水槽の中に入っていたもの

aquascapes-aquarium

自分、水槽で海水魚を飼ってます。幅60cm、奥行き30cm、高さ40cmくらいの水槽。

先日、海に行ったときに2枚貝を採集して水槽で飼うつもりで持ち帰った。

水槽に入れる時に貝に何か挟まってて海草かな?と思ったら、髪の毛が数本絡んでた。

採集した海辺は海水浴もできるとこだったし、深く考えないで髪の毛を抜いて、そのまま貝を水槽に入れたんだ。

水槽は、日中暗い部屋に置かれてる。サンゴとかの光を照射しなければいけない生体も入ってるので、照明は私の帰宅する時刻に合わせてタイマーでセットしてある。

仕事は昼から夜11時頃までなので帰宅するのはいつも深夜12時。

ある日部屋に帰って、まだ真っ暗だったので部屋の電気つけようとした時、水槽のフィルターがいきなりガギュルギュルギュルギュルガガガッガッっていう感じの音を立てた。

魚飼ってる人は分かると思うけど、モーターがエアを噛んだ音。水位が低くなるとおこる現象。

暗くて静かだったので、すごくびっくりした。

でも、おかしい。水は満たされてるはず。

「まさか!水漏れ!?」と別の可能性を思いつき、闇の中で床を探った。

探っていたら、いつものタイマーが作動して、照明が付いて水槽の中がパッと明るくなった。

中腰の状態から顔だけ上げて、反射的に水槽を見た。

暗闇の中に、水槽だけが明るく浮かび上がる幻想的ないつもの光景…のはずだったんだけど。

水槽の中に、人間の頭部がまるまる入ってた。

「……ぇ?」

間抜けかもしれないけど、見た瞬間は本当にこの一言しか出なかった。

水の中を長い髪が海藻のように漂ってた。顔は正面を向いてるっぽかったんですが、髪が邪魔でよく見えなかった。

でも、肌はなんか緑色で、ところどころ赤黒く、唇があったのでやっぱり正面を向いてたんだと思う。

そのときまた、エアを噛んだ大きな音。見るとフィルターに髪の毛が吸い込まれてた。

髪が水流でめくれて、漂う頭部の目の部分が露になろうとしてた。

その瞬間「見ちゃいけない!」と強烈に思って目を泳がせた。視点を水槽に合わせないまま、静かに部屋を出た。

すげー怖かったんですけど。

帰宅した状態でかばんも肩にかけて、外に出た。大通りに出たところで自分の部屋の窓を見上げた。

水槽がある部屋の窓。水槽の照明つきっぱなしの為、カーテンが青白かった。

じっとみつめてたら、なんかカーテンの端が変に盛り上がってたみだいだった。

詮索しないでその場を離れてそのまま漫画喫茶に行ってボーっとしてた。

朝になってから、恐る恐る玄関の扉あけた。

めざましTVの音量をデカくして、玄関のドア開けっ放しにした状態で、思いきって水槽の部屋空けた。

水槽は元通り、稼動していた。頭はなかったです。

でもあの海で採集した生体は全部ペットショップに引き取ってもらったよ。やっぱ怖いし。

その後、濾過槽あけたら髪の毛がうじゃっと出てきた。

綺麗に掃除したけど、未だにフィルター掃除で濾過槽をあけると、必ず髪の毛数本入ってるんだよね。

すごい鬱ですよ。

関連記事

ヒサルキ

保育園で保母さんをやっている友達に聞いた話。その子が通っている保育園はお寺が管理しているところで、すぐ近くにお墓があったりする。お墓に子供が入って、悪戯をしないように周…

田んぼ

蛇田

自分の住んでいる所は田舎の中核都市。田んぼは無くなっていくけど家はあまり建たず、人口は増えも減りもせず、郊外に大型店は出来るものの駅前の小売店は軒並みシャッターを閉めているよう…

河川敷(フリー素材)

昔の刑場

俺のおふくろは戦前、満州から北朝鮮の辺りに開拓移民で居たのだが、夕暮れ時に街角の十字路で1メートルを超える人魂を見たことがあると言っていたな。ぽっかりと浮かんだ人魂は、逢魔が時…

田舎(フリー素材)

ワラズマ

子供の頃に変なものを見た。遠縁で実際は血が繋がっていないんだけど親同士の仲が良いので、俺は夏休みになると毎年○家に何泊かしていた。俺はその頃4歳くらいだった。 ※ …

カンカン(長編)

幼い頃に体験した、とても恐ろしい出来事について話します。その当時私は小学生で、妹、姉、母親と一緒に、どこにでもあるような小さいアパートに住んでいました。夜になったら、い…

お葬式

数年前、深夜の0時頃に、その頃付き合ってたSから電話が掛かってきた。切羽詰まったような声と口調で、話の内容がいまいち理解出来ない。外にいるみたいなので、取り敢えず家まで…

女の勘

結婚して4年目の頃の話。会社に可愛い事務の女の子が入ってきた。さすがに浮気する気はなかったけど、その子のことは気になっていた。ある日、飲み会にその子も来ることに…

・・・からの電話

A、B、Cの三人が、卒業旅行で海辺にあるAの別荘に遊びに行った。別荘から帰る前日、夜遅く三人で話をしていると、突然1本の電話が。Aが言うには、昼間、浜で地元の女の子と知り合い、…

裏山

危険な好奇心(後編)

あれから5年。俺達3人はそれぞれ違う高校に進んで、すっかり会うこともなくなっていた。あの「五寸釘の女」事件は忘れることが出来ずにいたが、記憶は曖昧になり、その恐怖心はかなり薄れ…

釘

恨みクギ

俺が若かった頃、当時の彼女と同棲していた時の話。同棲に至った成り行きは、彼女が父親と大喧嘩して家出。彼女の父親は大工の親方をしている昔気質。あまり面識は無かったが、俺も内心びび…