腕を探す男

公開日: 怖い話

新小岩駅(フリー写真)

少し前の事だが、JR新小岩駅のホームで変な男を見た。

サラリーマン風の男が、

「僕の腕知りませんかー」「僕の腕知りませんかー」

と甲高い大声を上げながら、ホームを行ったり来たりしている。

疎らに居る他の乗客は無視しているのか、男を見ようともしない。

左右どちらだったか思い出せないのだが、男は片腕が無いようだった。

スーツのアームホールがひらひらとたなびいていた。

男から目を離し、携帯を見ている間にどこかに行ってしまったのか、男の声は聞こえなくなった。

電車到着の放送が流れ、ホームに向き直すと、耳元で

「知りませんかあ?」

男の顔が俺の顔のすぐ横にあった。

俺は腰を抜かしそうになった。

パァーッと警報が響き、直後に電車がホームに入って来た。

よろめいた俺は白線の外に出てしまっていたようだ。

一瞬の事だった。

しかし、消えてしまったかのように男は居なくなっていた。

男の吐息が耳元に残っている。絶対に気のせいではない。

周りの視線がちょっと気になったので、電車は一本見合わせた。

ホームをよく見て回ったが、男の姿は無かった。

それ以来、その男は見ていない。

関連記事

廊下(フリー写真)

放課後の部室で

うちの高校の演劇部の部室での事。私は当時、演劇部の部長だったので、一人で遅くまで部室に居る事があった。ある日、いつものように部室に残っていたら、ふと人の気配を感じた。 …

柿の木(フリー写真)

木守り

皆様は木守りという風習を御存知でしょうか。実った木の実を全て取り入れてしまわず、いくつか残す風習は昔からあって、取り入れずに残した実のことを木守り(きまもり)と呼びます。 …

火柱

人型焼き

ある夏の日の話をしようと思う。その日は、前々から行くつもりだった近場の神社を訪ねた。俺には少々オカルト趣味があり、変な話や不思議な物等が大好物だった。この日も、…

テレアポのバイト

ちょっと前にテレアポのバイトをしていた時なんだけど。インカム着けて通話しつつも、お互いの内容がなんとなく聞こえるくらい小さな事務所だった。そこでバイト仲間の一人が妙なこ…

電脳に棲む神

大学時代の友人の話。そいつは結構なオタクで、今でも某SNSにガチオタな話題をバンバン日記に書くようなSE。この前、たまたま新宿で会って「ちょっと茶でも飲もうや」というこ…

神社(フリー素材)

雁姫様の鏡

昔、修学旅行中に先生から聞いた話。先生が小学4年生まで住んでいた町はど田舎で、子供の遊び場と言ったら遊具のある近所のお宮だったそうだ。そのお宮には元々祭られている神様と…

さよなら

中学生の頃、一人の女子が数人の女子から虐められていた。いつも一人で本を読んでいるような子で、髪も前髪を伸ばしっ放しで幽霊女なんて言われていた。でもさ、その子滅茶苦茶可愛…

女友達の話

怖いと言うか気持ち悪い話。動物好きで特に猫好きの方は絶対に読まないで欲しい。細かい会話とかは覚えてないので適当だが……。俺の中学時代からの女友達の話。仮に佳織としておく…

田舎の風景(フリー写真)

犬の幽霊

あれは小学6年生の頃、夏の盛りだった。僕は母方の田舎に一人で泊まりに来ていた。田舎のため夜はすることがなく、晩飯を食った後はとっとと寝るのが日課になっていた。 ※ …

和室(フリー写真)

連鎖と数珠

一年経ってようやく冷静に思い出すことができるようになった出来事がある。去年のちょうど今頃の話だ。その日は金曜日で、俺は会社の同僚数人と何軒かの店をハシゴして、すっかり良…