水槽の中に入っていたもの

aquascapes-aquarium

自分、水槽で海水魚を飼ってます。幅60cm、奥行き30cm、高さ40cmくらいの水槽。

先日、海に行ったときに2枚貝を採集して水槽で飼うつもりで持ち帰った。

水槽に入れる時に貝に何か挟まってて海草かな?と思ったら、髪の毛が数本絡んでた。

採集した海辺は海水浴もできるとこだったし、深く考えないで髪の毛を抜いて、そのまま貝を水槽に入れたんだ。

水槽は、日中暗い部屋に置かれてる。サンゴとかの光を照射しなければいけない生体も入ってるので、照明は私の帰宅する時刻に合わせてタイマーでセットしてある。

仕事は昼から夜11時頃までなので帰宅するのはいつも深夜12時。

ある日部屋に帰って、まだ真っ暗だったので部屋の電気つけようとした時、水槽のフィルターがいきなりガギュルギュルギュルギュルガガガッガッっていう感じの音を立てた。

魚飼ってる人は分かると思うけど、モーターがエアを噛んだ音。水位が低くなるとおこる現象。

暗くて静かだったので、すごくびっくりした。

でも、おかしい。水は満たされてるはず。

「まさか!水漏れ!?」と別の可能性を思いつき、闇の中で床を探った。

探っていたら、いつものタイマーが作動して、照明が付いて水槽の中がパッと明るくなった。

中腰の状態から顔だけ上げて、反射的に水槽を見た。

暗闇の中に、水槽だけが明るく浮かび上がる幻想的ないつもの光景…のはずだったんだけど。

水槽の中に、人間の頭部がまるまる入ってた。

「……ぇ?」

間抜けかもしれないけど、見た瞬間は本当にこの一言しか出なかった。

水の中を長い髪が海藻のように漂ってた。顔は正面を向いてるっぽかったんですが、髪が邪魔でよく見えなかった。

でも、肌はなんか緑色で、ところどころ赤黒く、唇があったのでやっぱり正面を向いてたんだと思う。

そのときまた、エアを噛んだ大きな音。見るとフィルターに髪の毛が吸い込まれてた。

髪が水流でめくれて、漂う頭部の目の部分が露になろうとしてた。

その瞬間「見ちゃいけない!」と強烈に思って目を泳がせた。視点を水槽に合わせないまま、静かに部屋を出た。

すげー怖かったんですけど。

帰宅した状態でかばんも肩にかけて、外に出た。大通りに出たところで自分の部屋の窓を見上げた。

水槽がある部屋の窓。水槽の照明つきっぱなしの為、カーテンが青白かった。

じっとみつめてたら、なんかカーテンの端が変に盛り上がってたみだいだった。

詮索しないでその場を離れてそのまま漫画喫茶に行ってボーっとしてた。

朝になってから、恐る恐る玄関の扉あけた。

めざましTVの音量をデカくして、玄関のドア開けっ放しにした状態で、思いきって水槽の部屋空けた。

水槽は元通り、稼動していた。頭はなかったです。

でもあの海で採集した生体は全部ペットショップに引き取ってもらったよ。やっぱ怖いし。

その後、濾過槽あけたら髪の毛がうじゃっと出てきた。

綺麗に掃除したけど、未だにフィルター掃除で濾過槽をあけると、必ず髪の毛数本入ってるんだよね。

すごい鬱ですよ。

関連記事

犯罪者に縁のある私

今から書く事はすべて実話なんですが、心霊話ではありません。私が9歳の時、父の仕事(自営)の取引先の人が初めて私の家に来た時、私が案内のために迎えに行きました。その人は優…

女性

リゾートバイト(中編)

次の日、殆ど誰も口を利かないまま朝を迎えた。沈黙の中、急に携帯のアラームが鳴った。いつも俺達が起きる時間だった。覚の体がビクッとなり、相当怯えているのが窺えた。覚は根が凄く優し…

工事現場(フリー写真)

持ち出された藁人形

俺は建設会社で現場作業員をしています。ある年の年末、道路工事の現場で働いている時の事でした。一日の作業を終えてプレハブの現場事務所へ戻ると、ミーティング時に使う折り畳み…

とある物件

今から8年くらい前のITバブルと呼ばれていた頃の話です。私が学校を卒業し、新卒でとある自称IT関係という会社Aに就職いたしました。当時私は就職活動を適当にしていたため、3月くら…

寝たフリ

小学校の先生Aから聞いた話。高校の部活の合宿で、20人くらいが一つのでかい部屋に布団敷いて詰め込んで寝るってシステムだった。練習がきついからみんな疲れて夜10時には寝ち…

生き延びた男

これは本当にあった事件の話で、ある精神病院に隔離された事件の生存者の話です。なので細部が本当なのか狂人の戯言なのかは分かりません。しかし事件そのものは実際に起こり、北海…

砂風呂

昔ね、友達と海に行った時の話なんだけど。砂風呂をやろうとして、あんまり人目が多い場所だとちょっと恥ずかしいから、あんまり人気のない場所で友達に砂かけて埋めてもらったんだ。 …

巨頭オ

男はふとある村の事を思い出した。数年前、一人で旅行した時に立ち寄った小さな旅館のある村。心のこもったもてなしが印象的で、なぜか急に行きたくなった。男は連休に一人で車を走…

一軒家(フリー素材)

呪いの部屋

以前、井戸の底のミニハウスと、学生時代の女友達Bに棲みついているモノの話を書いた者です。またこれの続きの話が新しく舞い込んで来ました。 ※ 以下はこれまでの状況説明になりま…

ゲーム屋

大量のゲームソフト

10年前くらい前、ゲーム屋でバイトをしていた。ある日、もうすぐ閉店時間という時に、突然60歳くらいのおばさんが大きなダンボールを抱えて店に入って来て、物凄い形相で「お金いらない…