順番待ち

公衆トイレ(フリー写真)

この間、東京に用事があって行ったんだよ。

片田舎からの上京なので朝一の高速バスに乗って、朝9時頃に新宿駅に着いた。

その途中にトイレ休憩もあったんだけど、眠くてずっと寝ていたのよ。

そしたら新宿駅に着いた頃にはウ○コ出たさが最高潮になってしまった。

俺は尻を締めながらバスを降り、新宿駅でトイレを探したんだけど、なかなか見つからないのな、あそこ。

ようやく「TOILET→」みたいな表示を見つけて『やった』と思ったがまだそこには無く、「↑TOILET」「←TOILET」といった風に迷路みたく歩かされたんだ。

さすが新宿駅だけあって、朝9時で店もあまりやっていないのに物凄い人混みで、真っ直ぐ歩けない程だった。

でもその表示の通りに歩いて行ったら、いつの間にか壁と壁の隙間のような狭い通路に案内され、人も誰も居なくなった。

その頃には俺の肛門は限界寸前だったが、細い曲がり角を曲がった所でようやくトイレを見つけた。

『よし間に合った!』と思ったが、トイレの入り口の前で一人待っている人が居る。

『うわー、こんな奥まった所のトイレなのに順番待ちかよ。さすが新宿駅だな』なんて思っていたら、その待っている人が「あ、お先にどうぞ」と通してくれた。

『え? なんで?』と思いつつ肛門爆発寸前だったので「あ、すいません」と言い猛ダッシュで個室へ。

洋式の便器に座ると同時にウンコ放出。ふう、何とか間に合ったか…と冷静になったところで『あれ?』と思った。

「お先にどうぞ」と言ったさっきの人は、個室が空いているのに一体何を待っていたんだ?

しかも個室は俺が今入っているのを含めて二つどちらも空いていたのに、あいつは何を待っていたんだ?

次の瞬間、閉じたドアと壁の3ミリくらいの隙間から刃物がスッと差し込まれた。

寿司屋が使うような柳刃包丁がスッと差し込まれたかと思うと、隙間を上下に思い切りガチャガチャし始めた。

閉まっている鍵の部分に当たってもおかまいなしで、ガシャガシャグサグサ刺しまくってくる。

俺はあまりのことに震え上がり、便座の上で膝を抱えてじっとするしかなかった。

その内、包丁は反対側の隙間、下の床とドアの隙間からも差し込まれて上下左右に暴れ回ったが、ギリギリ俺の体には当たらずに済んだ。

暫くすると包丁は引っ込んで物音一つしなくなったのだが、俺は恐ろしくてそのまま便座の上で5分くらい固まっていた。

その後、思い切って俺はドアを勢い良く蹴って開けたのだが、もうそこには誰にも居なかった。

『絶対さっきのあいつだ』と思って警察に通報したのだが、状況証拠も何も無く被害も無いので、そのまま有耶無耶になってしまった。

やっぱり東京って怖いわ。

山(フリー写真)

山の掟

親父から聞いた話。 今から30年程前、親父はまだ自分で炭を焼いていた。 山の中に作った炭窯でクヌギやスギの炭を焼く。 焼きに掛かると足かけ4日にもなる作業の間、釜の側…

歯型

これは今から13年前に起きた出来事です。 今でもあれが何だったのか解りません。早く忘れられれば良いと願っています。 当時、私は上京してきたばかりで、右も左も分からない状態で…

滝(フリー写真)

幻の滝

10年程前に体験した話。 ある日、友人に誘われて山奥の渓流に釣りに行った。 自分は釣りは不慣れだったが、友人は釣りに関してはベテランだった。 自分は彼の案内に従い、渓…

指輪(フリー素材)

指輪

以前、井戸の底のミニハウスと、学生時代の女友達Bに棲みついているモノの話を書いた者です。 実は学生時代の話はもう一つあり、それについて最近判ったことがあったので投稿します。 …

滝壺(ゆんフリー素材)

好きだった叔父さん

小学生の頃、家に叔父さんが居候していた。 叔父さんは工場の仕事をクビになり、家賃も払えなくなってアパートを追い出され、毎日やることも無く俺んちでゴロゴロしていた。 収入も無…

病院で会ったお婆さん

この話は実話です。私自身も体験したことなのですが、当時は何も気付きませんでした。 ※ それは私がまだ幼い頃です。記憶は曖昧なのですが、確か妹がまだ赤子だったので、私は小学生の低学年…

ゆかりちゃん

ゆかりちゃんという女の子がいた。ゆかりちゃんは、お父さん、お母さんと3人で幸せに暮らしていた。 しかし、ゆかりちゃんが小学校5年生の時に、お父さんが事故で亡くなってしまった。 …

登山(フリー写真)

伸びた手

8年前の夏、北陸方面の岩峰に登った時の話。 本格登山ではなくロープウエーを使った軟弱登山だった。 本当は麓から登りたかったのだが、休みの関係でどうしようも無かった。 …

夜の街灯(フリー写真)

迎えに来た叔母

20年近く前、まだ私が中学生だった頃の事です。 当時、親戚のおばさんでTさんという方がいました。 小さい頃は気さくでよく喋る方だったのですが、旦那さんが病気で亡くなってから…

裏山

危険な好奇心(中編)

山を降り、俺達は駅前の交番へ急いだ。 『このカメラに納められた写真を見せれば、五寸釘の女は捕まる。俺達は助かる』 その一心だけで走った。 途中でカメラ屋に寄り現像を依…