帰って来た子供

公開日: 心霊体験 | 怖い話

子供の手(フリー写真)

町の外れに、ある夫婦が住んでいました。

その夫婦にはまだ幼い子供が居ました。

ある日の事です。

外で遊んでいた子供が、泣きながら家に帰って来ました。

母親が心配して事情を聞くと、

「お化けに追いかけられたの」

と言いました。

母親は不審者に追いかけられたのではと思い、どんなお化けかを聞きました。

しかし子供は分からないと言うばかりです。

母親は、きっと何か見間違えたのだろうと思い、子供をあやしました。

それから何日か経ったある日、子供がいつものように外へ遊びに行きました。

しかし、いつになっても帰って来ません。

両親は子供を探しに行きましたが、見つける事は出来ませんでした。

翌日、両親は警察に連絡して子供の捜索をしましたが、結局手がかりは見つかりませんでした。

両親は子供がもうこの世には居ないのものだと思い、深く悲しみました。

そして十年の月日が経ったある日の事です。

父親が仕事から戻ると、母親が落ち着きが無い様子で言いました。

「あなた!!あの子が、あの子が帰って来たの!!」

父親が母親と一緒に子供の部屋へ行くと、確かに居なくなった子供が居ました。

母親は酷く喜びましたが、父親はおかしいな…と思いました。

何故なら、生きていれば高校生ぐらいのはずなのに、子供の姿が十年前と全く変わっていなかったからです。

父親は只事ではないと思い、その翌日に近所の寺の住職に事情を話し、家に来てもらう事にしました。

母親が子供を住職の元に連れて来ると、住職はとても驚きました。

両親が子供と言っていたものが、住職から見ると影のように黒くモヤモヤしたものだったからです。

そして住職は両親に言いました。

「あなたの子供は、残念ですが既にこの世には居ません。そして、あの世にも居ません」

両親は事態が飲み込めず、どういう事か住職に聞くと、

「そこに居るのは、多数の死んだ人間の怨霊の塊です。子供さんの魂は、それに喰われてしまいました」

住職は恐怖し、自分ではどうする事も出来ないと両親に伝え、結局そのまま帰ってしまいました。

その後、両親を見かける事はありませんでした。

関連記事

東京五輪

ナレーションの声

小学5年生の頃、アメリカでワールドカップが開催された。だからという訳ではないけど、幼馴染のNとよく近所の公園でサッカーをしていた。ある日、「たまには別の公園でやろう」と…

エリーゼのために

研修医時代、しかも働き始めの4月です。おりしも世間はお花見・新歓シーズン真っただ中。浮かれすぎてべろんべろんになって、救急車でご来院いただく酔っ払いで、深夜も大忙しでした。 …

イタコ

以前、北東北の寒村に行った際にお寺のご住職夫人から聞いた話。恐山のような知名度はないんだけど、彼の地にも古くから土着のイタコがいたの。今も出稼ぎがある地だから推して知る…

銭湯の鏡

貧乏なアパート暮らしの女です。風呂が無いので銭湯に行ってる。いつもの銭湯が休みだったから、ちょっと遠くの銭湯に行った。浴室には数人のオバちゃんがいて、楽しそうに…

川(フリー写真)

川を流れる仏壇

現在の家に引っ越して来る前は、物凄い田舎の村に住んでいた。周りは山に囲まれていて、大きな川も幾つもあり、殆ど外界の人が来る事は無かった。 ※ ある日、学校から帰宅すると、ち…

百物語の終わりに

昨日、あるお寺で怪談好きの友人や同僚と、お坊さんを囲んで百物語をやってきました。百物語というと蝋燭が思いつきますが、少し変わった手法のものもあるようで、その日行ったのは肝試しの…

親子のシルエット(フリー素材)

お母さんが居る

俺には年の離れた弟が居て、弟がまだ3歳の時に母親が亡くなった。それからは父親と自分と弟と祖母の四人で一軒屋に暮らしていたのだけれど、二回忌を迎えた頃に弟が「家の中にお母…

三面鏡

今はあまり見かけなくなった三面鏡。この前、実家に帰った時、紫色の布を被せた三面鏡があった。布を上げてそれを広げてみると、自分の顔がたくさん映ってる。色んな角度で…

クロスロード

1930年代に実在した伝説のブルースギタリストのロバート・ジョンソン。アコースティック・ギター1本で弾き語りをして、アメリカ大陸中を渡り歩いた。最初の頃の彼のギターテクニックは…

だるま

女の子2人が韓国へ旅行に行った。ブティックに入り、一人の女の子が試着室に入った。だけど待てども待てども一向に試着室から出てくる気配がない。カーテンを開けるとそこには誰も…