サーバーからのメッセージ

サーバールーム(フリー写真)

心霊ではないかもしれないけど、一つ不思議な体験があります。

俺は某会社でシステム関連の仕事をやっているのだけど、先日、8年間稼働していたサーバーマシンが壊れてしまった。

このサーバーマシンとは、修羅場なんて言うのはおこがましいけど、色々な苦境を共にして来た。

選任の管理者主導で物凄い安価で購入しただけあって、本当に手間の掛かるマシンだった。

先日、ちょっと立て込んで午前3時頃まで仕事して帰ろうとすると、

『FTが孤立化しています』

というダイアログが表示されていた。

『ああ、ミラーの片方が吹っ飛んだな』

と思って、その後サーバーに保存されていた全データを移動する作業に入った。

午前6時頃まで作業して、仮眠しようと机の上に横になると、山のように警告メールがサーバーマシンから携帯に届いていた。

何となく、これだけメールが届いていると

『ヤバいんじゃないか?』

というような気がして、仮眠を取らずに朝8時まで作業をして、上司に状況を説明した上でサーバーを再起動した。

案の定、サーバーは再起動しなかった。

サーバーの電源を強制的に切断して仮眠室に入った俺は、サーバーから届いた『ディスク異常』の警告メールを一つ一つ削除していた。

そして、故障したサーバーとの8年間を思い出しながらウトウトしていると、携帯に突然メールが届いた。

びっくりして見ると、それはサーバーからのアラートメッセージだった。

まさか、電源は入っていないはずだと内容を見ると、

『サーバーはディスク障害から復旧しました』

と書かれていた。

その後、確認したけどサーバーを再起動した人は誰も居ない。

サーバーはHDDの障害で起動しない。

俺の携帯に届いたメールは、俺の中では永遠の謎になった。

俺はシステム系の仕事をしているから、あまりマシン関連で非科学的な事は考えないようにしているのだけど…。

何となく、ちょっとだけマシンに心があって、8年間を共にして来た俺にサーバーが、

『まあ、がんばれよ』

みたいなメッセージを送ってくれたのかな、なんて勝手に思っている。

ヤツはあの世であっちの世界の管理者に迷惑を掛けないように、ファイル共有しているのかな。

関連記事

晴明神社(フリー素材)

晴明神社

京都にある晴明神社に行った時の事。安部の晴明は今でこそ有名で、観光客も沢山居るらしいが、十年近く前のその頃は一般的にはあまり知られておらず、神社も全然人気が無かった。私…

巨木(フリー写真)

巨木への道

この話は、俺が以前旅先で経験した事実に基づいて書かせて戴く。N県の温泉へ車で2泊3日の旅行へ出かけた時の話。移動の途中で『森の巨人たち100選』と書かれた標識が突如現れ…

夕日(フリー写真)

ドウドウ

小学校低学年の頃、友人Kと何回か『ドウドウ』という遊びをした。どのような遊びかと言うと、夕方17時~18時くらい、家に帰るくらいの時間になると、俺かKのどちらかが「ドー…

病室(フリー素材)

優しい声

これは俺が中学生の時の体験です。恐怖感はあまり無く、今でも思い出すと不思議な気持ちになります。 ※ 中学二年の二学期に急性盲腸炎で緊急入院しました。定期テストの前だったので…

夜の駅(フリー素材)

地図に無い駅

その日、彼は疲れていました。遅くまで残業をし、電車で帰る途中でした。既にいつも使っている快速は無く、普通電車で帰るしかありませんでした。その為いつもよりも電車で…

チクリ

大学に通うために上京してすぐのことです。高田馬場から徒歩15分ほどにある家賃3万円の風呂なしアパートに下宿を始めました。6畳でトイレ、キッチン付きだったので、その当時と…

地底世界

小学校2年生の頃の話。山に囲まれた田舎に住んでいたんだけど、学校の帰り道で知らないおじさんとおばさんが俺に話しかけてきた。知らない人には付いて行ってはいけないと言われて…

携帯電話を持つ女性(フリー写真)

家族からの電話

これはある一人暮らしの女の子が、うつ病になった時に体験した不思議な話です。その女の子は人間関係が原因で仕事を辞め、殆ど引き篭もり状態になり、毎日死にたいと思うようになっていたそ…

田舎の風景(フリー写真)

ダッガコドン

去年、私は仕事で失敗が続いていた。厄年は来年なのに何故だろうかと調べた末、前厄という存在を始めて知った。すぐに会社に三連休を貰い、遠い田舎の実家まで帰省をすることに。 …

蝋燭

キャッシャ

俺の実家の小さな村では、女が死んだ時、お葬式の晩に村の男を10人集め、酒盛りをしながらろうそくや線香を絶やさず燃やし続けるという風習がある。ろうそくには決まった形があり、仏像を…