帰って来た子供

公開日: 心霊体験 | 怖い話

子供の手(フリー写真)

町の外れに、ある夫婦が住んでいました。

その夫婦にはまだ幼い子供が居ました。

ある日の事です。

外で遊んでいた子供が、泣きながら家に帰って来ました。

母親が心配して事情を聞くと、

「お化けに追いかけられたの」

と言いました。

母親は不審者に追いかけられたのではと思い、どんなお化けかを聞きました。

しかし子供は分からないと言うばかりです。

母親は、きっと何か見間違えたのだろうと思い、子供をあやしました。

それから何日か経ったある日、子供がいつものように外へ遊びに行きました。

しかし、いつになっても帰って来ません。

両親は子供を探しに行きましたが、見つける事は出来ませんでした。

翌日、両親は警察に連絡して子供の捜索をしましたが、結局手がかりは見つかりませんでした。

両親は子供がもうこの世には居ないのものだと思い、深く悲しみました。

そして十年の月日が経ったある日の事です。

父親が仕事から戻ると、母親が落ち着きが無い様子で言いました。

「あなた!!あの子が、あの子が帰って来たの!!」

父親が母親と一緒に子供の部屋へ行くと、確かに居なくなった子供が居ました。

母親は酷く喜びましたが、父親はおかしいな…と思いました。

何故なら、生きていれば高校生ぐらいのはずなのに、子供の姿が十年前と全く変わっていなかったからです。

父親は只事ではないと思い、その翌日に近所の寺の住職に事情を話し、家に来てもらう事にしました。

母親が子供を住職の元に連れて来ると、住職はとても驚きました。

両親が子供と言っていたものが、住職から見ると影のように黒くモヤモヤしたものだったからです。

そして住職は両親に言いました。

「あなたの子供は、残念ですが既にこの世には居ません。そして、あの世にも居ません」

両親は事態が飲み込めず、どういう事か住職に聞くと、

「そこに居るのは、多数の死んだ人間の怨霊の塊です。子供さんの魂は、それに喰われてしまいました」

住職は恐怖し、自分ではどうする事も出来ないと両親に伝え、結局そのまま帰ってしまいました。

その後、両親を見かける事はありませんでした。

雑炊

妻の愛

ようやく笑い飛ばせるようになったんで、俺の死んだ嫁さんの話でも書こうか。 嫁は交通事故で死んだ。 ドラマみたいな話なんだが、風邪で寝込んでいた俺が夜になって「みかんの缶詰食…

ビジネスホテルの窓(フリー写真)

ビジネスホテルでの心霊体験

学生の頃、都内の某ビジネスホテルで警備のアルバイトをしていた。 従業員が仮眠を取る深夜0時から朝の5時まで、簡単なフロント業務と見回り。 あと門限過ぎに戻って来る泊り客に、…

火傷の治療

昭和の初め頃、夕張のボタ山でのお話。 開拓民として本州から渡って来ていた炭鉱夫Aさんは、爆発事故に見舞われた。一命はとりとめたものの、全身火傷の重体だった。 昔の事とて、ろ…

窓(フリー写真)

死んだ街

映像製作の専門学校がありまして、私はそこで講師助手のような仕事をしています。 1年生の授業で、 『カメラを渡され、講師が決めたテーマに沿った映像を、次の授業の日までに撮って…

ワイン倉庫(フリー素材)

海外ホテルの心霊体験

20年くらい前かな。俺がフリーターをやっていた頃の話なんだけど、その当時ヨーロッパの方へ海外旅行に行ったんだよ。 観光目的ではなく労働者ビザを取って2年くらい居たのかなあ…。 …

ドルイド信仰

ドルイドとは、ケルト人社会における祭司のこと。「Daru-vid: オーク(ブナ科の植物)の賢者」の意味。 ドルイドの宗教上の特徴の一つは、森や木々との関係である。 ドルイ…

妖怪カラコロ

専門学生の頃に深夜専門でコンビニのアルバイトをしていた時の話。 ある日の午前1時頃に駐車場の掃除をしていると、道路を挟んだ向こう側の方から何か乾いた物を引き摺るような、 「…

家宝の銅鏡

僕の家には家宝と呼ばれるお宝が三つある。 一つは家系図。約400年前まで遡る家系図は巻物数十巻に及び、勿体振った桐の箱に収められている。 もう一つは刀。かなり昔にご先祖様が…

トンネル(フリー写真)

トンネルの少女

二十数年生きて来て、心霊現象なんて体験したことはなかった。 怖い話は好きだけど、そんなの実際には有り得ないと否定的だった。 今は、肯定する気もないけど否定もできない。 ※…

雪国(フリー写真)

無医村

爺ちゃんは当時、凄い田舎の山村に住んでいて、村にはあまり評判の良くない医者が一軒しかなかった。 ある時、爺ちゃんの知り合いの年配の男性が盲腸になり、仕方なくその医者に手術してもら…