道連れ

峠の道

夏のある日、二組のカップルが海水浴に出かけました。

仮にA君、A君の彼女、B君、B君の彼女とします。

A君はバイクを持っていたので一人で乗り、B君は車を持っていたので残りの3人が乗っていました。

日が暮れて、帰る時にふとB君が「競争しようぜ」と言い出しました。

そこでA君のバイクと車とで、お互いの家まで競争することになりました。

それぞれのカップルは同棲しており、同じアパートで知り合った4人なのです。

先に着いたのはB君達の乗る車でした。勝ったことに喜ぶB君のカップルに、A君の彼女は少し心配気味です。

A君はバイクの運転はとても上手いので、本当なら先に着いていて当たり前なのです。

その日、A君は帰りませんでした。

そして次の日、目覚めたA君の彼女は信じられないことを聞きます。

B君とB君の彼女が、とても悲しげな表情で部屋に来ています。

「あのさあ…」

B君が口を開きました。

「今朝警察から連絡があって、Aのやつカーブ事故で死んじまったらしいんだよ…」

「ガードレールに凄いスピードで激突して…即死だったらしい…」

A君の彼女はずっと考えていましたから、万一の事もあるだろうと解ってはいましたが、やはりショックで泣き伏せてしまいました。

しかしB君達は更に驚くべきことを告げました。

先に切り出したのはB君の彼女でした。2人の体がとても震えているのをA君の彼女は感じていました。

「朝…連絡があったって言ったじゃない?

あのね、驚かないでね、その後あたし達の部屋に誰か来たの。

誰だろうと思って…それで『誰だ?』って聞いたら……」

「Aだって言うんだよ…」

B君が割って話してきます。

A君の彼女は何を言っているのか解らず、ただ黙って聞いていました。

「悪い冗談だと思って、すぐに怒鳴りつけてやろうとしたんだけど、あいつが来たの、俺らが電話を受けてからすぐなんだよ…。

だから誰かがふざける余裕なんてねえだろうし…俺ら怖くて、それで開けらんなかったんだ。そしたら帰ってったんだ…」

B君達は、A君の彼女にもしもAが来ても決してドアは開けるなと言います。

彼らが言うには、自分では死んだと思っていないAが自分達を引きずり込もうとしていると言うのです。

B君達が帰った後、A君の彼女はA君との思い出を巡らせ一人泣いていました。

その夜、A君の彼女はドアをノックする音で目が覚めました。

「来た…」

彼女は必死でそれを無視します。A君はドアを叩き続けます。

「おい!俺だよ!ここを開けてくれよ!」

部屋の隅でA君の彼女は必死に耳を塞いでいますが、彼との思い出と懐かしさに堪らず、ドアの方に近寄りました。

「開けてくれよ、俺だよ!」

ノックの音はどんどん大きくなります。

そっと近付くA君の彼女。ドア越しに見えるA君の影を見るだけで涙が出ます。

気付けばA君の彼女はドアの前に立っていました。

今にもドアを開けそうでした。しかし、A君は死んでいるのです。

A君の彼女は必死で声を出しました。

「…なたは……んだの…!!」

ノックの音は更に大きくなります。

そしてA君の彼女は、せめてA君に成仏して欲しいと思い、決死の覚悟で一気にドアを開けます。

「あなたはもう死んだの!!!!」

「死んだのはおまえらのほうだよ!!!!」

A君の彼女は気絶していました。

そして次に気付いた瞬間、彼女は治療室のベッドの上にいました。

目の前にはなんと死んだはずのA君がいて、泣いて喜んでいます。

状況が全く掴めない彼女にA君は話し掛けます。

「競争して、俺が家に着いても、お前達はぜんぜん来なかったんだよ。

それで来た道を戻って行ったら、お前達の車がめちゃめちゃでさ…。

前の座席に座ってたB達は即死だった…。

でも、お前だけは軽傷で済んでたんだよ。でもずっと気を失ってて…」

A君の彼女は、最初はその事実だけを飲み込んでいましたが、その直後にとても恐ろしくなり、ずっとA君に抱き着いていました。

即死だったB君達は、生死を彷徨っているA君の彼女を引きずり込もうとして、精神の中に入り込んで来ていたのです。

あのままA君の呼び掛けをずっと無視していれば、A君の彼女も死んでいたのでしょう。

関連記事

田舎の上空写真(フリー画像)

小鳥子象

子供の頃に体験した不思議な話を投稿させてもらいます。 幼少の頃の記憶が元になっているので、あやふやなところもあるけどそこはご勘弁を。長いので幾つかに分けます。 ※ まず話は俺…

落ちるおじさん

先日、大学の同期の友人と久々に食事した時の話。 友人は大阪に出て技術職、私は地元で病院に就職しましたが勤めている病院は古く、度重なる増改築で構造はぐちゃぐちゃ。 たまに立ち…

てるてる坊主(フリー素材)

いもうと

俺の家には昔、いもうとが居た。 いもうとと言っても人間ではなく、赤ん坊くらいの大きさの照る照る坊主みたいな奴だった。 下の方のスカートみたいな部分を丸く結んだ感じ。まあつま…

湖(フリー写真)

真っ赤な顔面

中学生の頃、俺は運動部系の体格に似合わず、吹奏楽部に所属していた。 約40名の部員のうち、男子は自分を含めてたった3、4人しか居らず、俺はクラリネットを担当していた。 夏…

猛スピードで

俺にはちょっと変な趣味があった。 その趣味って言うのが、夜中になると家の屋上に出て、そこから双眼鏡で自分の住んでいる街を観察すること。 いつもとは違う静まり返った街を観察す…

江ノ島

海水浴で見た親子

俺は毎年7月下旬の平日に有給休暇を取り、湘南まで一人で海水浴に行っている。 土日は人が多いし彼女や友達と一緒も良いけど、一人の方が心置きなく一日砂浜に寝そべってビールを飲み、日頃…

顔だけにモザイク

小学校くらいに友達から聞いた話なんだけど、ちょっと思い出したので書いてみる。 ある男を仮にAとさせていただきます。 Aがレンタルビデオ屋でビデオを借りてきて、家に帰って早速…

瀬泊まり

小学校の頃、キャンプで夜の肝試しの前に先生がしてくれた怪談。 先生は釣りが好きで、土日などよく暗い内に瀬渡しの船に乗り、瀬に降り立って明るくなり始める早朝から釣りをしていたそうな…

モノクロ部屋

鏡に映った予兆

これは、私の知り合いの女性が体験した、決して笑い話にはならない恐ろしい出来事です。いくつかの詳細は変更してありますが、その核心は実際に起こったことです。 その女性、24歳の彼女…

北陸本線

二日前だから11月の6日の出来事。終電間近の北陸本線の某無人駅での変な話。 音楽を聴きながら待っていると、列車接近の放送もなく急にホームに列車が現れた。 「うぉっ、時刻表よ…