記憶の中の子供達

雷(フリー写真)

私は子供の頃、雷に打たれた事があります。

左腕と両足に火傷を負いましたが、幸いにも大火傷ではありませんでした。

現在は左腕と左足の指先に、微かに火傷の跡が残っているまでに回復しました。

よく雷に打たれた人が不思議な力を持つようになったとか、特別な能力に目覚めたとか、そういう話を聞きますが、残念ながら私にはそういう事はありませんでした。

ですが、不思議な体験をした事が一度だけあります。

それは雷に打たれて病院に運ばれている時の話です。

私は救急車で病院に運ばれたらしいのですが、病院に運ばれるまで意識が全く無かったらしいです。

しかし、何故かその時の記憶が今でも鮮明に残っているのです。

近所のおばさんが気絶している私を見つけ、駆け寄って来た時に裸足だった事。

知らせを聞いて駆け付けた母親が、何故か手ぬぐいを沢山抱えていた事。

救急車に乗っていた隊員の人の顔や、救急車の中の様子。

病院で慌ただしく動いていた看護婦さん。真剣な顔で顔を覗き込んでいたお医者さん。

等など、何だかテレビ画面で見ているような感じで、凄く客観的に見ているような感覚でした。

その時の様子が記憶に残っているんです。

その時に見えていた事を、後で母親に聞いてみると、何故か全部当たっていました。

私としては、半分はリアルな夢を見ていたという感覚があり、もう半分は本当に起こっていた事だという、変な確信のようなものがありました。

ここまでは臨死体験や幽体離脱などで説明できるかもしれませんが、本当に不思議なのはここからなのです。

その意識を失っている時に見たものの中に、現実には居なかった人が見えていた記憶があるのです。

救急車に乗せられるまでに私の側に居た人というのは、私の母親、近所のおばさん、その家の息子さん(救急車を呼んでくれた)。

それから通りがかりで心配して車から降りて来た近所のお兄さんの四人しか居なかったはずなのですが、私の記憶の中では、その四人以外に、あと数人誰かが居たような気がするのです。

何故かそこの記憶だけ曖昧なのですが、その時の私と同じ年頃の子供が三人か四人、もしかするともっと居たかもしれないし、一人しか居なかったかもしれない(ごめんなさい、思い出そうとすると余計曖昧になってしまって…)。

その子供たちが、救急車が来るまで私の体を一生懸命さすっているのです。

額の辺りを撫でていたり、胸の辺りをぐるぐる手の平でさすったり、火傷していた所にじっと手を当てていたり…。

とても温かいような、ほっとするような、気持ちの良い感覚でした。

その時は、何故そんな事をしているのか疑問に思いましたが、何だか必死な感じがしたので、助けようとしてくれているのだろうと思いました。

しかし後で母親にその事を話すと、そんな子達は居なかったし、下手に動かすといけないからと、誰もさすったりなどしていなかったそうです。

ただ、うちの近所には昔火事で亡くなった兄弟が居て、その家の前には今でも五体のお地蔵さんが祀られているのです。

そこのおばちゃんが怪我で入院した時に、数日そのお地蔵さんにお花とお菓子をお供えするのを手伝った事があって、私の母が言うには、

「その子達がお礼に命を助けてくれたのかもね」

と言っていました。

今は地元を離れて東京の方に出て来ていますが、偶に実家に帰った時は、簡単ながらお花をお供えして、その時のお礼を言うようにしています。

山遊び

子供の頃の話。 大して遊べる施設がない田舎町だったので、遊ぶと言えば誰かの家でゲームをするか、山や集落を歩いて探検するかの2択くらいしかする事がなかった。 小学校が休みの日…

山間の田んぼ(フリー写真)

小さな祠と石

うちの兄は10年ほど前に亡くなりました。 亡くなる前々日、いつもは帰ってすぐ部屋に入ってしまう兄が、珍しく私にPCの使い方を教えてくれました。 その事を思い出すと、今でも涙…

異世界村(長編)

自分の体験した少し現実味のない話です。 自分自身、この事は今まで誰にもしたことがないし、これからも話すつもりはありません。 それにこの書き込み以降、僕が他人と話ができる状況…

不思議な森

昔住んでた家の近くの河川敷に広い公園があり、そこに小さな森があった。その森の中には、異常に暗い空間が何カ所かあって、よくそこで遊んでた。 もう少し説明すると、その空間だけ切り取っ…

メールの送信履歴

当時、息子がまだ1才くらいの頃。 のほほんとした平日の昼間、私はテレビを見ながら息子に携帯を触らせていた。 私の携帯には家族以外に親友1人と、近所のママ友くらいしか登録して…

浅間神社の氏神様(宮大工4)

とある秋の話。 俺の住む街から数十キロ離れた山奥にあるA村の村長さんが仕事場を訪れた。 A村の氏神である浅間神社の修繕を頼みたいという。 A村は親方の本家がある村であ…

民宿の一室(フリー写真)

あの時の約束

長野県Y郡の旅館に泊まった時の話。 スキー場に近い割に静かなその温泉地がすっかり気に入り、僕は一ヶ月以上もそこに泊まったんです。 その時、宿の女将さんから聞いた話をします。…

携帯電話を持つ女性(フリー写真)

家族からの電話

これはある一人暮らしの女の子が、うつ病になった時に体験した不思議な話です。 その女の子は人間関係が原因で仕事を辞め、殆ど引き篭もり状態になり、毎日死にたいと思うようになっていたそ…

公衆電話

公衆電話が呼ぶ

突然だが、僕は電話が苦手だ。 それは電話が面倒だとか、メールの方が楽だとかそういうことではない。 電話が掛かってくる度にギュウッと心臓が掴まれたようになる。 ※ とある…

飲み屋街(フリー素材)

常連客

学生時代、叔父が経営する小さな小料理屋(居酒屋)で手伝いをしていた。 常連客の中に、70代のMさんという真っ白な頭の爺様が居た。 ほぼ毎日、開店時間の16時から24時くらい…