大東亜トンネル

公開日: 心霊体験 | 怖い話

太平洋戦争

これは自分が大学生だった時の話だ。

当時やんちゃだった自分は、よく心霊スポットに出かけていた。

ある日、遊び仲間の友達が「すぐ近くに幽霊トンネルがあるらしい」と教えてくれた。

早速、週末に数人の仲間たちと一緒にその幽霊トンネルへと出かけた。

自分はこんな近くに幽霊トンネルがあったとは知らなかった。

市街地から車で10分程の所にそのトンネルはあった。

かなり大きなトンネルで、出口が見えない。

奥からは微かに風が不気味な音と共に流れてくる。

トンネルの上部には「大東亜トンネル、昭和十七年三月五日竣工」と書いてあるのが辛うじて読めた。

そして、なぜかトンネルの端っこのレンガが崩れていた。

入り口付近の鉄柵は誰かが蹴り破ったのだろう、中央の部分が大きくひしゃげていた。

自分達はそこから入ることにした。

その時、自分は時計を見た。午前11時30分だった。

かつては蒸気機関車が走っていた鉄道トンネルだったのだろう。天井部分が真っ黒に変色している。

ただ、側壁のレンガだけは何十年も放置されている割には綺麗だ。

最初は緊張していたが、すっかり気も緩んで友達とふざけ合っている時に異変が起きた。

突然、手に持っていた懐中電灯の明かりが消えたのだ。

故障か電池切れ、はたまた接触が悪いのかと叩いたりしてみたのだが、一向に点く気配がない。

薄気味悪くなり皆で立ちすくんでいた時、突然強い風が奥の方から吹いてきた。

友達は我先にと逃げ出した。

自分はと言うと、逃げようとした際に足元の何かに躓いてしまい、尻餅を打ってしまった。

必死に逃げようとするものの、金縛りに遭ったように体が動かない。

その時、前の方から微かに足音が聞こえてきた。

良かった…大方このトンネルはまだ使われていて作業員が点検をしに来たんだ…。

そう思っていたが、後々考えると鉄柵で封鎖されているのに使われているはずがない。

そうしている間にも足音は段々と大きくなり、やがて人影が見え始めた。

案の定、現れた「人」は作業員などではなかった。

防空頭巾を被った女性、顔の半分吹き飛んだ男、半ばミイラになり、目玉が飛び出した男だ。

逃げようとするが、腰が笑って立ち上がることすらできない。

後ずさりすることしかできないのだ。

段々と距離が詰まり、やがて眼の前に近づいて来た時、指に何かが触れた。

それは、先ほど逃げようとして躓いた物だった。

鉄かぶとを被った頭蓋骨だ。

普通ならそちらの方を怖がるのだろうが、冷静さを失った自分は何とも思わない。

なぜだか解らないが、その頭蓋骨が目の前の「人」のものだと直感した。

そして、唐突に「これですね? これでしょう!?」という言葉が口から出てきたのだ。

なぜそのような言葉が出てきたのかは解らないが、助かるにはそれしかないと思った。

効果は予想以上に大きかった。

今まで、あれほど恐ろしい顔をしていた「人」がみるみるうちに変わっていったのだ。

本当の「人」になっていった。

20歳くらいの男性、眼鏡を掛け、襷を肩にかけた男性、お下げの女学生…。

まるで生きているようだった。

その時、後ろの方で叫び声がした。

友人たちが意を決してトンネルの中へと入って来たのだ。

はっとして再び前を見た時、彼らの姿は既に消えていた。

「友達がトンネルから出てこない」と、友人は警察にも通報していたのだ。

役場の人、警察官も総動員の騒ぎとなった。

立ち入り禁止のトンネルへ入ったのだから当然だ。

もちろん、親にも散々怒られた。

その後、「大東亜トンネル」を知っている親戚から話を聞くことができた。

大東亜トンネルは、太平洋戦争が開戦した翌年に完成した。

開戦を記念し、その時の太平洋戦争の名称「大東亜戦争」から付けられた。

