トンネルの少女

公開日: 心霊体験

トンネル(フリー写真)

二十数年生きて来て、心霊現象なんて体験したことはなかった。

怖い話は好きだけど、そんなの実際には有り得ないと否定的だった。

今は、肯定する気もないけど否定もできない。

親戚の家に行く時に通る山道にトンネルがある。

いつもは車で行くし、その日も車で行った。でさ、そのトンネル、色んな噂があるんだよ。

色んなと言ってもまあ、首なしライダーとかパタパタさんなどの都市伝説系。

口裂け女が流行ったのと同時期に、誰かが流した噂なんだろうね。

そんなくだらない噂でも、やっぱり聞いた後で丑三つ時に通るのは怖いけど。

それでもその日は夜ではなかったから、怖い思いもせず平気でトンネルを通過しようとしたんだ。

そしたらさ、トンネルの入り口に猫が居るの。普通のノラ猫。

あのさ、猫、大好きなの俺。

『写メ撮らなきゃ!』と端っこに車を停車させて降りた。やめときゃ良かった……。

携帯カメラを猫に向けて写メろうとするんだけど、近付くと逃げて行く。当然トンネルの中へ。

ダーッと走るのではなく、トットットと走る。それでこちらを振り向いてまた停止。

まあ、微妙な距離の取り方も猫ならよくあることだ。

その様が可愛いから、カメラを向けながら俺もまた追う訳よ。タッタッタって。

「トットット」

「タッタッタ」

「トトトトト」

「タタタタタ」

「タッタッタ」

『あれ…? 足音、一つ多くないか…?』と思ったのと同時に、携帯の液晶に不審なものが映った。

映ったと言っても目の前の光景ではなく、トンネル内は暗いからさ、液晶に反射して俺の背後が映り込んだ。

すると居たんだよ。女の子が。

心拍数が跳ね上がったけど、気付かない振りをして、

「にゃんこたんにゃんこたん待てよー(笑)。にゃんにゃんにゃん」

などと言いながら猫を追った。

女の子もずっと猫と俺を追って来ていた、と思う。

あの時ほど、トンネルがこんなに長いなんて思ったことはない。

それで辿り着いた出口。良かった、何事もなかった。さて、車はトンネルの向こう側な訳だがどうしよう。

もうトンネルなんて通りたくない。ここからは歩けない距離でもないし、ひとまず歩いて親戚の家へ行こう。

それで奴の車で一緒に俺の車を取りに来ようなんて、もうすっかり安心していた。

だからトンネルを出ただけで安心しちゃったんだろうな。

歩き出した俺は、十数メートル先を見てまた心拍数が上がった。

居たよ……。道の端っこ。行動範囲トンネルだけじゃないのかよ……。

今度は姿形も視認できる。多少ボヤけていたけど、小学校高学年くらいの女の子だった。

躊躇したけど行くも戻るも地獄なら、行くしかなかろう。腹を決めて歩き出した。

まあ、開けた道路よりトンネルで遭遇した方が怖いから、なるべく心臓に優しい方を選んだだけなんだけど。

と言うか、あの時は怖過ぎるから考えないようにしていたけど、どう見ても俺を追って来ているよね。

反対車線側を歩きつつも、少しずつ距離が縮まって行き、とうとうそれを横切るぞという時。

好奇心に負けてチラ見しちゃったんだ。そしたら女の子さ、頭を怪我していた。顔半分とコメカミ付近。

少なくとも見た目だけは酷い傷ではなかったから、何とか心臓は持ち堪えた。

『交通事故かな、可哀想だな』と思ってさ。その子がすごく可哀想で泣きたくなって……俺は馬鹿だった。

にわかに父性なんか出してしまって、その子に近付いて行ったんだ。

それでその子の前でしゃがんで、可哀想にと泣いた。聖人を気取っていた。本当に馬鹿だった。

その子は何かよく分からない形相になって、俺の顔に自分の顔を近付けて、

「う゛ぉぁあ゛あぁあーーー」

その時、直感的に気付いた。あ、ダメだ。理屈が通じない。やばい、と。

感情も読み取れないんだ。と言うか無いんだ、多分。最初から近付いちゃいけないものだったんだ。

後はもう振り向かずに親戚の家まで必死に走って逃げた。

もうトンネルには怖くて二度と近付きたくないから、帰りは遠回りで別の道で送ってもらった。

車は父ちゃんに取りに行ってもらった。

今でもトンネルの側に放置していた車に乗るのが少し怖い。

関連記事

人身事故

6月の中旬頃の話。当時俺はバイクを買ったばかりで、大学が終わるとしょっちゅう一人でバイクに乗ってあちこちを走り回っていた。その日も特にする事がなかったので、次の日が休み…

深夜のコンビニ

この話は、ある男がコンビニで深夜のアルバイトをしていた頃に起きた体験談である。そのコンビニは、深夜になるとほとんど客が来なくなる。俺は共にバイトをしていた大学の先輩と、…

箪笥(フリー写真)

形見の箪笥

高校時代の英語教師に聞いた話。解り易い授業と淡々としたユーモアが売りで、あまり生徒と馴れ合う事は無いけれど、なかなか人気のある先生でした。 ※ 昔、奥さんが死んだ時(話の枕…

不気味なタクシー運転手

Fさん(女性・29歳)が深夜勤務の帰り、タクシーを拾った。ドアが開き、Fさんはタクシーに乗り込んだが、その運転手は何も言わず、ただ黙ってFさんの顔をじっと見ていた。ちょ…

飛び降り

大学時代の経験を一つ。神奈川の、敷地だけは広い某大学でのこと。講義を受けている時に、遠方の校舎の屋上から飛び降りる男を見た。俺は窓からその光景を見ていたので、驚…

廃病院

廃病院での心霊体験

まだ俺が大学に居た頃だから、もう2、3年前になると思う。田舎を出て県外の大学に通っていた俺に、実家から「婆ちゃんが倒れた」と電話があった。昔から色々と面倒を見てくれてい…

旅館

真夜中の厠

大学の友人と4人で海へ旅行に行った時の話。いつも仲の良かった4人で旅行ということで、ずっと前から楽しみにしていた。実際、行きの車中でもいつも通りの雑談が普段より楽しかっ…

カナちゃんのメッセージ

ここでの俺は神楽と名乗ることにする。断っておくが、本名ではない。今はサラリーマンをしているが、少し前までは神楽斎という名で霊能者をしていたからだ。雑誌にも2度ほ…

車に乗った白い霊

私が学生の時に、実際に体験した話です。その当時付き合っていたある女友達は、ちょっと不思議な人でした。弟さんが亡くなっているんですが、彼女の家に遊びに行くと、どこからかマ…

版画(フリー素材)

婆ちゃんの戦時中の話

昔、婆ちゃんから聞いた戦時中の話を一つ。第二次世界大戦中、うちの婆ちゃん(サノ)が10歳の頃の話です。 ※ 婆ちゃんはお姉さんと避難のために親元を離れ、田舎の遠い親戚の家に…