水槽の中に入っていたもの

aquascapes-aquarium

自分、水槽で海水魚を飼ってます。幅60cm、奥行き30cm、高さ40cmくらいの水槽。

先日、海に行ったときに2枚貝を採集して水槽で飼うつもりで持ち帰った。

水槽に入れる時に貝に何か挟まってて海草かな?と思ったら、髪の毛が数本絡んでた。

採集した海辺は海水浴もできるとこだったし、深く考えないで髪の毛を抜いて、そのまま貝を水槽に入れたんだ。

水槽は、日中暗い部屋に置かれてる。サンゴとかの光を照射しなければいけない生体も入ってるので、照明は私の帰宅する時刻に合わせてタイマーでセットしてある。

仕事は昼から夜11時頃までなので帰宅するのはいつも深夜12時。

ある日部屋に帰って、まだ真っ暗だったので部屋の電気つけようとした時、水槽のフィルターがいきなりガギュルギュルギュルギュルガガガッガッっていう感じの音を立てた。

魚飼ってる人は分かると思うけど、モーターがエアを噛んだ音。水位が低くなるとおこる現象。

暗くて静かだったので、すごくびっくりした。

でも、おかしい。水は満たされてるはず。

「まさか!水漏れ!?」と別の可能性を思いつき、闇の中で床を探った。

探っていたら、いつものタイマーが作動して、照明が付いて水槽の中がパッと明るくなった。

中腰の状態から顔だけ上げて、反射的に水槽を見た。

暗闇の中に、水槽だけが明るく浮かび上がる幻想的ないつもの光景…のはずだったんだけど。

水槽の中に、人間の頭部がまるまる入ってた。

「……ぇ?」

間抜けかもしれないけど、見た瞬間は本当にこの一言しか出なかった。

水の中を長い髪が海藻のように漂ってた。顔は正面を向いてるっぽかったんですが、髪が邪魔でよく見えなかった。

でも、肌はなんか緑色で、ところどころ赤黒く、唇があったのでやっぱり正面を向いてたんだと思う。

そのときまた、エアを噛んだ大きな音。見るとフィルターに髪の毛が吸い込まれてた。

髪が水流でめくれて、漂う頭部の目の部分が露になろうとしてた。

その瞬間「見ちゃいけない!」と強烈に思って目を泳がせた。視点を水槽に合わせないまま、静かに部屋を出た。

すげー怖かったんですけど。

帰宅した状態でかばんも肩にかけて、外に出た。大通りに出たところで自分の部屋の窓を見上げた。

水槽がある部屋の窓。水槽の照明つきっぱなしの為、カーテンが青白かった。

じっとみつめてたら、なんかカーテンの端が変に盛り上がってたみだいだった。

詮索しないでその場を離れてそのまま漫画喫茶に行ってボーっとしてた。

朝になってから、恐る恐る玄関の扉あけた。

めざましTVの音量をデカくして、玄関のドア開けっ放しにした状態で、思いきって水槽の部屋空けた。

水槽は元通り、稼動していた。頭はなかったです。

でもあの海で採集した生体は全部ペットショップに引き取ってもらったよ。やっぱ怖いし。

その後、濾過槽あけたら髪の毛がうじゃっと出てきた。

綺麗に掃除したけど、未だにフィルター掃除で濾過槽をあけると、必ず髪の毛数本入ってるんだよね。

すごい鬱ですよ。

関連記事

毟られる髪

中学時代、怪談ゲームを通して怪談話が好きになり、よく自分に構ってくれる母方従兄弟に怪談をせびってました。 従兄弟は新しいもの好きで、ロンゲメッシュと当時では珍しい格好、友達も多く…

おおいさんの話

おおいさんってのが何者なのか分からんけど、俺の地元のコンビニバイトの間ではかなり有名。 おおいさんと名乗った客が来たら目を合わせるなという先輩からの指示を受けたのだが、俺はそれを…

悪魔の書

中学生の頃、俺は横浜に住んでたんだけど、親父が教会の神父やってたの。 神父にしては結構ざっくばらんな性格で、結構人気もあったんだ。 まあ、俺なんて信心深い方じゃないし、一家…

裏山

危険な好奇心(後編)

あれから5年。俺達3人はそれぞれ違う高校に進んで、すっかり会うこともなくなっていた。 あの「五寸釘の女」事件は忘れることが出来ずにいたが、記憶は曖昧になり、その恐怖心はかなり薄れ…

神社(フリー素材)

雁姫様の鏡

昔、修学旅行中に先生から聞いた話。 先生が小学4年生まで住んでいた町はど田舎で、子供の遊び場と言ったら遊具のある近所のお宮だったそうだ。 そのお宮には元々祭られている神様と…

最後の疑問

最近友人は 2ヶ月間タイに行ってきた。 まあ、日本円で千円も出せば一泊できるような安宿に泊まったらしい。 どこの国でもそうなのかも知れないが、やはり日本人旅行者は狙われる。…

縁の下

あるタクシー運転手の奥さんが、まだ5才になったばかりの子を残して亡くなってしまった。 父親は仕事柄出掛けている時間が長く、そのあいだは隣の家に子どもを預けていた。 しかし、…

四国の夜空

四国八十八箇所逆打ちの旅

四国八十八箇所を逆に回る「逆打ち」をやると死者が蘇る。 映画「死国」の影響で、逆打ちをそういう禁忌的なものと捉えている人も多いのではなかろうか? 観光化が進み、今はもう殆ど…

明け方(フリー写真)

顔の見えない母親

あれはまだ自分が4歳の頃、明け方の4時ぐらいの出来事。 明け方と言ってもまだ辺りは暗く、周りはぼんやりとしか見えない。 ふと気付くと俺はベッドの上に立たされていて、母親に怒…

カンカン(長編)

幼い頃に体験した、とても恐ろしい出来事について話します。 その当時私は小学生で、妹、姉、母親と一緒に、どこにでもあるような小さいアパートに住んでいました。 夜になったら、い…