『コ』の字の家

宿

私の家は都市から少し離れた町にあり、日本家屋が立ち並ぶ場所にありました。

近所の噂では、元女郎宿を改築した家らしいです(改築したとは言え、かなり古い家でしたが)。

その家は丁度カタカナの『コ』の字の形で、2階建てでした。

『コ』の字の空白の部分は中庭になっていて、1階の中庭に沿っている廊下から庭に降りられました。

2階にも中庭を見渡せるよう窓付きの廊下が沿っていました。

さて、私は夏休みに、『コ』の字で言う縦棒の2階にある、暗く広い和室で宿題をしていました。

ここは涼しくて勉強が捗るのです。両親は買い物に行き、私は留守番も兼ねていました。

朝の9時から1時間くらい経った頃でしょうか、私はトイレに行きたくなりました。

トイレは1階と2階にあり、どちらも『コ』の字の下の横線の端っこにありました。

私は中庭を見渡せる廊下を通り、2階のトイレで用を足し、トイレから出ました。

その時、私は何気なく窓を見ました。

そこからは、中庭を挟み『コ』の字の上の横線の端っこにある物置部屋が見えるのです。

なんと物置部屋の襖がガタガタ揺れているのです。私は泥棒だと思いました。

『朝から大胆だな~』と思いながらも、実際はとても怖く、足が竦んで動けませんでした。

私はどうするべきが迷いながも、泥棒の顔を見てやろうと思い、もう一度トイレに入ってドアを少し閉め、隙間から正面の物置部屋を覗いていました。

その時です、私は一生忘れられない光景を見ました。

ガタガタ揺れていた襖がピタリと止まったかと思うと、突然スーッと開いて中から女性が出てきたのです。

その女性は上半身裸で、真っ白い肌が印象的でした。

下半身には着物みたいなものを巻いていました。

髪はボサボサで、全体的に気だるそうでしたが、目だけは血走っていたように思います。

私は本当に腰を抜かしてしまいました。

どう見てもこの世の者とは思えなかったからです。

それに近所の噂になっている「この家は元女郎宿」という事も思い出しました。

その女幽霊は宙を睨んでいたかと思うと、急に歩き出しました。速度はゆっくりでした。

じっと見ていると、なんと『コ』の字の廊下を沿って歩いて来るのです。

このままではこちら側のトイレに来てしまいます。

しかし私は腰を抜かして動けません。

女幽霊は歩いて来きました。

そして、『コ』の字の縦線のところにある、宿題をしていた和室まで来た時に突然スーッと和室に入りました。

私はチャンスだと思い、自分に気合いを入れ、トイレを出て中庭に飛び降りようと決心しました(そんなに高くないし、夜遊びする時はよく飛び降りていたので)。

そして、ドアをソローっと開けた瞬間でした。

女幽霊が和室から凄い勢いで飛び出て来ました!そして窓越しに私の姿を見た途端、凄い勢いでこちらに走って来ました。

私は殺されると思い、窓を開けて大ジャンプをして飛び降りました。

着地に失敗しましたが、構わず玄関に向かいました。

女幽霊が2階から降りて来ると思ったのです。

私は外に飛び出すと、向かいの祖母の家に転がり込み、「おばあちゃん、おばあちゃん、幽霊がくるー!」と叫びました。

祖母は凄い勢いで来てくれました。

私の異常な状態にすぐ気付いてくれたのか、玄関を閉めて私を引き摺るように家の中に入れてくれました。

私は今見た事を震えながら話すと、優しい祖母の顔が段々と険しくなっていきました。

そして、台所に行き塩の壷を持ってくると、私を連れて『コ』の字の家に行きました。

祖母はダダッと2階に駆け上がり物置部屋まで行くと、中に向かって

「なにしよるんや!この子に手だそうとしたんか!この子に手だしてみぃ、私が承知せえへんで!

わたしの前に出てきてみんかい!塩まいたるわ!」

と叫びました。

その時、部屋の中でガタガタと音がして、すぐに止みました。

祖母は「もう大丈夫よ。怖かったやろ~」と言い、両親が帰って来るまで一緒に家にいてくれました。

私は祖母に色々聞いたのですが。祖母はニコニコしながら「わたしもようわからんけど、この家はアレやったからな~」と言いました。

私は『やっぱりこの家は女郎宿だったのか』と思い、それ以上は聞くのをやめて2人で高校野球を見ていました。

それからその家では何も起こりませんでしたが、私が高校に入ると同時に引越しをしました。

祖母は車椅子生活になりましたが、今でも元気です。怒った顔はあれ以来見ていません。

『コ』の字の家は取り壊されました。取り壊す時、解体業者の人が何人か怪我したみたいです。

蝋燭

キャッシャ

俺の実家の小さな村では、女が死んだ時、お葬式の晩に村の男を10人集め、酒盛りをしながらろうそくや線香を絶やさず燃やし続けるという風習がある。 ろうそくには決まった形があり、仏像を…

夜の山(フリー写真)

奇妙な祠と女の子

高校2年生の頃の実体験を書きます。 夏休み中のある日、俺と友人A、B、Cは、唐突にキャンプに行こうと思い付いた。 そして以前、渓流釣り好きのCの親戚から聞いた、キャンプに最…

呪いの連鎖(長編)

呪いって本当にあると思うだろうか。 俺は心霊現象とかの類は、まったく気に留める人間じゃない。だから、呪いなんか端から信じていない。呪いが存在するなら、俺自身この世にはもう居ないは…

和室

死守り

俺のじじいは柔道五段、がっしりした体格で、土と汗の臭いのするでかい背中。日に焼けた顔。 俺がろくでもないことをする度にぶっ飛ばされた、荒れた手。 素直じゃなくて憎まれ口ばか…

小学校の廊下

←ココ

この間、小学校の同窓会があった。その時に当然の如く話題に上がった、俺たちの間では有名な事件の話を一つ。 ※ 俺が通っていた小学校は少し変わっていて、3階建ての校舎のうち、最上階の3…

日本人女性の目(フリー写真)

最後の一線

ある意味怖く、ある意味笑っちゃうような話なのだが…。 俺が高校一年生の時の話だ。 この頃はもう両親の関係は冷え切っていて、そろそろ離婚かな…という感じの時期だった。 …

トンネル(フリー写真)

幽霊トンネル

実際私の身近に起こったお話をします。 私は当時クラブに通う女子高生で、学校の友達よりクラブで出来た年上のお姉さんやお兄さんと遊ぶ方が好きな子でした。 その時のお兄さん達に起…

釘

恨みクギ

俺が若かった頃、当時の彼女と同棲していた時の話。 同棲に至った成り行きは、彼女が父親と大喧嘩して家出。彼女の父親は大工の親方をしている昔気質。あまり面識は無かったが、俺も内心びび…

炎(フリー素材)

鳴く人形

俺の実家は小さな寺をやっている。 子供の頃から、親父が憑き物祓いや人形供養をしているのを何度も見て来た。 その中でも一番怖かったのが赤ちゃんの人形。ミルクなどを飲ませるよう…

ヒサルキの真相

こんな所でヒサユキの名前に会うとは、実際のところ驚いている。 彼女の事について真相を伝えるのは私としても心苦しいが、だがこの様に詮索を続けさせるのは寧ろ彼女にとっても辛いことだろ…