パンは危険な食べ物

公開日: 意味がわかると怖い話

Comer-pan-no-engorda

アメリカでの大規模な調査による結果により、パンはとても危険な食べ物だということがわかった。

以下がその理由である。

  1. 犯罪者の98%はパンを食べている。
  2. パンを日常的に食べて育った子どもの約半数は、テストが平均点以下である。
  3. 暴力的犯罪の90%は、パンを食べてから24時間以内に起きている。
  4. パンは中毒症状を引き起こす。被験者に最初はパンと水を与え、後に水だけを与える実験をすると、2日もしないうちにパンを異常にほしがる。
  5. 新生児にパンを与えると、のどをつまらせて苦しがる。
  6. 18世紀、どの家も各自でパンを焼いていた頃、平均寿命は50歳だった。
  7. パンを食べるアメリカ人のほとんどは、重大な科学的事実と無意味な統計の区別がつかない。

年齢当て

あと10分ほどで真夜中になるという時間帯に、私は特急電車に乗っていた。やがて、途中の駅で一人の男が乗り込んできた。その男は、電車のドアが閉まると、突然我に返ったように乗客の顔を…

夏休み

今日は父さんが帰ってくる日だ。父さんは船乗りで家にあまりいないから、帰ってくるときはすごく嬉しい。ニコニコ顔の父さんを久しぶりに見ると、僕も弟もつられてニコニコ笑ってし…

切り取られたカレンダー

久しぶりに実家に帰ると、亡くなった母を思い出す。母は認知症だった。身の回りの世話をつきっきりでしていた父を困らせてばかりいた姿が目に浮かぶ。そして今は亡き母の書斎に入った時、私…

能力

ニューヨークの地下鉄を私はよく利用する。毎朝通勤の度に地下鉄構内で何やらぶつぶつ言ってる一人のホームレスの男がいた。男の近くの壁に寄り掛かり、内容を盗み聞きした。 …

母の弁当

中学校に入ってから1人の不良にずっと虐められてた。自分の持ち物に『死ね』と書かれたり殴られたりもしていて、俺はちょっと鬱になってたと思う。心配する母にガキだった俺はきつ…

マンホール

マユミという名の女子高生が学校に向かって歩いていました。いつもと同じ時間に、いつもの道をいつもと同じ速さで歩いて行く。すると、ふと目の前に同じ学校の制服が見えた。 …

廃墟

ロアニの家

子供の頃、近くに廃墟があった。その家は川沿いにあって、庭には井戸もある。しかも田舎だから灯りも少ないしで、夜になるととても不気味。必然的にその家は、幽霊が出る家…

美術室(フリー背景素材)

眠りに落ちた美女

ある日、僕は学校の美術室の掃除当番だった。早く終わらせて帰ろうと急いでいたら、一枚の絵が大事そうに飾られているのを見つけた。その絵はとても綺麗な女の人の肖像画だったのだ…

目が赤い人

ある地方の女子高生が東京の大学に進学が決まり、東京で一人暮らしをする事になりました。とあるマンションで生活を始めているうちに、ある日部屋に小さな穴が空いているのに気付きました。…

タクシー(フリー素材)

タクシーと幽霊

昨日、夜遅くにクレームがあり会社に呼ばれた。バスも電車も無いので、会社に向かうため家まで迎えのタクシーを呼んだんだけど、その時の運転手さんとの会話。 ※ 運転手「昨日、近所…