おどって

公開日: 怖い話

2010-08-17-18-59-28

一年くらい前に誰かがテレビで喋っていた話。

ある女の子が夢を見ていた。

夢の中で女の子は家の階段を登っている。

すると誰かに足を掴まれた。

振り向くと皺くちゃの顔した老人が物凄い形相で

「あああって!あああって!」

と、訳の分からない事を喚いている。

女の子はそこで目が覚めた。

気持ち悪い夢だなと思いながら台所に行くと、母親が喪服姿で慌ただしく朝食の準備をしている。

「ほら、あんたも早く準備しなさい!」

どうやら親戚の通夜に行くらしい。

軽く朝食をとって通夜に行くと、線香をあげるよう母に言われた。

座敷に行き、遺影を見た瞬間驚愕した。

なんと夢に出てきた老人だったのである。

そのことを親戚の人たちに話すと、

「○○ちゃんは覚えてないだろうけど、あのおじいちゃんにバレエシューズ買って貰ったり可愛がられてたのよ」

「ちょっと遊びに行ったのかもね」

という事を言われた。

そう言えばずっと前にバレエを少しやっていた記憶がある。

ひょっとしたら、

「おどって!おどって!」

と言っていたのかも。

その日の夜、また同じ様な夢を見た。

同じように足を掴まれ、

「あああって!あああって!」

と喚いている。

女の子は、

「ごめんねおじいちゃん…、私もうバレエやってないの。本当にごめんなさい…」

と言って、冥福を心から願った。

しかし、その老人はまったく聞く耳持たずに

「あああって!あああって!」

と喚き続けている。

女の子は困惑しながらも、老人の言葉を聞き取ろうと試みた。

「あああって!」

「ああわって!」

「かわって」

関連記事

蔵(フリー写真)

土蔵の仏壇

僕の実家には大きな土蔵がありました。先祖代々伝わって来た、訳の解らない掛け軸や扇子や壺などが、山ほどありました。ある日、いい加減古いものは処分しようと、家族総出で整理を…

骨折り

私が中学二年生の時に祖父が死に、その葬儀に行く事になった。当時、北海道に住んでいた私にとって 本州に住んでいる父方の祖父とは会う機会も少なかった。また祖父の性格も寡黙で…

幽霊船

これは、もう亡くなった曾祖父に聞いたお話です。曾祖父が亡くなる数ヶ月前、どうしたことか、親戚を集めて色々な話を聞かせてくれたのです。私の実家は鹿児島県のとある離島なんで…

古民家(フリー写真)

木彫りの仏様

母方の祖母が倒れたという電話があり、家族で帰省した時の話です。祖母は倒れた日の数日後、うちに遊びに来る予定でした(遠方に住んでいるため滅多に来ません)。その遊びに来るこ…

みさきとおばあちゃん

朝起きて家の前でタバコをふかしていると、隣に住んでるAさんに声をかけられた。「○○ちゃん(私の名前)、頼みたい事があるんだけど……。ちょっと、みさき(Aさんの娘さん、小…

折詰め

近所の中華屋でラーメンを食ったんだが、金を払おうとしたら店主がいらないと言うんだ。「今日でお店終わり。あなたが最後のお客さん。ひいきにしてくれてありがとう。これ、おみやげ」と、…

田舎の風景(フリー写真)

スルスル

土地の古老という言葉はすっかり死語ですが、まだ私の子供の頃にはいたんですよね。土地の昔話や、若い皆さんは聞いたことも無いだろう『日露戦争従軍記』というものまで語ってもらったりも…

乾杯(フリー写真)

言えないこと

大学時代の友人から「うちに遊びに来ない?」と電話が入った。声を聞くのは半年振り、実際に会うとなれば1年ぶりにもなるのだな…。そう仕事明けのぼんやりした頭で話半分に聞いて…

小島(フリー写真)

海女さんの心霊体験

私は23歳で、海女歴2年のあまちゃんです。泳ぐのが好き、結構儲かる、という理由でこの仕事をしていますが、不思議な体験をした事があります。 ※ 海女になりたての頃、自分に付い…

ウォーリーを探せの怖い都市伝説

世界中で愛されている絵本が「ウォーリーを探せ」である。何百、へたしたら何千という群衆が描かれた絵本の中から、ウォーリーという一人の男を探す絵本である。ウォーリーの特徴は…