お気遣い

旅館(フリー素材)

私は趣味で写真を撮っています。

主に風景ばかりで、休みが取れた時は各地を回っているのですが、その時に宿泊した民宿での体験です。

その日、九州の方に行っていたのですが、天候が悪くあまり良い写真も撮れず、夕方には民宿に戻っていました。

民宿の方はとても良い人で、持て成しも良く大変満足していました。

夕食を頂き、部屋でビール片手に裏庭から広がる景色を眺めていました(夜には天候は良くなってました)。

すると、後ろから「スッ」と障子が開く音がしました。

振り向くいても誰も居らず、障子が開いていました。

そこにはお盆に湯呑みが置いてありました。

ノック等が無かったのが不思議でしたが、民宿の方の気遣いだと思いました。

しかし湯呑みを手に取るとお茶ではなく、ただお湯が入っているだけでした。

不思議に思いましたが、気にせず湯呑みのお湯を飲み干し、お風呂に入りに行きました。

外と中の両方にお風呂があり、どうせならと外の檜風呂で風景を見ながらゆったりしていると、またも後ろから「コトッ」という何かを置く音がしました。

振り向くとまた誰も居らず、お盆に湯呑みが置いてあるだけでした。

やはり湯呑みの中身はただのお湯でした。

民宿のサービスにしては何か珍しいなと思っていました。

水が自慢とかそんなの聞いた事はないし、腑に落ちない点はありましたが、気遣いは気遣い。郷に入っては郷に従えと気にせず、湯呑みのお湯を飲み干しお風呂を後にしました。

次の日が早かった私は早くに床に就きました。

夜中にトイレに目を覚ました私は、寝ぼけ眼を擦りながら障子を開けようとしました。

その時、足に何か当たり、その当たった物が倒れました。

湯呑みでした。しかも一つだけではなく、床に十個以上は無造作に置かれていました。

流石にこれは普通ではないと気味が悪くなり、トイレに行くのをやめ布団に包まっていましたが、何かを置くような音が止むことはありませんでした。

朝、明るくなると同時に布団から出て、障子の方を見ると湯呑みは明らかに数を増していました。

朝一で民宿を経営している夫婦に湯呑みの件を問い質したところ、夫婦はこう話してくれました。

夫婦には一人息子がいたらしいのですが、そのお子さんを去年亡くしたらしいのです。

少し障害を持っていたらしく、民宿の手伝いを出来るような感じではなかったようです。

とても心優しかったお子さんは、それでも手伝いたいと言ってお茶くみをしていたらしいです。

しかし障害があり、お茶葉を入れ忘れる事も多々あり、時々お客様からクレームも来ていたようで、それを聞いたお子さんは親が怒られたと手伝いをやめてしまいました。

その後に事は起きたようでした。

お子さんはする事もなくフラフラしていると、裏庭の先の崖から転落してしまったのです。

すぐ病院に運ばれましたが、全身を強く打っており、そのまま息を引き取ったようでした。

最後にとても喋れる状態ではないお子さんが、夫婦にこう言っていたと聞きました。

「ごめんね、僕、何も出来なくて、ごめんね」と。

夫婦は「息子が今も家に居て、手伝ってくれてるのかもしれませんね」と語ってくれました。

私はお仏壇に向かい「お茶美味しかったよ。ありがとうね」と言い、民宿を後にしました。

その後は特に何も無く、私にとっては生涯でただ一度であろう洒落にならない程に怖く、悲しい体験でした。

駄文でしたが、見て下さった皆様、ありがとうございます。

青い花(フリー写真)

人が増える霊園

大学時代の友人が事故で亡くなって4年経つ。 先週、サークル仲間で集まって墓参りに行ったんだ。 田舎の小さな霊園だから、休日の昼間なのにお参りしてる人はあまり居なかった。 …

テレビの記憶

これは昔、NHKで地方の紹介をする番組で放送されました。 それは祭りとか風習とかで毎週一つの土地をクローズアップして紹介する番組だったのですが、一度ある雪深い地方が紹介された時、…

白いシャツ(フリー写真)

破れたシャツ

先日、酔っ払いに絡まれている女性がいたので助けました。 その時、酔っ払いに引っ張られ、シャツの生地の縫合部分が裂けました。 その日に限って、病気で亡くなった妻が私の誕生日…

迷いインコの怖いつぶやき

これはテレビ番組の『探偵!ナイトスクープ』で実際にあった話である。 依頼の内容は、迷いインコを保護したのでその飼い主を捜して欲しいというもの。 インコは「ピーコ」や「な○た…

夜の山と月(フリー写真)

夜の山は人を飲み込む

十代最後の思い出に、心霊スポットとして有名なトンネルがある山に行った時の話。 俺と友人三人は金も車も無かったので、バスを乗り継いで現地に向かい、夜に歩いて帰宅するという、今考えた…

肝試し

高2の夏休み。霊の存在を否定していた友達が、出ると評判の廃屋に1晩1人で泊まることに。 昼間、下見をしてあまりにも汚いので寝袋を用意。晩飯の後、廃屋の前で別れたのがそいつを見た最…

古い一軒家(フリー写真)

黒く塗り潰された家

昔、今とは別の仕事をしていた時の事。 その日はいつも居る支店とは違う支店エリアでの営業で、渡された地図を片手に歩きながら、飛び込み営業の仕事だった。 目的のエリアに着いて『…

おばあさんの手(フリー写真)

嫁姑

10年程前、祖母が死去。死因は肺炎。寝たきりの老人の方には多いらしい。 祖母は亡くなる三年程前から痴呆が始まり、徘徊したり家中で排泄したり大声を出したり、それは大変だった。 …

わかったかな?

多分、幼稚園の頃だと思う。 NHK教育テレビで、人形とおじさんが出てくる番組を見ていた。 おじさんが 「どう?わかったかな?」 と言ったので、TVの前で …

谷川岳(フリー写真)

谷川岳の救難無線

大学のワンゲル時代の話。 部室で無線機をチェック中に、 「どうしても『SOS』としか聞こえない電波がFMに入るんだけど、どう?」 と部員が聞いて来た。 その場に…