とある物件

this-sad-eye-seems-to-have-roots-for-eyelashes-in-this-abstract-painting-by-shann-larsson

今から8年くらい前のITバブルと呼ばれていた頃の話です。私が学校を卒業し、新卒でとある自称IT関係という会社Aに就職いたしました。

当時私は就職活動を適当にしていたため、3月くらいまで職がない状態で、会社Aから内定通知が来た時「渡りに船!!なんてついているんだろう」とまあ、大喜びをしておりました。

会社Aというのは、設立10年程の小さい会社で、大阪市内の雑居ビルの中に事務所を抱えており、社員は私を含めて20人程の会社でした。

新卒は私を含めて5人、設立以来初めて新卒者を取ったということもあり、社長含め会社全体で物凄く歓迎していただきました。

IT関係と一口に言っても業種は幅広いものです。会社Aが行なっていたIT事業というのは、PCのセットアップやソフトのインストール等でした。

PCをある程度知っている人間なら出来る代物です。当然のことながら、まともな売り上げなんかあがるわけはないし、大手の企業もやっているのでかなり厳しい状況でした。

そんな中で私が配属されたのがIT推進事業部、部といっても6人程度新卒者は全員この部に配属され、研修を受けておりました。

1ヶ月程経った時に配置転換が行われました。新卒者の適正や希望などを考慮して再配属するとうものです。

私自身はPC系の専門卒者であり、ほかの新卒者よりもPCに詳しいということでIT事業部にそのまま残る形になりました。

ここでまあ衝撃といいますか、違う部署に移った人間から面白い話を聞かされました。

会社Aというのは、現在IT関係をメインにやっていこうとしている会社だが、売り上げのメインは金融および不動産仲介元々は金融会社だったと…。

ここで誤解されるとまずいので補足しますが、怖い金融会社ではありませんでした。社長はビジネスとしてのIT系のビジョンを持っており、私たち新卒者をいずれIT系の主力として頑張ってほしいと言っておられました。

とまあ混沌とした会社でした。

会社に入って1年程経った時に、この会社Aの命運を決める自体が発生いたしました。

不動産仲介業。私自身はこっちの業務はまったく無知です。

会社の中堅のTWさんが、市内のとある物件を扱ったというのが原因のようです。

何が起こったかというと、結果から言うとこの物件に関わった人間、私含めて全員怪我とか不幸が多発しました。

・私は左足がやや不自由

・同期の人間 YT 左半身不自由

・同期の人間 MK 左手指3本切断及び身内に不幸

・中堅 TWさん 行方不明

・中堅 SYさん 左足を大怪我及び身内に不幸

・中堅 WMさん事故でお亡くなりになられました

・社長 莫大な借金と保証で行方不明

その他経理の方とかが、左目に出来物ができたり左手を怪我したり滅茶苦茶でした。

事の流れはこうです。

世の中がY2K(2000年問題)が近いと騒いでいた夏の頃でした。

会社の中堅TWさんが、知り合いか友人か何かの不動産物件の委託を受けたそうです。この方は社長とも顔見知りで、よっしゃよっしゃで引き受けたそうです。

中堅TWさんに新入同期のYTが部下みたいな形で付くことになりました。YT自体は営業畑希望でTWさんがこの物件を俺に任せると言ってくれたよと喜んでたのを憶えています。

YTが色々営業などでこの物件を売り込んでたようですが、一向に売れ中ったらしく大分苦労していたみたいです。

初めて任された物件ということもあり、こまめに管理業務なども行なってたようです。

最初に事が起こったのが確か秋ぐちだった思います。YTが出社してこない家に電話しても、携帯に電話しても連絡が取れないということで大騒ぎになりました。

中堅TWさんはどういう理由でその物件にいったのは知りませんが、その物件(一軒家)の中でYTが倒れているのを発見しました。

詳細は省きますが、YTがその物件を見に行った。色々チェックして帰ろうかという時に、猛烈な眠気に襲われて眠ってしまった。気が付いたら病院だった。

YT自体は元気でしたが、脳に出血があってそれが原因で倒れ、左半身に障害が残るという結果になったということでした。それが理由になりYTは会社を去ることになりました。

