呪い真書

公開日: 意味がわかると怖い話

Writers_Curse

呪い真書を手に入れた。冒頭にこう書いてある。

この書に書かれている手順を実行すると呪いが成就します。しかし手順を少しでも間違えるとその呪いは自分に返ってきます。あなたはそれでも実行しますか?

勿論だ。俺には許せない奴がいる。だからこそこの呪い真書を手に入れたのだ。

俺は呪いの手順を始めた。

1.まず始めに、目を閉じて、呪いたい相手の顔を思い浮かべます

忘れたくても忘れられるものか、と俺は奴の顔を思い浮かべた。よし、次だ、どれどれ……。

2.どんな呪いをかけたいのか思い浮かべます

考え付く限りの苦痛を与え続けてやる。よし、次だ。

3.最後に目を開けます

空き家

子供の頃に住んでいた家は、現在住んでいるところから自転車でわずか5分程度。近所に幼馴染みも沢山いたし、自分とはもう関係ない家だという認識があまりなかった。自分たちが引っ…

三文字

俺は、某所のある古いアパートで一人暮らしをしている。このアパートは二階建てで、各階四号室までのごく普通のアパートだ。ちなみに俺は104号室に住んでいる。ある日、いつものスーパー…

母の弁当

中学校に入ってから1人の不良にずっと虐められてた。自分の持ち物に『死ね』と書かれたり殴られたりもしていて、俺はちょっと鬱になってたと思う。心配する母にガキだった俺はきつ…

若返り

老人「本当にこれで若返れるのか?」男「ええ。我社の開発したこの機械はあなたの細胞から全盛期だった若い体を生成し、あなたの今の記憶を入れることで記憶はそのままに体だけは若返ること…

かくれんぼ

昔、公園で友達とかくれんぼをした。かなり広い公園で隠れるには困らないけど、問題は鬼になった時、ただでさえ広くて大変なのに友達4人とも隠れ上手。鬼には絶対なりたくなかった…

黄色いパーカー

ある日、商店街の裏にある友人のアパートに行きました。そのアパートの一階には共同トイレがあり、友人の部屋は一階の一番奥でした。その後、友人の部屋で朝まで飲んでいたらトイレ…

ドアノブ(フリー写真)

テンキー

学生時代に住んでいたアパートの鍵はテンキーだったのだが、夜中の3時頃に部屋で漫画を読んでいたら、突然ドアノブをガチャガチャする音が聞こえた。ビビったけど鍵を掛けているし大丈夫だ…

ホームパーティ

誕生日にホームパーティを開いた。その時、家の中で俺を囲んでみんなで写真をとってら、変なものが映っちゃったのよ。背後の押入れから、見知らぬ青白い顔の女が顔を出して、睨みつ…

逃げなきゃ

深夜、2階の自室で眠っていた私は、階下の妙な物音に気付いてふと目が覚めた。「玄関から誰か入って来た…?」そう思った瞬間、バクバクと鼓動が早まった。夕方見たニュー…

降りなければ

ある家族が妻の実家に遊びに行くために田舎までのバスに乗っていた。山のふもとあたりまできたときに、子供が「おなかへった」とだだをこね始めたので、仕方なく途中のバス停で降りて近くの…