クシャクシャ

o0800053312602365946

その日はゼミの教授の話に付き合って遅くなり、終電で帰ったんだ。

俺の家は田舎で、それも終電という事もあり俺以外は車内に人は居なかった。

下車するまでまだ7駅もあったから、揺られながらウトウトしてた。

でも気がついたらやけに寒い。クーラーの効きすぎかと思ったけど何かが違う。

そして、その時気付いたんだが、さっきからスーパーの袋をクシャクシャに丸めるような音がする。

その音が頭上近くから聞こえることに気付き、ふと上を見ると荷物を載せる網棚に誰か寝転がってた。

俺が座ってたのは出入り口のすぐ傍の補助席に座ってたんだが 、奴は向いの補助席の真上で覗き込むように網棚に体を横たわらせてニタニタと笑っていた。

ボサボサの髪に顔が紫がかった土気色で、皮膚はひび割れ、男なのか女なのかも、若いのか老いてるのかも分からなかった。

聞こえていた「クシャクシャ」という音は、奴の吐息交じりの声だった。

奴の目は俺には向いていないが、せわしなく動いている。

こいつと目を合わせちゃいけないと本能で感じたが、俺は眼を逸らす事が出来ない。

なぜか目の動かす方法を完全に忘れていた。

逃げようにも最後尾の車両で逃げるには奴の横を通るしかない。もう俺はパニックだった。

相変わらず奴は「クシャクシャ」と聞き取れない言葉を発しながら黄ばんだ目玉をギョロギョロさせてる。

もう精神的に限界になりそうな時、駅に着いた。

転がるように電車を飛び出したが、目の端で奴がこっちを見たのが分かった。

2駅分自宅まで歩く羽目になったが、奴と同じ空間に居る方が俺には耐えられなかった。

ところで、さっきから隣の部屋から「クシャクシャ」音がするんだけど、猫が遊んでるだけだと信じたい。

田舎(フリー素材)

ワラズマ

子供の頃に変なものを見た。遠縁で実際は血が繋がっていないんだけど親同士の仲が良いので、俺は夏休みになると毎年○家に何泊かしていた。俺はその頃4歳くらいだった。 ※ …

裏山

危険な好奇心(中編)

山を降り、俺達は駅前の交番へ急いだ。『このカメラに納められた写真を見せれば、五寸釘の女は捕まる。俺達は助かる』その一心だけで走った。途中でカメラ屋に寄り現像を依…

田んぼ

蛇田

自分の住んでいる所は田舎の中核都市。田んぼは無くなっていくけど家はあまり建たず、人口は増えも減りもせず、郊外に大型店は出来るものの駅前の小売店は軒並みシャッターを閉めているよう…

タクシー(フリー写真)

タクシーの先客

M子さんは、新宿から私鉄で一時間ほどの所に住んでいる。その日は連日の残業が終わり、土曜日の休日出勤という事もあって、同僚と深夜まで飲み終電で帰る事になった。M子さんの通…

みさきとおばあちゃん

朝起きて家の前でタバコをふかしていると、隣に住んでるAさんに声をかけられた。「○○ちゃん(私の名前)、頼みたい事があるんだけど……。ちょっと、みさき(Aさんの娘さん、小…

渦人形(長編)

高校の頃の話。高校2年の夏休み、俺は部活の合宿で某県の山奥にある合宿所に行く事になった。現地はかなり良い場所で、周囲には500~700メートルほど離れた場所に、観光地の…

山(フリー写真)

山に魅入られる

小学校5年生の頃、私が祖母の家に遊びに行った時の話。当時は夏休みになると祖母の家に何週間も泊まりに行くのが定例となっていて、地元の子供達とも夏休み限定の友人として結構打ち解けて…

雪山(フリー写真)

埋めたはずなのにな…

ラジオで聞いた、カメラマンの方が体験した話。 ※ ある雪山へ助手と撮影に行った。雑誌の仕事だった。撮影何日か目に助手が怪我をした。まだ予定枚数が撮れていないので、雪…

後女

中1の頃の夏でした。私の祖母の一番上の兄、泰造さんが亡くなりました。といっても、私は泰造さんとは殆ど面識がなかったのですが、夏休みということもあり、両親と共にお葬式に出…

邪視(長編)

これは俺が14歳の時の話だ。冬休みに、N県にある叔父(当時まだ30代)の別荘に遊びに行く事になった。本当は彼女と行きたかったらしいが、最近別れたので俺を誘ったらしい。小…