中堅TWさんは酷く落ち込んだようで、俺が一緒にいればと言っていたのを憶えてます。

その物件の管理業務をMKが引き継ぐことになり、しばらくして社内でMKが病院に担ぎ込まれたと騒ぎになりました。

詳細はMKがチェックを終えて帰ろうとしたした時、門で指を挟んで飛ばしたということでした。

なんでもない事故のようでしたが、また例の物件だったということもあり「あそこになんかいるんじゃね?」とまあ話題にのぼりました。

MK自体は手術ですぐに接合したということもあり、左手が使いにくいと言いながらも会社には来ていました。

事故原因は、靴に汚れが付いてるのをみつけて、拭こうとしてこけない様に何気なく左手で門をにぎったら、自分の体重で閉まってしまって指をとばしたということでした。

しばらくして、田舎の両親が不幸になり、家業を継ぐからと会社Aを去りました。

後で聞いた話ですが、MKの田舎の両親は車の事故で車と遺体が原型を留めてなかったそうです。

その時はその物件がどうというのは誰も真剣に考えませんでした。

YT、MKと3ヶ月程で社員が2人も減り、社内はちょっとした混乱が起こってました。

その時に例の物件の管理は中堅TWさんに移っていたようです。

新年を迎え、社員一同が仕事始めで社長の挨拶を聞くために集まりましたが、中堅TWさんの姿はこの時にはありませんでした。

しばらくして私の上司に当たるSYさんに「TWさん最近みかけないっすね?」と何気なく聞いたことがありました。

その時の返事は「年末で退職した」でした。酷く驚いたのを憶えております。

1月が終わるか終わらないかの頃、社内の経理や総務の人間がやたら眼帯や、左手に包帯を巻いていて、社長が「正月気分が抜けてないようだから気を引き締めるように!!」と通達してたのを憶えています。

その頃に上司SYさんから「IT住宅というのはどうだ?」というのを聞かされておりました。要するに会社Aの不動産物件にIT関連の設備を付けて売るということです。

SYさんは「まだどこもやってない新しいビジネスにな。、成功したら、うはうはだぞ!!」

私「うはうはですか? もしかしてあんな事やこんな事も。うへへへ」

元々私は貧乏人の子せがれで一攫千金のプチ野望をこの時は抱いていたので、光通信や館内LAN等を詳しく調べて、IT住宅案件というのをSYさんと一緒にやることになりました。

2月の初旬にはSYさんから、例の案件社長がGOをだしたのでやるぞということで、モデル物件に足を運ぶようになりました。

新築ではお金がかかり過ぎるため、すでに建っている物件にLAN配線をするというのが大まかなプロットです。今となってはどこでもあるような物です。

このモデル物件が例の物件でした。

当初、私はまったく知らされていませんでした。恐らく社長は薄々おかしいと気が付いてたんじゃないかと思います。早目に手放すために、この物件を候補にあげたような気がします。

普通の建売住宅で白い壁の外観2階建て、車一台が停められる駐車場と、どこにでもあるような家でした。

SYさんと物件を見ながら、どこに何をつけてどういう配線をするかなどを話しておりました。無論霊感なんぞ1ミリもありません。

今でも日にちをよく憶えてます。

2月13日、2回目か3回目にその物件に行った時です。私は屋内配線をするためにその家の壁材やら柱と柱の隙間など図面を持って調べてました。

しばらくしてなにやら外でSYさんが大声で叫んでるので、外に出ました。

見た光景が SYさんを中心に血の海、SYさんが大声で泣き叫んでました。

「医者、医者ああああああああああ お前殺すぞああああいhjj@ll;;」

私は大慌てで救急車を呼び、会社に連絡して病院に付き添いました。SYさんから後で聞いたのですが、家の外まわりを見て回ってると、私がSYさんを呼ぶ声がする、表の方に行くと見当たらない。

すると家の上の方から「おーい、うぉぉぉい」と聞こえたそうで、上を向くとアンテナが折れて落ちてきた。

八木アンテナてやつですか。左足太もも数箇所に穴をあけて貫通して刺さった状態に…。

それから2、3日は色々ごたごたあってその物件のことを忘れてました。アンテナの老朽化による事故で片付けられました。

SYさん自体の怪我は、まあ結構きつい状態でしたが、例のIT住宅案件は進められるという感じで、確か2月18日辺りに「あの案件進めろ。俺はちょっとまだ動けないがWMが協力してくれるから、見積もりあげて来い」と命令されました。

2月19日、WMさんと一緒に例の物件に行きました。まだ玄関に血の跡が残っていて、WMさんが「すげぇな。血が乾くとこんな色になるんやな。アンテナも修理やな。お前、これ一回きれいに水か何かで掃除しないと、変な噂立つかもな。あははははは」

