太いお姉ちゃん

公開日: 心霊ちょっと良い話

体温計(フリー写真)

去年の話なのだが、5歳の娘が急に高熱を出し、慌てて近くの病院へ連れて行った。

そして風邪と診断され、処方された薬を3日間飲ませていたが、症状は一向に良くならず。

『ひょっとして医者の誤診では? 何か別の重い病気かも…』と思い、大学病院まで行ったが、特に悪い所も見つからない。

それなのに下がらない娘の熱。

どうしたものか…と妻と一緒に頭を悩ませていた。

そして5日目の朝、妻が言い難そうに俺にこう言った。

「アンタには言ずらかってんけど、○○がな、怖がってんねん…」

「何を?」

「部屋に怖いオバちゃんがおるって…ベットの横に立ってて怖いって」

「はぁ? 何それ?」

俺は昔からあまり霊現象など信じない性質だったので、妻は黙っていたらしいが…。

俺が仕事に行っている間に娘の看病をしていた妻は、娘に何度かそう言われ困っていたらしい。

しかし、その朝は熱のせいで見える幻覚の類だと思い、妻にもそう言って俺は仕事に行った。

それでもやはり気掛かりで仕事が捗らず、そして5日も苦しんでいる娘を救ってやりたくて、俺は顔見知りの自称霊能者に連絡を取った。

彼はその日の夜に来てくれて、娘の部屋を見るなり

「厄介な霊の気配がする」

と言い出し、やれ盛塩だ、やれ読経だと言い残し帰って行った。

そして、それから2日間。

俺は半信半疑ながらも妻と一緒に言われた事を全てやっていたが、効果は見られず、娘の熱は下がらないまま。

遂に精密検査を兼ねた入院措置を取る事となった。

しかし悪い所は見つからない。

そして、病院に来ても娘は

「怖いオバちゃんがいる」

と言い続け、俺も妻も精神的に参っていた。

病室で情けなくも頭を抱えながら、

『誰か何とかしてくれ…』

と心の中で泣きそうになりながら叫ぶ。

このまま娘は死んでしまうのかと不安で一杯だった。

しかしその2日後、娘の熱が嘘のように下がった。

そして娘は言った。

「昨日、太いお姉ちゃんが来て、オバちゃん連れて行った」

俺と妻は疑問に思いながらも娘の話をよく聞くと…。

何でも昨日の夕方頃、急に太った女が病室に現れ、横に居た怖いオバサンにボソボソ呟くと、半ば強引に連れて行ったらしい。

そしてすぐにもう一度現れて、

「もう大丈夫やで。辛かったな」

と娘の頬を撫で、病室を出て行った…という事だった。

それを聞いて、妻は

「どなたか分かりませんが、ありがとう」

と呟き、手を合わせ涙を流していた。

俺にはその太った女に心当たりがあった。

それは10年前、俺が19歳の時、23歳にして交通事故で亡くなった姉。

太った女と聞いて、もしかしたらと思い、娘に姉の特徴を言ってみたところ、大凡のところ姉に間違いなし。

物凄く気が強かった人だったため『半ば強引に連れて行った』というのも、何だか解る気がした。

俺はその後すぐに姉の眠る墓へ行き、姉に礼を言い、そして霊の存在を信じるようになった。

「しね!」が口癖の姉、知らない男と殴り合いの喧嘩をする姉、老人と動物以外には容赦ない姉、そして子供が死ぬほど嫌いな姉…。

そんな恐ろしい姉でも、姪は可愛かったんだな…。

姉ちゃん、マジでありがとう。

娘を苦しめていたオバサンはその後、姉にどうされたのだろうか…(((;゚Д゚)))

関連記事

戦闘機(フリー写真)

護衛機

爺ちゃんから聞いた話。俺の爺ちゃんは戦争中、爆撃機で司令官を運ぶパイロットだった。もちろん護衛に戦闘機を引き連れてだけど。戦争で戦友が次々死んで行く中で、爺ち…

古民家(フリー写真)

祖父母の人生

私のおじいちゃんとおばあちゃんの話。この間、おばあちゃんの家に泊まった時にしてくれた話です。 ※ おばあちゃんは生まれつき目が悪かったんだけど、戦時中は9人居る兄弟の為に働…

赤ちゃんの手(フリー写真)

亡くなったはずの両親

私が12歳の時、両親が他界した。私には三つ年下の弟が居たのだが、それぞれ別々の親戚に引き取られた。一ヶ月も経たないうちに親戚の私に対する態度は冷たくなり、私は高校進学を…

田舎の風景(フリー写真)

氷を買いに来る若者

これはうちのじいちゃん(既に逝去)に聞いた話。じいちゃんは、鉄工所を経営する腕利きの職人だった。じいちゃんが若い頃(戦後間もなくだと思う)、仕事の得意先に製氷所があった…

魂(フリー素材)

守護霊の助け

若い頃、友人のBさんと久々に会い、飲みの席で「本格的な占いをお互いしたことが無い」という話で盛り上がったことがありました。酔った勢いで帰り道、幾つか閉まっていた占い場の中から適…

おじいさん(フリー写真)

おんぶしてあげるよ

去年、祖父が亡くなりました。僕は祖父にはよく可愛がってもらっていましたが、何の恩返しもできないまま逝ってしまいました。不思議な体験というのは、その祖父の葬儀の時に起こり…

優しい抽象的模様(フリー素材)

兵隊さんとの思い出

子どもの頃、いつも知らない人が私を見ていた。その人はヘルメットを被っていて、襟足には布がひらひらしており、緑色の作業服のような格好。足には包帯が巻かれていた。小学生にな…

飲み屋街(フリー素材)

常連客

学生時代、叔父が経営する小さな小料理屋(居酒屋)で手伝いをしていた。常連客の中に、70代のMさんという真っ白な頭の爺様が居た。ほぼ毎日、開店時間の16時から24時くらい…

椅子(フリー写真)

おかんの夢

おかんが癌で亡くなって6年になる。癌を見つけた時にはもう余命一年の宣告。親父と相談の上、おかんには告知しなかった。一年間、騙し続けた。私はその時、二番目の子供を…

カナちゃんのメッセージ

ここでの俺は神楽と名乗ることにする。断っておくが、本名ではない。今はサラリーマンをしているが、少し前までは神楽斎という名で霊能者をしていたからだ。雑誌にも2度ほ…