思い出のメンコ

公開日: 心霊ちょっと良い話

メンコ(フリー写真)

俺の親父から聞いた話。

親父が小さい頃の遊びと言ったらメンコが大ブームで、親父も色とりどり様々なメンコを集めていたが、腕はからっきしだったとか。

ある時、同じ町内のA君に惨敗し、彼に頼み込んで特訓を受けた。

勉強そっちのけで血の滲むような練習を重ねたところ、かなりの上達を遂げ、気が付くと親父は近所でも名うてのメンコ名人になっていた。

師匠であるA君までもがライバルと認め、二人の直接対決は町内の子供たちが皆観戦に集まる名物となっていた。

星取は一進一退でなかなか決着はつかなかったとか。

しかし、A君は父親の仕事の都合で東京に引っ越してしまった。

親父とはいつか必ず決着をつけよう、それまでお互い練習しようね、と固く約束したという。

遠く離れても、親父とA君は手紙のやり取りを続けた。

手紙にはメンコを同封し、たびたび互いの自慢のメンコを交換していたという。

ある日の夕方、親父は帰宅中に公園で見覚えのある子を認めた。

A君だった。

歓喜し、A君に駆け寄ると、A君も嬉しそうに満面の笑顔で迎えてくれた。

何を話したか覚えていないそうだが、親父は近況を語り、A君はにこにこしながら聞いてくれた。

話もそこそこにメンコの勝負を持ちかけると、A君は

「もう俺はメンコは出来ないんだ。沢山集めたけどあげるよ」

と、巾着袋に入ったメンコを親父に手渡した。

親父は驚き理由を尋ねたが、A君は

「大事にしてね、バイバイ」

とだけ言い、帰ってしまった。

釈然としないまま家に帰り、先程の出来事を母に話した。

母は真っ青になり、そんなことはない、人違いだ、と言う。

証拠とばかりにもらったメンコを見せると母は、

「お前が気落ちすると思い、言うかどうか今日まで迷っていたんだけど、A君は先月亡くなったんだよ…。川で溺れたんだって」

お母さん同士仲が良かったKさんの家に連絡があったんだって。

親父は信じられず、暫くの間塞ぎ込んでしまったらしい。

だったら俺が見たA君は誰だよ!もらったメンコは何なんだよ!と。

暫くしてA君の死を事実として認めた親父は、何とかお墓参りに行きたかった。

しかし小学生が一人で東京まで行けるはずもなく、結局線香をあげることができたのは4年が経った頃だった。

親父はA君の仏前に、当時お気に入りだった負け知らずの忍者のメンコを供えた。

親父は思わず涙が溢れたという。

「決着つけられなかったね。遅くなってごめんね」

と仏前に語りかけた。

その一年後、実家でボヤがありメンコは殆ど焼失してしまったという。

焼け残った数枚は経年変化でもうぼろぼろになっているが、親父は今でも大切にしまい込んでいる。

この話を聞いた後、試しに親父に勝負を挑んでみた。

いつの間に買っていたのか、新品のメンコを出してきた。

まさに鬼のような強さだった。

俺が素人とかそういうのを抜きにしても、とんでもない強さだった。

親父は、

「A君はもっと強かったぞ」

と自慢気に語っていた。

関連記事

高野山(フリー写真)

動物たちの宴会

私は仕事の関係で、アジア圏を中心に出張や短期駐在に行くことがあります。こういう生活を続けるとかえって日本の風物が懐かしくなるもので、今の趣味が休日利用の温泉や神社仏閣巡りが中…

渓流(フリー写真)

川辺で会ったおじさん

小学5年生の頃、隣のクラスに関西からの転校生S君が来た。ある日の昼休み、体育館の片隅でS君がクラスの野球部数名から小突かれたりして虐められているのを発見した。俺は当時、…

カップル(フリー写真)

彼女の夢

若干長いんだけど、もう見えなくなった彼女の心霊的な話。中学の頃は不良だった。身も心も荒んでいて、周りは受験を意識していた中学3年生の夏。他校でやらかしてしまい…

体温計(フリー写真)

太いお姉ちゃん

去年の話なのだが、5歳の娘が急に高熱を出し、慌てて近くの病院へ連れて行った。そして風邪と診断され、処方された薬を3日間飲ませていたが、症状は一向に良くならず。『ひょっと…

小綺麗な老紳士

駅構内の喫煙スペースで私はタバコを吸っていました。喫煙スペースと言っても田舎の駅なので、ホームの端っこにぽつんと灰皿が設置してあるだけの簡易的なものでした。すると小綺麗…

皺のある手(フリー写真)

青いみかん

小学2年生まで自分は感情の起伏の無い子供だったらしく、両親がとても心配し、よく児童相談所や精神科のような所へ連れて行っていた。その時も面倒臭いとも楽しいとも思った事は一切無く、…

薔薇の咲く庭(フリー写真)

母が伝えたかったこと

母が二月に亡くなったんだよね。でもなかなか俺の夢には出て来てくれないんだ。こんなに逢いたいのに…。 ※ 母が病気になってさ、本当は近くに居てやらないといけないのに、自分で希…

夜の海(フリー素材)

ばあちゃんのまじない

部活の合宿で、他の学校の奴も相部屋で寝ていた時の事。ある奴が急に魘され、布団の上でのた打ち回り始めた。起こそうとしても全然起きない。そのまま魘され続ける。起きている奴等…

古い箪笥(フリー写真)

鈴の音

小学生の頃、大好きだったばあちゃんが死んだ。不思議と涙は出なかったのだけど、ばあちゃんが居ない部屋は何故か妙に広く感じ、静かだった。火葬が済んだ後、俺は変な気配を感じる…

神社のお姉さん

友達から聞いた話なので詳しくは判らないのだけど、嘘や見栄とは縁のない子が言っていたことなので、きっと実話。友達は霊感持ちではないが、小学生の頃に霊か神仏としか思えないものに会っ…