私は「変な噂って、ただの事故ですよ。余程YTとMKが関わっていた物件の方が怪しいですよ」

WMさん「なに言ってるん? それここやで。お前知らんかったん?」

私「ええええええええぇえ!は? は? ここぉ!?」

私はSYさんから聞いた話をWMさんにその場で話しました。

WMさんは「うーーん。おかしな話やなあ。そういやTW、憶えてるか?」

私「年末に退職したてSYさんから聞きましたけど?」

WMさんはにやにやしながら「あれな、退職ちゃうねん。ほんまはな、行方不明」

「年末にTWから電話が一本あってな。『ちょっと寄るところあるから遅れます』てな。それから連絡なし。奥さんも捜索願いを出して会社の方にも警察来てるで、もちろん社内には秘密」

私「…まじすか? この物件が原因ですかね?」

WMさん「そんな非科学的なことあらへんよ。ここ事故物件でもないし、全部偶然でしょ」

そんなこんなでWMさんとその物件で後始末やら準備をしていました。

LANに詳しいかたならお解りになると思いますが、LANを屋内に這わす時にコンセント形式が使いやすくて便利でして、ローゼットというものを使用します。電源タップに近いものだと思ってください。

私は各部屋にローゼットを設置するための場所決めをしておりました。そろそろ終わろうかなと思っていた矢先、2FからWMさんが「おーい おーい」と呼ぶ声が聞こえたんで、階段をとんとんと駆け上がった瞬間に、なんでしょうね、突き飛ばされたというか、壁に当たったというか、まったく予期してない方向にバランスを崩したんです。

階段から後ろにこけて、首をグキリというか、ごりっというか、バクテンを失敗したような状態で落ちて、その後にお腹を階段の段の角っちょに…。

なんでしょうかね。

大根おろしを擦るような感じですね。ごりごりって感じです。床まで落ちた後に背中になんとも表現しがたいものすごい痛みがビキッと走りました。

2Fの階段上から1Fの床に叩きつけられてすぐに起きようとしたのですが、頭と背中にとんでもない激痛が走って、人間こういう時声がでないんですよ。

口をぱくぱくしてると1Fの奥からWMさんが出てきて「なんの音や!? どーしたんや!」

情けないことにその場で失神してしまい、気が付くと病院でした。頚椎の捻挫及び、椎間板ヘルニアこれが私の診断結果です。

医者には階段から落ちた程度では普通こんなんにならないよと言われ、1ヶ月近く入院するはめになりました。

今はほぼ回復しましたが、椎間板ヘルニアで左足神経を圧迫して最終的に左足に痺れが残る形になっております。

3月半ば、私が病院を退院して松葉杖をつきながら会社に行くととんでもない事になっていました。

4月に会社を解散して自主廃業しますと言われました。

・この時点でSYさんは退職

・WMさんは事故で急死

・社長は行方不明

・他6人が退職済み

・私を含め残っているのが8人

半年で社員が半分以下になっており、管財人という人と専務が色々やっていました。

詳細です。

3月半ば、私が病院を退院して松葉杖をつきながら会社に行くと看板がなくなっていました。

社内に入ると、半ば片付けられ閑散とした風景が目に入ってきました。私が驚いて中を見渡していると、すぐに専務のところに来てと呼ばれました。

応接室…。応接室だった場所に専務と経理の偉い人が待っており、すぐに「大変だったね 退院おめでとう。大変申し訳ないんだけど、会社廃業することに決まったから…きちんと退職金とかはできるだけ出すから…。本当に申し訳ない」

私「倒産ですか? 何があったんでしょうか?」

専務が「倒産というか、今の会社の状態ではもう営業が続けられないのよ」

と、こんな感じでやり取りをしました。

専務の話を要約すると、私がアクロバチックな事故で入院した後、SYさんとWMさんが例のIT住宅案を進め工事完了。2月後半には売りに出すというところまでこぎつけたそうです。

