なりすまし

影(フリー写真)

集団自殺(及び自殺未遂)がありました。男女約6名。

一酸化炭素中毒で死のうというものですが、亡くなったのは3人。

生存者の話では、ネットで知り合って共同で自殺しようというもの。

このお話は生存者の一人、A子さんにまつわるものです。

病院で意識を取り戻したA子さんに警察が事情聴取をしようとすると、A子さんは

「私は何故ここにいるのか」

と、逆に警察の人に尋ねました。

警察は、

「君は自殺を図って死にかけたのだ」

と一連の事件について説明すると、A子さんはガタガタと震え出します。

A子さんは自殺の記憶など無く、そのようなネットへの書き込みをした覚えもないのです。

しかし、実際にはA子さんのパソコンからの書き込みが確認されました。

現場には自筆の遺書も発見されました。

実はその10日程前から、A子さんは妙な行動を取ることがありました。

弟や母親が言うには、やけ食いをしたとか、いきなりA子さんが壁を殴り出したとか。

しかしA子さんにはどれも記憶がなく、そう言えば最近意識が失くなることが多かった…。

不気味な絵や言葉が自筆で書かれたノートが机の上に置いてあったり、自分の腕にリストカットの痕がついていたり。

頭の良い皆さんならもうお分かりでしょう、これは二重人格というものです。

どうしてこの人格が突如A子さんに現れたのか? 原因は判りません。

母子家庭ですが、特に虐待やいじめなどといったトラウマとなる経験もありません。

数日前から突如に生まれたものです。

このもうひとつの人格は日常でA子さんになりすまし、自殺しようと(A子さんを殺そうと)行動するようになります。

ある時、A子さんはまた意識を失い、気が付くと暗い森の中。

ここは一体どこなのか判らぬまま必至に森を彷徨い歩き、命からがら森を抜け出し、通行人に助けを求め保護されました。

そこは富士の樹海でした。

ある時、A子さんは再び意識を失いました。今度は本格的なリストカット。

母親が発見し、病院で一命を取り留めました。

今まで3度死にかけ、いずれも何とか死なずに済みましたが、単なる悪運なのでしょうか?

『もう一人の方』の自殺はどうも爪が甘いような、絶対死ねる方法を取っていないような…。

しかし確実なのは、A子さんの意識を失う時間が確実に長くなってきたということです。

その後、A子さんは失踪します。

今のA子さんは果たして『どっちのほう』なのでしょうか。

と言うより今、生きているのでしょうか。

裏山

マネキンの警告

うちは田舎だから、シーズンになるとよく裏山にキノコ採りに行く。 小学生の頃は、よく採れる場所をじいちゃんに教えてもらいながら二人で行っていたのだが、中学生になると一人で行ったり友…

競売物件

競売物件

自動車免許を取りに免許センターへ通っていた時に仲良くなった人から聞いた話。 筆記試験が終わり、知り合いも来ていないし一人でぼーっとしていると、20代後半くらいのサラリーマン風の人…

公衆トイレ(フリー写真)

順番待ち

この間、東京に用事があって行ったんだよ。 片田舎からの上京なので朝一の高速バスに乗って、朝9時頃に新宿駅に着いた。 その途中にトイレ休憩もあったんだけど、眠くてずっと寝てい…

むかえにきたよ

私は高校時代、電車通学をしていました。 利用していたのは、一時間に一本ペース、駅の9割が無人駅という超ド田舎の私鉄です。 二年に上がった春、私が乗る駅で若い親子の飛び降り事…

顔を両手で覆う人々

人混みに紛れて妙なものが見えることに気付いたのは去年の暮れからだ。 顔を両手で覆っている人間である。ちょうど赤ん坊をあやすときの格好だ。 駅の雑踏の様に絶えず人が動いている…

危険な好奇心(前編)

小学生の頃、親友二人(慎、淳也)と学校の裏山に秘密基地を作っていた。それなりに本格的なもので、板を打ち付けて雨風を防げる三畳ほどの広さの小屋だった。 放課後にそこでオヤツを食べた…

U字溝

実家のある地域では、毎月一回くらい集まって地区の道路の掃除とか酒飲んだりする日がある。 んで、その日は昔からありすぎてもう何を奉ってるかも分からない神社だかお寺を掃除する日だった…

古いタンス(フリー素材)

入ってはいけない部屋

俺の家は田舎で、子供の頃から「絶対に入るな」と言われていた部屋があった。 入るなと言われれば入りたくなるのが人の性というもので、俺は中学生の頃にこっそり入ってみた。 何とい…

登山(フリー写真)

伸びた手

8年前の夏、北陸方面の岩峰に登った時の話。 本格登山ではなくロープウエーを使った軟弱登山だった。 本当は麓から登りたかったのだが、休みの関係でどうしようも無かった。 …

神秘的な森

角田の森

あれは小学6年の夏休みの事でした。 友人のHとTが角田の森で遊んでいた時、Hが奥の廃屋へ行ってみようと言い出したそうです。 当時、私達は角田の森でよく遊んでいました。 …