このトンネルが心霊スポットと化す原因は、戦時中のある事件からだった。

10両編成のうち、5両に出征兵士を乗せた列車が米軍機に攻撃されたのだ。

その列車は「大東亜トンネル」の手前で攻撃され、トンネル内部で脱線した。

機銃掃射のほか、4発発射されたロケット弾のうち3発が命中、列車は炎上したのちトンネル内部で脱線転覆した。

外れた一発がトンネルの入り口付近に命中した。

端っこのレンガが崩れていたのはそのためだったのだ。

大勢が焼死し、生き残った者もトンネルの密閉空間で発生した煙に巻かれ、大部分が死亡。500人の乗員乗客のうち、生存者は僅か54人だけだった。

時間は昭和20年8月14日の午前11時30分、時間も同じだった。

大惨事だったが、戦時という非常時だったために事件は次第に忘れ去られて行ったのだという。

自分は確信した。あの人たちは、その事を知ってもらいたくて出てきたのだと。

大東亜トンネルは子供が入って来たりして危険なため、取り壊そうという話が何度も出た。

しかし、その度にトラブルが頻発して中止になったのだ。

その騒ぎの後、大規模な慰霊碑が設置され、発見された遺骨も納められた。

それから後、再び取り壊し工事が行われる事になったが、心霊現象はぴたりと止んだという。

そして工事はスムーズに行われ、トンネルは解体されて現在は慰霊碑のみが残っている。

関連記事

ファミレスのバイト

ファミレスでの俺のシフトは、普段は週3日で17時~22時と日曜の昼間。肝試し帰りの客の一人が、憑いて来た霊らしきものを勝手に店に置いて行った後での出来事。 ※ マネージャー…

広島県F市某町の『お札の家』

2年程前の話ですが、つい最近完結した話があるので書いていこうと思います。長くなりそうで申し訳ないのですが、霊感0の自分が唯一味わった霊体験です。広島県F市某町、地元の人…

赤いベストのおっさん

今年の5月の連休だけど、会社の仲間2人と2泊3日の予定で奥秩父に渓流釣りに行った。あのヘリが墜落したり日テレ社員が遭難した4重遭難と言われる事件で、奥秩父は怖いところだと噂が広…

スーパーマーケット(フリー写真)

台風の日の親子

以前スーパーで働いていた時の話。その日は台風が近付いていて、午前中は雨になる前に買い物をしておこうと客がいつもより多かった。夕方を過ぎて雨が本降りになると、客はほぼ来な…

薄暗い校舎の廊下(フリー写真)

入れ替わった鬼

あまりにも不思議で、背筋が寒くなった話。当時、中学3年生だった私。師匠というあだ名の女の子と仲が良くて、よく一緒に騒いでいた。あれは確か冬の雨の日のことだった。…

クロスロード

1930年代に実在した伝説のブルースギタリストのロバート・ジョンソン。アコースティック・ギター1本で弾き語りをして、アメリカ大陸中を渡り歩いた。最初の頃の彼のギターテクニックは…

田舎の風景(フリー写真)

スルスル

土地の古老という言葉はすっかり死語ですが、まだ私の子供の頃にはいたんですよね。土地の昔話や、若い皆さんは聞いたことも無いだろう『日露戦争従軍記』というものまで語ってもらったりも…

姉のアトリエ

10年程前の話。美術教師をしていた姉が、アトリエ用に2DKのボロアパートを借りた。その部屋で暮らす訳でもなく、ただ絵を描く為だけに借りたアパート。それだけで住ま…

骨折り

私が中学二年生の時に祖父が死に、その葬儀に行く事になった。当時、北海道に住んでいた私にとって 本州に住んでいる父方の祖父とは会う機会も少なかった。また祖父の性格も寡黙で…

子供にしか見えない

その友人親子は夕方に近くの公園まで散歩をするのが日課でした。友人の仕事の関係上、いつも日暮れ前には帰宅していましたので、夕食ができるまでの間に4歳になる息子と毎日遊んであげてい…