その後すぐにWMさんが単独事故を起こし、お亡くなりになったそうです。場所とかは聞いていませんが、運転中の心臓発作が原因と聞いています。

SYさんの方は奥さんが病気との理由で、3月前半にいきなり退職したそうです

後に残されたメンバーが仕事を引き継いだようなのですが、この時点でもなお社内では色々な噂が飛び交ってどうしようもない状態になってたようです。

私が入院しWMさんがお亡くなりになった時に、新入社員含め6人が怖いので辞めさせて欲しいと退職願を出したそうです。

社長は夏から続くトラブルに精神的に追い詰められてたようで、専務に全てを任せると言い残して、連絡が取れなくなったそうです。

残ったメンバーと話し合い、専務は自主廃業を決めたそうです。実際には色々とあったようなのですが、細かいことは判りません。

そんな中で私の最後の出勤日を迎え、私と他4人で焼肉に行くことになり、例の物件の話を聞きました。

私「やっぱりあの物件、何かあったんでしょうか?」

Aさん「そうじゃないんじゃないかなあ…」

私「なんでです? あれ扱ってからおかしな事が続いて、会社もなくなった。そんな気がするんですよ」

Bさん「うーん、まあいいか…。最後だし…。実はね、あの手の奴はあの物件を扱う前からちょくちょくあったんだよ」

私「は? 人が怪我したり、えらい目に遭うってことですか?」

話を要約すると、今の会社Aの前、社長が独立する前に勤めていた金融会社が俗に言うそっち関係で、死人が出たりとかなりキツイ商売をしてて、その金融会社にも似たような事件が起こったそうです。

社長はそれが怖くなったのと、その商売のやり方がどうしても納得ができなくて、独立することにしたそうです。

社長を慕ってついてきたのが専務とTWさんSYさんと何人かの創設時のメンバーだったそうです。

例の物件は、前の金融会社の時の知り合いから紹介されたものだったようです。

物件自体は普通の代物で、違う会社に移されてからは何も起こってないらしいです。

Bさん曰く、あれで前の会社と接点を持ったのが原因じゃないかなあ。金融屋って、身に覚えのないところで恨まれること沢山あるからねと仰っていました。

はっきりした原因は未だに判りません。もしかしたらただの偶然が重なっただけかもしれません。

私は今は他の会社に勤めています。その後メンバーがどうなったまでは知りません。

あの物件が原因だったのか、前の金融会社が原因だったのか、それとも他に何かあったのか…。今でも不思議に思います。

関連記事

夜の山道

ヤマメ

あれは母の実家から帰る途中での出来事。 母の実家はG県の田舎で、夏はキャンプ、冬はスキーをする人が来るような山の中。 お盆の時期になり、母が祖父の家に帰るらしいので、3人で…

為松の竹林

昔、うちの近くの山の麓に「為松の竹林」と呼ばれていた場所があった。 文字通り竹林だったらしいが、戦後は住宅地になり、それを知る年寄りももう殆どいない。 竹林になる前、明治・…

山道(フリー写真)

かなめさま

長くなるがどうか聞いて欲しい。 俺が昔住んでいた場所はド田舎で、町という名前は付いていたものの、山間の村落みたいな所だった。 家の裏手の方に山道があり、そこに「かなめさま」…

アパートの磨りガラス(フリー写真)

同じ長さの髪の毛

ちょうど一昨年の今ぐらいの時期に起きた出来事。 大学のサークルの友人Aが、 「引っ越しをするので手伝ってくれ」 と言って来た。 お礼に寿司を奢ってくれると言うの…

林(フリー写真)

お姉ちゃんと鬼ごっこ

神隠しみたいなものに遭ったことがある。小学一年生の夏休みのことだ。 実家はいわゆる過疎地にあり、地域には同い年の子が数人しか居なかった。 その日は遊べる友達が居なかったので…

オフィス

引き出しの中

自分が実際に体験した訳ではないのだけど、最近あったぞっとした話。 今年の3月、会社で人事の入れ替えがあったんだけど、ベテランのSさんが地方に異動になり、私のフロアには新人のT子が…

雪山(フリー写真)

鎖で封印された祠

『牛の首』という江戸時代から伝わる怪談があるが、俺の田舎にもそれに類する伝説があった。 標高200メートルくらいの山があった。山と言うより、丘に近い感じだ。 地元の人たちは…

夜の森(フリー写真)

慰霊の森

岩手県にある慰霊の森。 かつて飛行機の墜落事故があり、それ以降は心霊スポットとしても有名である。 これは俺の先輩がそこで体験した話。 ※ ある夜、先輩は友人達と集まって…

夜のビル群(フリー写真)

モニターに映る影

俺が警備員をやっていたのは、テナントが幾つか入っているビルだった。 常駐警備員というのは、途中に待機時間があるくらいで、基本的に交代制の24時間勤務なんだよ。 故に深夜ビル…

エスカレーター

私がビル警備員のバイトをしていた時の話です。 場所は都内のSデパートですが、当時でも既に一般的な設備は乏しく防火シャッターの開閉は勿論、エスカレーターやエレベーターの設定変更等も…