霊感を持つ女

公開日: 心霊体験 | 怖い話

少女

霊感がある知人の話。彼女曰く、霊感というのは遺伝的なものらしい。

彼女の母方の家系では、稀に霊感を持つ女が生まれるのだと言う。

彼女が子供の頃の事、母方の祖父の初盆で本家に帰省した時の事だそうだ。

居間の座敷の片隅に一人の女性が座っていたと言う。

親戚の伯母さんかと思ったが、これまで見かけた事は無かった。

彼女の両親も、親戚の人も、従姉妹も、その女性とは話をしないのでおかしいなと思いつつも、彼女はその女性が気になりチラチラと見ていたそうだ。

そんな彼女に気付いた祖母が彼女を自室に呼び、話をしてくれた。

母や叔母、そして従姉妹達には見えないようだが、祖母にもその女性が見えるという事。

その女性はもはや生きてはいない人である事。

これからの人生、他の人には見えないが彼女だけには見えるモノが現れるが、そのようなモノ達は決して彼女に害を与える事は無いので心配はいらない。

見えぬ振りをしていたらいつの間にかいなくなってしまうと言う事。

そして決して話しかけてはならないと言う事。

そんな見える者だけが知っておけば良い事を話してもらったと言う。

夕食を終え、男達がほろ酔いで従姉妹達と花火を、女たちは台所で夕食の後片付け、居間に彼女とその女性だけとなった時…。

女性は人を探すかの様にキョロキョロしていたので、彼女は思わず

「おばあちゃんを探しているの?」

と声を掛けてしまった。

女性は彼女に向き直ると、微笑みながら無言で僅かに頷いた。

「おばあちゃんは台所よ。洗い物をしているの」

女性は腰を浮かし、台所の方をちらりと見ると再び彼女に向き直り、洋服のポケットからお菓子のようなものを取り出し、これをあげましょうという仕草をした。

彼女はその時、全く怖くはなかったと言う。

と言うのも、母より少し年上だろうか…その女性は綺麗な人で、とても優しそうだったと言う。

女性からお菓子を貰ったところまでは覚えていたが、その次に彼女が気付いた時には、親戚一同が不安そうに彼女を見ていたと言う。

詳しく事情を聞くと、祖母が井戸に何か大きなものが落ちた音を聞いたので不振に思い覗いてみると、彼女の足が水面から突き出されていたのが見えたと言う。

慌てて皆を呼び、男達が彼女を井戸から引き上げ水を吐かせたところだったそうだ。

言われるように彼女は全身がずぶ濡れになっていたそうだ。

彼女が大人になり、世の中の良い事と悪い事、そして人を許せる余裕をほんの少し持てるようになった頃、祖母があの時の事情を説明してくれたそうだ。

あの女性は祖母の息子、つまり母の兄の浮気相手であったらしい。

伯父に捨てられた女性は自殺してしまったそうだ。

祖母に見えた時には女性からは悪い意識は感じなかったと言う。

だから祖母は無視をしていたし、彼女にも警告は与えなかったと言う。

「あの人はただ、あたしの息子に会ったら静かに消えるつもりだったんだと思うんだよ。

それが息子は妻子と楽しそうにしていた。悲しかったんだろうね…。

出来心でその場に一人でいたお前を井戸に突き落としたんだね…。

関係のないお前は、とばっちりを受けて面白くは無かっただろうが、許してやっておくれ…。

本当なら、うちの息子もあたしも、あの人に呪い殺されても文句は言えない立場なんだよ…」

と、彼女の祖母は頭を下げたと言う。

関連記事

電脳に棲む神

大学時代の友人の話。そいつは結構なオタクで、今でも某SNSにガチオタな話題をバンバン日記に書くようなSE。この前、たまたま新宿で会って「ちょっと茶でも飲もうや」というこ…

母を名乗る女の人

小学校に上がる前の、夏の終わりの頃の話。私は田舎にある母方の祖父母の家で昼寝をしていた。喉が渇いて目が覚めると、違和感を覚えた。何回も遊びに来ている家だけど、何かが違う…

蝋燭

キャッシャ

俺の実家の小さな村では、女が死んだ時、お葬式の晩に村の男を10人集め、酒盛りをしながらろうそくや線香を絶やさず燃やし続けるという風習がある。ろうそくには決まった形があり、仏像を…

ワンピースを着た綺麗な女性

以前、遠距離恋愛をしていた。彼女は関西、俺は東京に住んでいた。9月の三連休、知人に車を借りて彼女に会いに行くことになった。会社での仕事を終えて、夜の23時くらいに東京を…

奇声を発するおっさん

俺はあるマンションに住んでいるんだが、2ヵ月くらい前、真上の部屋に人の善さそうな初老のおっさんが引っ越してきた。朝にゴミ出しをしていると「おはようございます」と笑顔で挨拶してく…

広島県F市某町の『お札の家』

2年程前の話ですが、つい最近完結した話があるので書いていこうと思います。長くなりそうで申し訳ないのですが、霊感0の自分が唯一味わった霊体験です。広島県F市某町、地元の人…

高過ぎる電気代

ある新婚夫婦がマイホームを購入するため不動産屋を訪ねた。その夫婦は、少し古いが希望に合う物件を見つけることが出来た。そこは古い和風屋敷の一軒家。値段の割には良い物件。 …

足音

これは母から聞いた話なんですが。結婚前勤めていた会計事務所で、母は窓に面した机で仕事していました。目の前を毎朝御近所のおじいさんが通り、お互い挨拶を交わしていました。 …

椅子(フリー写真)

三頭身

小さいながら夫婦で防犯設備の株式会社を立ち上げて8期程経ち、地方銀行の大型融資も審査が通って順調に利益を伸ばしている中で、専務取締役を任せていた嫁が事故死した。それからは仕事に…

コツコツ

つい先日の事なんだけど、俺は出張で松江にある某有名チェーンのビジネスホテルに泊まったんだ。その日は取引先との接待でスナックを3件ハシゴして、へべれけ状態でホテルに入ったんだわ。…