『コ』の字の家

宿

私の家は都市から少し離れた町にあり、日本家屋が立ち並ぶ場所にありました。

近所の噂では、元女郎宿を改築した家らしいです(改築したとは言え、かなり古い家でしたが)。

その家は丁度カタカナの『コ』の字の形で、2階建てでした。

『コ』の字の空白の部分は中庭になっていて、1階の中庭に沿っている廊下から庭に降りられました。

2階にも中庭を見渡せるよう窓付きの廊下が沿っていました。

さて、私は夏休みに、『コ』の字で言う縦棒の2階にある、暗く広い和室で宿題をしていました。

ここは涼しくて勉強が捗るのです。両親は買い物に行き、私は留守番も兼ねていました。

朝の9時から1時間くらい経った頃でしょうか、私はトイレに行きたくなりました。

トイレは1階と2階にあり、どちらも『コ』の字の下の横線の端っこにありました。

私は中庭を見渡せる廊下を通り、2階のトイレで用を足し、トイレから出ました。

その時、私は何気なく窓を見ました。

そこからは、中庭を挟み『コ』の字の上の横線の端っこにある物置部屋が見えるのです。

なんと物置部屋の襖がガタガタ揺れているのです。私は泥棒だと思いました。

『朝から大胆だな~』と思いながらも、実際はとても怖く、足が竦んで動けませんでした。

私はどうするべきが迷いながも、泥棒の顔を見てやろうと思い、もう一度トイレに入ってドアを少し閉め、隙間から正面の物置部屋を覗いていました。

その時です、私は一生忘れられない光景を見ました。

ガタガタ揺れていた襖がピタリと止まったかと思うと、突然スーッと開いて中から女性が出てきたのです。

その女性は上半身裸で、真っ白い肌が印象的でした。

下半身には着物みたいなものを巻いていました。

髪はボサボサで、全体的に気だるそうでしたが、目だけは血走っていたように思います。

私は本当に腰を抜かしてしまいました。

どう見てもこの世の者とは思えなかったからです。

それに近所の噂になっている「この家は元女郎宿」という事も思い出しました。

その女幽霊は宙を睨んでいたかと思うと、急に歩き出しました。速度はゆっくりでした。

じっと見ていると、なんと『コ』の字の廊下を沿って歩いて来るのです。

このままではこちら側のトイレに来てしまいます。

しかし私は腰を抜かして動けません。

女幽霊は歩いて来きました。

そして、『コ』の字の縦線のところにある、宿題をしていた和室まで来た時に突然スーッと和室に入りました。

私はチャンスだと思い、自分に気合いを入れ、トイレを出て中庭に飛び降りようと決心しました(そんなに高くないし、夜遊びする時はよく飛び降りていたので)。

そして、ドアをソローっと開けた瞬間でした。

女幽霊が和室から凄い勢いで飛び出て来ました!そして窓越しに私の姿を見た途端、凄い勢いでこちらに走って来ました。

私は殺されると思い、窓を開けて大ジャンプをして飛び降りました。

着地に失敗しましたが、構わず玄関に向かいました。

女幽霊が2階から降りて来ると思ったのです。

私は外に飛び出すと、向かいの祖母の家に転がり込み、「おばあちゃん、おばあちゃん、幽霊がくるー!」と叫びました。

祖母は凄い勢いで来てくれました。

私の異常な状態にすぐ気付いてくれたのか、玄関を閉めて私を引き摺るように家の中に入れてくれました。

私は今見た事を震えながら話すと、優しい祖母の顔が段々と険しくなっていきました。

そして、台所に行き塩の壷を持ってくると、私を連れて『コ』の字の家に行きました。

祖母はダダッと2階に駆け上がり物置部屋まで行くと、中に向かって

「なにしよるんや!この子に手だそうとしたんか!この子に手だしてみぃ、私が承知せえへんで!

わたしの前に出てきてみんかい!塩まいたるわ!」

と叫びました。

その時、部屋の中でガタガタと音がして、すぐに止みました。

祖母は「もう大丈夫よ。怖かったやろ~」と言い、両親が帰って来るまで一緒に家にいてくれました。

私は祖母に色々聞いたのですが。祖母はニコニコしながら「わたしもようわからんけど、この家はアレやったからな~」と言いました。

私は『やっぱりこの家は女郎宿だったのか』と思い、それ以上は聞くのをやめて2人で高校野球を見ていました。

それからその家では何も起こりませんでしたが、私が高校に入ると同時に引越しをしました。

祖母は車椅子生活になりましたが、今でも元気です。怒った顔はあれ以来見ていません。

『コ』の字の家は取り壊されました。取り壊す時、解体業者の人が何人か怪我したみたいです。

落ちるおじさん

先日、大学の同期の友人と久々に食事した時の話。 友人は大阪に出て技術職、私は地元で病院に就職しましたが勤めている病院は古く、度重なる増改築で構造はぐちゃぐちゃ。 たまに立ち…

山

土着信仰

俺の親の実家の墓には、明治以前の遺骨が入っていない。 何故かと言うと、その実家がある山奥の集落には独自の土着信仰があり、なかなか仏教が定着しなかったから。明治まで寺という概念すら…

オートロック

幽霊がいるって信じてないんだけど、一度だけ不思議な経験をしたことがある。今思ったら怖い体験なんだけど…。 4年前、神戸に住んでいた時、警備会社でアルバイトしてた。 大概夜勤…

病院で会ったお婆さん

この話は実話です。私自身も体験したことなのですが、当時は何も気付きませんでした。 ※ それは私がまだ幼い頃です。記憶は曖昧なのですが、確か妹がまだ赤子だったので、私は小学生の低学年…

クシャタ様

4月の中旬頃、高校の時の男友達から電話があり、二人で飲むことになったんです。 高校の時はそれなりに仲が良かったのですが、大学に進学してからは会うこともなくなり、話すのは2年ぶりで…

老婆の顔

これは私が中学生の頃の話です。 朝練のために朝早く登校した私の友達が、運悪く学校の近くの川で自殺したおばあさんを見つけてしまったのです。 その日はもちろん大騒ぎになり、友達…

火柱

人型焼き

ある夏の日の話をしようと思う。 その日は、前々から行くつもりだった近場の神社を訪ねた。 俺には少々オカルト趣味があり、変な話や不思議な物等が大好物だった。 この日も、…

父親の不思議な体験

うちの父親の話。幼少の頃から不思議な体験が多いらしい。 ※ 不思議な体験 - 其の一 60歳近いけど昔から魚釣りが趣味で、小さい頃に兄と幅50メートルくらいの川に釣りに出掛け…

ストーカー

俺が友達の女の子の家に泊まりに行った時の事。 彼女は前からストーカー被害に遭っていると言っていたんだけど、まあ正直特別可愛い子という訳じゃないし、男からすればストーカーどころか痴…

石段

黒い鳥居

これからするお話は、今から20年以上前、僕が中学生の時の話です。 当時の僕は悪い先輩達と付き合いがあり、暴走やタバコ、シンナー等、不良っぽい事をして意気がる田舎ヤンキーでした。 …