婚式の時。 早くに父を亡くした俺と母を助け、とても力になってくれた叔父貴と久し振りに会う事ができた。 叔父貴は既に八十を超える高齢だが、山仕事と拳法で鍛えている…

入れ替わった友人

怖くないけど、不思議な小ネタ。若しくは俺が病気なだけ。 俺は今仕事の都合で台湾に住んでる。宿代もかからず日本からも近いから、たまに友達が台湾に遊びに来る。そういう時の話。 …

教室の机(フリー写真)

教室に居る子

小学6年生の二学期の途中に地方へ引っ越した。 転校をするのは初めてのことだった。 不安に思っていた僕に最初に話し掛けてきたのは、T君というクラスのリーダー格らしき人で、色々…