腕を探す男

公開日: 怖い話

新小岩駅(フリー写真)

少し前の事だが、JR新小岩駅のホームで変な男を見た。

サラリーマン風の男が、

「僕の腕知りませんかー」「僕の腕知りませんかー」

と甲高い大声を上げながら、ホームを行ったり来たりしている。

疎らに居る他の乗客は無視しているのか、男を見ようともしない。

左右どちらだったか思い出せないのだが、男は片腕が無いようだった。

スーツのアームホールがひらひらとたなびいていた。

男から目を離し、携帯を見ている間にどこかに行ってしまったのか、男の声は聞こえなくなった。

電車到着の放送が流れ、ホームに向き直すと、耳元で

「知りませんかあ?」

男の顔が俺の顔のすぐ横にあった。

俺は腰を抜かしそうになった。

パァーッと警報が響き、直後に電車がホームに入って来た。

よろめいた俺は白線の外に出てしまっていたようだ。

一瞬の事だった。

しかし、消えてしまったかのように男は居なくなっていた。

男の吐息が耳元に残っている。絶対に気のせいではない。

周りの視線がちょっと気になったので、電車は一本見合わせた。

ホームをよく見て回ったが、男の姿は無かった。

それ以来、その男は見ていない。

関連記事

ごぜさんの鐘

辺り一面山だらけ、どこを見渡しても山ばかりという地方の出身です。小さい頃からお世話になっていたお寺に「鐘」がありました。「鐘」と書いたのには理由がありまして、それは布と…

アカマネ

本で読んで以来、アカマネという得体の知れない物の怪の話を集めている。アカマネとは、読んで字のごとく「赤真似」。これが全国津々浦々で目撃されているらしい。俺が覚えているア…

渦人形(長編)

高校の頃の話。高校2年の夏休み、俺は部活の合宿で某県の山奥にある合宿所に行く事になった。現地はかなり良い場所で、周囲には500~700メートルほど離れた場所に、観光地の…

銭湯(フリー背景素材)

もう一人の足

母が高校生くらいの頃、母にはAさんという友人がいたそうです。その人は別に心霊現象に遭うような方ではなく、本当に普通の人だったそうです。ある日、母とAさんは近くの銭湯へと…

ユキオ

小学校の頃、俺のクラスの転校生にユキオという奴がいた。その名の通り、肌が白くハーフみたいでナヨっとした感じの男だった。ユキオには両親がいなくて、祖父母と暮らしているようだった。…

風呂の蓋

これはある女性がOLとして働きながら、一人暮らしをしていた数年前の夏の夜の話である。彼女が当時住んでいた1DKは、トイレと浴槽が一緒になったユニットバス。ある夜、沸いた…

さよなら

中学生の頃、一人の女子が数人の女子から虐められていた。いつも一人で本を読んでいるような子で、髪も前髪を伸ばしっ放しで幽霊女なんて言われていた。でもさ、その子滅茶苦茶可愛…

赤い顔

赤い爺さん

友人Yから聞いた話。今から二年程前、Yの爺さんが亡くなった。Yは昔から超が付く程の爺さんっ子だったものだから、葬式の時は年甲斐もなく鼻水を垂らしながらわんわん泣いたらし…

公衆電話

公衆電話が呼ぶ

突然だが、僕は電話が苦手だ。それは電話が面倒だとか、メールの方が楽だとかそういうことではない。電話が掛かってくる度にギュウッと心臓が掴まれたようになる。 ※ とある…

鳥居(フリー素材)

カキタ様

俺が田舎に転校していた頃の話。俺の家庭は当時ごたごたしていてさ。それが理由で学校とか行きづらくなっちゃって。友達は「気にすんなよ、一緒に遊ぼうぜ」と言ってくれるんだけど…