真っ赤な顔面

湖(フリー写真)

中学生の頃、俺は運動部系の体格に似合わず、吹奏楽部に所属していた。

約40名の部員のうち、男子は自分を含めてたった3、4人しか居らず、俺はクラリネットを担当していた。

夏休みになってから県大会へ向けて強化練習合宿をすることになり、山にある宿舎で一週間の合宿が始まった。

宿舎にはクーラーがなく異常に蒸し暑く、しかも窓から虫が入り込んで来ることがしょっちゅうあって、環境はかなり悪かった。

それでも何としても県大会で好成績を収めたかったので、皆で我慢して練習を頑張った。

そして、あのおぞましい事件は合宿5日目の夜に起こった。

その日の夕方の練習が終わってから、部員全員で宿舎の近くにある湖で花火をすることになった。

同じパートのS子が「虫に刺されるから」という理由でどうしても花火に行きたくないと言うので、仕方なくS子を置いて湖に出発した。

S子の友人であるA美、K恵と一緒に湖への道を歩いていると、突然A美が、

「やっぱりS子も連れて来ようよ」

と言い出し、宿舎に引き返すことにした。

宿舎へ戻ると、A美は個室に行ってS子を呼んだ。しかしS子が居ない。

3人で手分けして宿舎を探してみたが、S子はどこにも居なかった。

どこかで擦れ違ったかもしれないと思い、再び湖に向かった。

湖に着くと、既に花火が始まっていた。そこでもS子を探してみたが、やはり居なかった。

顧問の先生にS子が居なくなったことを告げると、S子は確かにさっきまでここで花火をしていたという。

俺は少し不思議に思ったが、取り敢えず3人で湖の周りを探してみることにした。

湖のボート乗り場までやって来た時だった。

何気なく向こう岸を見ると、S子らしき人間が湖のほとりに立っていた。

「おーい、S子!」

A美とK恵が大声で叫んだが、向こうは何の反応もない。

俺はよく目を凝らしてS子の方を見てみた。

向こう岸までやや距離があり、しかも暗くて視界が悪かったのではっきり見えなかった。

しかし「ドーン!」という大きな打ち上げ花火の音と共に、湖が鮮やかに照らし出された時、俺たちはS子を見てぎょっとした。

確かにそれはS子だった。彼女の着ている白のワンピースには、はっきりと見覚えがあった。

だが、S子の顔は信じられない程グシャグシャに潰れていた。

血だらけで、目や鼻、口の位置が全く掴めない。

それが本当に顔であるかどうかも分からない。まるで顔面だけミンチにされたかのようだった。

「イヤァァァァァ!!!」

A美が叫んだ。K恵は涙を溢しながらただ震えていた。

S子はグシャグシャの顔面をこちらに向けたまま、もはや存在しない目でこちらを凝視していた。

顔はないのに、俺たちの方を見ているということだけは分かった。

その時、俺はあまりの恐怖で、2人を湖に置いたまま森の方に逃げ出してしまった。

全て忘れて、ひたすら全力で走っていた。

皆が花火をしている場所まで戻って来るのに、5分と掛からなかったと思う。

その時の俺は完全に気が動転していたので、今でも皆に何を喋っていたのか覚えていない。

少し落ち着いてから、俺はA美とK恵をボート乗り場に置いて来てしまったことを思い出し、それを伝えて部員全員でボート乗り場まで探しに行くことになった。

部員はみな半信半疑で、冗談を言う人も多かったが、顧問の先生だけは険しい表情だった。

部員が「本当にS子どうしちゃったんだろう」と先生に訊くと、

先生は「きっと大丈夫だ…顔がグシャグシャってのは、いくら何でもあり得ないよ、はは」

などと軽く笑いながら言っていたが、顔は引き攣っていた。

部員全員で湖の辺りを探したが、結局S子は見つからず、ボート乗り場で倒れているA美とK恵だけが見つかった。

その日は夜も遅かったので、そのまま宿舎に引き返すことになり、S子の行方は判らずじまいだった。

