腕を探す男

公開日: 怖い話

新小岩駅(フリー写真)

少し前の事だが、JR新小岩駅のホームで変な男を見た。

サラリーマン風の男が、

「僕の腕知りませんかー」「僕の腕知りませんかー」

と甲高い大声を上げながら、ホームを行ったり来たりしている。

疎らに居る他の乗客は無視しているのか、男を見ようともしない。

左右どちらだったか思い出せないのだが、男は片腕が無いようだった。

スーツのアームホールがひらひらとたなびいていた。

男から目を離し、携帯を見ている間にどこかに行ってしまったのか、男の声は聞こえなくなった。

電車到着の放送が流れ、ホームに向き直すと、耳元で

「知りませんかあ?」

男の顔が俺の顔のすぐ横にあった。

俺は腰を抜かしそうになった。

パァーッと警報が響き、直後に電車がホームに入って来た。

よろめいた俺は白線の外に出てしまっていたようだ。

一瞬の事だった。

しかし、消えてしまったかのように男は居なくなっていた。

男の吐息が耳元に残っている。絶対に気のせいではない。

周りの視線がちょっと気になったので、電車は一本見合わせた。

ホームをよく見て回ったが、男の姿は無かった。

それ以来、その男は見ていない。

関連記事

なんで逃げちゃったの

これは数年前に友人(仮にAとします)から聞いた話です。 その当時Aは高校2年生。そしてそれは夏休みの出来事だった。 夜22時頃にAの携帯が突然鳴った。Aの近所に住む中学校か…

隙間見た?

子供の頃に姉が、 「縁側のとこの廊下、壁に行き当たるでしょ。あそこ、昔は部屋があったんだよ。 人に貸してたんだけど、その人が自殺したから埋めたの。 今はもう剥げてきて…

和室(フリー写真)

連鎖と数珠

一年経ってようやく冷静に思い出すことができるようになった出来事がある。 去年のちょうど今頃の話だ。 その日は金曜日で、俺は会社の同僚数人と何軒かの店をハシゴして、すっかり良…

ハサミ

ハサミ女

近所に「ハサミ女」と呼ばれる頭のおかしい女がいた。 30歳前後で、髪は長くボサボサ、いつも何かを呟きながら笑っている、この手の人間の雛形的な存在。 呼び名の通り常に裁ちバサ…

火傷の治療

昭和の初め頃、夕張のボタ山でのお話。 開拓民として本州から渡って来ていた炭鉱夫Aさんは、爆発事故に見舞われた。一命はとりとめたものの、全身火傷の重体だった。 昔の事とて、ろ…

教授のメモ

ある大学の教授が突然、姿をくらませた。 教授と同じ研究室の助手は、最初は旅行にでも行ったのだろうと考えたが、大学側に問い合わせても教授の行方は判らないと言う。 助手はどうし…

33年間

1783年(天明3年)、浅間山は大噴火した。 噴煙は、上空1万メートルにまで達し、その時に流れ出た溶岩流は、付近の村々をあっというまに覆い尽くし、約1200人もの命が失われた。 …

てめぇじゃねぇ!

ある夜のことでした。 会社員のAさんは残業で遅くなったのでタクシーを拾いました。 タクシーの中では、運転手さんと色々な話で盛り上がっていました。 そして、タクシーは山…

鮒おじさん

小学校4年生の夏休みの事で、今でもよく覚えている。 川と古墳の堀を繋いでいる細い用水路があって、そこで一人で鮒釣りをしてたんだ。 15時頃から始めたんだけど、いつになく沢山…

叩かれるドア

今年の年始だったんだが、夜に歩いて3分のコンビニまで酒買いに行ったんだ。 まあ、難なく酒買って、寒いから一本空けながら帰ってたんだよ。 iPodで大音量で音楽聴きながらハイ…