呪い真書

公開日: 意味がわかると怖い話

Writers_Curse

呪い真書を手に入れた。冒頭にこう書いてある。

この書に書かれている手順を実行すると呪いが成就します。しかし手順を少しでも間違えるとその呪いは自分に返ってきます。あなたはそれでも実行しますか?

勿論だ。俺には許せない奴がいる。だからこそこの呪い真書を手に入れたのだ。

俺は呪いの手順を始めた。

1.まず始めに、目を閉じて、呪いたい相手の顔を思い浮かべます

忘れたくても忘れられるものか、と俺は奴の顔を思い浮かべた。よし、次だ、どれどれ……。

2.どんな呪いをかけたいのか思い浮かべます

考え付く限りの苦痛を与え続けてやる。よし、次だ。

3.最後に目を開けます

関連記事

世界一怖いお化け屋敷

「さあさあ、ランドに来ておいて、このお化け屋敷に入らないって手はないよ!」お化け屋敷の前でゾンビらしき恰好をした男が声を張り上げている。ゾンビの前には数人の客が面白そう…

切り取られたカレンダー

久しぶりに実家に帰ると、亡くなった母を思い出す。母は認知症だった。身の回りの世話をつきっきりでしていた父を困らせてばかりいた姿が目に浮かぶ。そして今は亡き母の書斎に入った時、私…

若返り

老人「本当にこれで若返れるのか?」男「ええ。我社の開発したこの機械はあなたの細胞から全盛期だった若い体を生成し、あなたの今の記憶を入れることで記憶はそのままに体だけは若返ること…

空き家

子供の頃に住んでいた家は、現在住んでいるところから自転車でわずか5分程度。近所に幼馴染みも沢山いたし、自分とはもう関係ない家だという認識があまりなかった。自分たちが引っ…

マンション(フリー素材)

曰く付きマンション

会社までの徒歩通勤時に、取り壊し予定の無人マンションの近くを通る。そこは飛び降り自殺が多く、自殺者の霊の目撃情報も多い曰く付きマンション。周りに街灯も少なく、夜はかなり…

ひとつ作り話をするよ

今日はエイプリルフールだ。特にすることもなかった僕らは、いつものように僕の部屋に集まると適当にビールを飲み始めた。今日はエイプリルフールだったので、退屈な僕らはひとつのゲームを…

廃墟

ロアニの家

子供の頃、近くに廃墟があった。その家は川沿いにあって、庭には井戸もある。しかも田舎だから灯りも少ないしで、夜になるととても不気味。必然的にその家は、幽霊が出る家…

トノサマバッタ

小学生の時、夏休みの宿題に昆虫採取をすることにした。まぁ、毎日アミ持って野山を駆け回って遊んでただけなんだけど、ある日すごいのを捕まえた。体長 13.5cmのトノサマバッタ。 …

女性専用トイレ(フリー素材)

横に並んだ目

先日、地元の駅のトイレで覗きに遭ってしまいました…。綺麗なトイレではないので普段は行きたくないのですが、その時は我慢出来ずに駆け込みました。 ※ 用を足し終えて立ち上がると…

三文字

俺は、某所のある古いアパートで一人暮らしをしている。このアパートは二階建てで、各階四号室までのごく普通のアパートだ。ちなみに俺は104号室に住んでいる。ある日、いつものスーパー…