次の日になって顧問は警察を呼び、湖周辺を捜索してもらったところ、信じられないことにボート乗り場の近くの水の底からS子の死体が見つかった。

しかもどういう訳か、死体の首は鋭利な刃物で切り取られたかのようになくなっていたそうだ。

突然の出来事に狼狽え、泣き出す部員が殆どだった。

部員には警察からの質問がいくつかあったが、

「最後にS子さんと接触した場所はどこだったか」

という質問に対しては、殆どの部員が宿舎と答えたが、先生も含めて5人は花火をしている時に湖で見たと答えた。

しかし5人とも彼女と直接話したりした訳ではなく、ただ姿だけを見たと言うのだ。

合宿は中止になり、部員達はバスで学校に戻ってそのまま解散ということになった。

警察はこの出来事を殺人事件として調査を続けたが、結局その後、湖では何も見つからず、事件の真相は謎のままだった。

A美とK恵は精神的に参ったせいか、夏休みが終わっても部活どころか学校にすら来ることはなかった。

そしてある日、顧問の先生に呼ばれ、こんな話を聞かされた。

あの日の夜。先生は花火をしている時にS子の姿を確認しているが、その後見失い、暫くしてから湖の向こう岸に居る彼女を見たそうだ。

その時は花火の光もあり、何かの見間違えだと思っていたそうだが、向こうに居たS子の顔面は赤ペンキで塗り潰したかのように真っ赤に染まっていたと言う。

関連記事

神社の生活

これは5年程前から始まる話です。当時、私は浮浪者でした。東京の中央公園で縄張り争いに敗れて、危うく殺されかけ追放された後、各地を転々とし、最後に近畿地方のとある山中の神社の廃墟…

ゆかりちゃん

ゆかりちゃんという女の子がいた。ゆかりちゃんは、お父さん、お母さんと3人で幸せに暮らしていた。しかし、ゆかりちゃんが小学校5年生の時に、お父さんが事故で亡くなってしまった。 …

あの時、手を貸していたら…

あれは、私が中学生の時の事でした。塾を終え家路についていた私は、星を見ながらのんびりと自転車を漕いでいました。時間は22時過ぎだったでしょう。家も近くなってきた頃、前の方に自転…

田んぼ

蛇田

自分の住んでいる所は田舎の中核都市。田んぼは無くなっていくけど家はあまり建たず、人口は増えも減りもせず、郊外に大型店は出来るものの駅前の小売店は軒並みシャッターを閉めているよう…

祭祀(長編)

近所に家族ぐるみで懇意にしてもらってる神職の一家がある。その一家は、ある神社の神職一家の分家にあたり、本家とは別の神社を代々受け継いでいる。うちも住んでいる辺りではかな…

旅館(フリー素材)

仮母女(かもめ)

若干の脚色はありますが、友人の兄の体験を本人目線で書いたものです。 ※ 今日は彼女の洋子と初めての一泊旅行。と言っても、家から電車で二時間ほどの県内北部にある温泉旅館だが…。 …

夜道(フリー写真)

連れて帰ったもの

私が小学3年生の夏休みに体験した話。私が住んでいた所は凄い田舎で、地域の子供会の恒例行事で七夕会があった。七夕はもう過ぎているけど、要するに皆で集まって、クイズなどの出…

夜の街灯(フリー写真)

迎えに来た叔母

20年近く前、まだ私が中学生だった頃の事です。当時、親戚のおばさんでTさんという方がいました。小さい頃は気さくでよく喋る方だったのですが、旦那さんが病気で亡くなってから…

お嬢さんは地獄に落ちました

ある病院に、残り3ヶ月の命と診断されている女の子がいました。友達が2人お見舞いに来た時に、その子のお母さんは、まだその子の体がベットの上で起こせるうちに最後に写真を撮ろうと思い…

女性

リゾートバイト(後編)

俺達は死んだように眠り、翌日、離塵さんの声で目を覚ました。「皆さん、起きれますか?」特別寝起きが悪い樹を、いつものように叩き起こし、俺達は離塵さんの前に3人正座した。 …