道連れ

峠の道

夏のある日、二組のカップルが海水浴に出かけました。

仮にA君、A君の彼女、B君、B君の彼女とします。

A君はバイクを持っていたので一人で乗り、B君は車を持っていたので残りの3人が乗っていました。

日が暮れて、帰る時にふとB君が「競争しようぜ」と言い出しました。

そこでA君のバイクと車とで、お互いの家まで競争することになりました。

それぞれのカップルは同棲しており、同じアパートで知り合った4人なのです。

先に着いたのはB君達の乗る車でした。勝ったことに喜ぶB君のカップルに、A君の彼女は少し心配気味です。

A君はバイクの運転はとても上手いので、本当なら先に着いていて当たり前なのです。

その日、A君は帰りませんでした。

そして次の日、目覚めたA君の彼女は信じられないことを聞きます。

B君とB君の彼女が、とても悲しげな表情で部屋に来ています。

「あのさあ…」

B君が口を開きました。

「今朝警察から連絡があって、Aのやつカーブ事故で死んじまったらしいんだよ…」

「ガードレールに凄いスピードで激突して…即死だったらしい…」

A君の彼女はずっと考えていましたから、万一の事もあるだろうと解ってはいましたが、やはりショックで泣き伏せてしまいました。

しかしB君達は更に驚くべきことを告げました。

先に切り出したのはB君の彼女でした。2人の体がとても震えているのをA君の彼女は感じていました。

「朝…連絡があったって言ったじゃない?

あのね、驚かないでね、その後あたし達の部屋に誰か来たの。

誰だろうと思って…それで『誰だ?』って聞いたら……」

「Aだって言うんだよ…」

B君が割って話してきます。

A君の彼女は何を言っているのか解らず、ただ黙って聞いていました。

「悪い冗談だと思って、すぐに怒鳴りつけてやろうとしたんだけど、あいつが来たの、俺らが電話を受けてからすぐなんだよ…。

だから誰かがふざける余裕なんてねえだろうし…俺ら怖くて、それで開けらんなかったんだ。そしたら帰ってったんだ…」

B君達は、A君の彼女にもしもAが来ても決してドアは開けるなと言います。

彼らが言うには、自分では死んだと思っていないAが自分達を引きずり込もうとしていると言うのです。

B君達が帰った後、A君の彼女はA君との思い出を巡らせ一人泣いていました。

その夜、A君の彼女はドアをノックする音で目が覚めました。

「来た…」

彼女は必死でそれを無視します。A君はドアを叩き続けます。

「おい!俺だよ!ここを開けてくれよ!」

部屋の隅でA君の彼女は必死に耳を塞いでいますが、彼との思い出と懐かしさに堪らず、ドアの方に近寄りました。

「開けてくれよ、俺だよ!」

ノックの音はどんどん大きくなります。

そっと近付くA君の彼女。ドア越しに見えるA君の影を見るだけで涙が出ます。

気付けばA君の彼女はドアの前に立っていました。

今にもドアを開けそうでした。しかし、A君は死んでいるのです。

A君の彼女は必死で声を出しました。

「…なたは……んだの…!!」

ノックの音は更に大きくなります。

そしてA君の彼女は、せめてA君に成仏して欲しいと思い、決死の覚悟で一気にドアを開けます。

「あなたはもう死んだの!!!!」

「死んだのはおまえらのほうだよ!!!!」

A君の彼女は気絶していました。

そして次に気付いた瞬間、彼女は治療室のベッドの上にいました。

目の前にはなんと死んだはずのA君がいて、泣いて喜んでいます。

状況が全く掴めない彼女にA君は話し掛けます。

「競争して、俺が家に着いても、お前達はぜんぜん来なかったんだよ。

それで来た道を戻って行ったら、お前達の車がめちゃめちゃでさ…。

前の座席に座ってたB達は即死だった…。

でも、お前だけは軽傷で済んでたんだよ。でもずっと気を失ってて…」

A君の彼女は、最初はその事実だけを飲み込んでいましたが、その直後にとても恐ろしくなり、ずっとA君に抱き着いていました。

即死だったB君達は、生死を彷徨っているA君の彼女を引きずり込もうとして、精神の中に入り込んで来ていたのです。

あのままA君の呼び掛けをずっと無視していれば、A君の彼女も死んでいたのでしょう。

夜の学校

夜の学校

小学6年生の夏休み直前の話。その日、僕は肝試しに誘われていた。 メンバーは友達の新堂君、荒井君、細田君、僕の4人。舞台は学校だった。 昼休みに新堂君が通用口の鍵を開けたとの…

リョウメンスクナ

俺、建築関係の仕事やってんだけれども、先日、岩手県のとある古いお寺を解体することになったんだわ。今は利用者もないお寺ね。 それでお寺ぶっ壊してると、同僚が俺を呼ぶのね。「ちょっと…

オンマシラの儀

俺の実家周辺はかなり山深くて、未だに携帯の電波も届かない。 子供の頃はTVゲームも知らず、山で遊ぶしかない暮らしだった。日が暮れるまで山で虫を捕まえたり、基地を作ったり…。 …

オフィスビルの窓(フリー写真)

落ちるおじさん

先日、大学の同期の友人と久々に食事した時の話。 友人は大阪に出て技術職、私は地元で病院に就職しましたが、勤めている病院は古く、度重なる増改築で構造はぐちゃぐちゃ。 偶に立…

台風の街

盗まれたユンボ

ちょうど1ヶ月くらい前の出来事。 俺は京都に住んでいるんだが、今までオカルトなんぞに関わった事のない26歳。 そんな話はさておき、俺の住んでいるアパートの横では、新しく家を…

不倫はダメ

叔母さんが東京で友達とアパート暮らししてた時の話。 友達と服飾を目指し勉強中だった叔母は、友達とも毎日帰宅が深夜だった。 今では珍しくなった木造で、外側にカンカンと音が出る…

差し込む光(フリー写真)

井戸の女性

伯父に聞いた戦時中の話です。 実家は長崎にあるのですが、伯父は原爆が投下された時には少し離れた市の親戚の家に居たので無事でした。 戦争が終わり、暫くして実家に戻ると、家の裏…

自衛隊での体験談

ちょっと専門用語が多いので分かり難いかもしれない。 高校卒業後すぐに自衛隊に入隊した俺だったんだが、7月の後期教育のある日、駐屯地にある小さい資料館の掃除があったんだ。 班…

報道されない異常な事件

1 名前:証人 ◆k77zBQp. 投稿日: 02/05/11 02:18 ――俺は今、恐怖に震えている。 理不尽だ。何で俺が? 俺は関係ないのに。俺は通りかかっただ…

集合住宅(フリー素材)

知らない部屋

私が小学校に上がる前の話。 当時、私は同じ外観の小さな棟が幾つも立ち並ぶ集合団地に住んでいました。 ※ ある日、遊び疲れて家に帰ろうと「ただいまー」と言いながら自分の部屋の戸…