道連れ

峠の道

夏のある日、二組のカップルが海水浴に出かけました。

仮にA君、A君の彼女、B君、B君の彼女とします。

A君はバイクを持っていたので一人で乗り、B君は車を持っていたので残りの3人が乗っていました。

日が暮れて、帰る時にふとB君が「競争しようぜ」と言い出しました。

そこでA君のバイクと車とで、お互いの家まで競争することになりました。

それぞれのカップルは同棲しており、同じアパートで知り合った4人なのです。

先に着いたのはB君達の乗る車でした。勝ったことに喜ぶB君のカップルに、A君の彼女は少し心配気味です。

A君はバイクの運転はとても上手いので、本当なら先に着いていて当たり前なのです。

その日、A君は帰りませんでした。

そして次の日、目覚めたA君の彼女は信じられないことを聞きます。

B君とB君の彼女が、とても悲しげな表情で部屋に来ています。

「あのさあ…」

B君が口を開きました。

「今朝警察から連絡があって、Aのやつカーブ事故で死んじまったらしいんだよ…」

「ガードレールに凄いスピードで激突して…即死だったらしい…」

A君の彼女はずっと考えていましたから、万一の事もあるだろうと解ってはいましたが、やはりショックで泣き伏せてしまいました。

しかしB君達は更に驚くべきことを告げました。

先に切り出したのはB君の彼女でした。2人の体がとても震えているのをA君の彼女は感じていました。

「朝…連絡があったって言ったじゃない?

あのね、驚かないでね、その後あたし達の部屋に誰か来たの。

誰だろうと思って…それで『誰だ?』って聞いたら……」

「Aだって言うんだよ…」

B君が割って話してきます。

A君の彼女は何を言っているのか解らず、ただ黙って聞いていました。

「悪い冗談だと思って、すぐに怒鳴りつけてやろうとしたんだけど、あいつが来たの、俺らが電話を受けてからすぐなんだよ…。

だから誰かがふざける余裕なんてねえだろうし…俺ら怖くて、それで開けらんなかったんだ。そしたら帰ってったんだ…」

B君達は、A君の彼女にもしもAが来ても決してドアは開けるなと言います。

彼らが言うには、自分では死んだと思っていないAが自分達を引きずり込もうとしていると言うのです。

B君達が帰った後、A君の彼女はA君との思い出を巡らせ一人泣いていました。

その夜、A君の彼女はドアをノックする音で目が覚めました。

「来た…」

彼女は必死でそれを無視します。A君はドアを叩き続けます。

「おい!俺だよ!ここを開けてくれよ!」

部屋の隅でA君の彼女は必死に耳を塞いでいますが、彼との思い出と懐かしさに堪らず、ドアの方に近寄りました。

「開けてくれよ、俺だよ!」

ノックの音はどんどん大きくなります。

そっと近付くA君の彼女。ドア越しに見えるA君の影を見るだけで涙が出ます。

気付けばA君の彼女はドアの前に立っていました。

今にもドアを開けそうでした。しかし、A君は死んでいるのです。

A君の彼女は必死で声を出しました。

「…なたは……んだの…!!」

ノックの音は更に大きくなります。

そしてA君の彼女は、せめてA君に成仏して欲しいと思い、決死の覚悟で一気にドアを開けます。

「あなたはもう死んだの!!!!」

「死んだのはおまえらのほうだよ!!!!」

A君の彼女は気絶していました。

そして次に気付いた瞬間、彼女は治療室のベッドの上にいました。

目の前にはなんと死んだはずのA君がいて、泣いて喜んでいます。

状況が全く掴めない彼女にA君は話し掛けます。

「競争して、俺が家に着いても、お前達はぜんぜん来なかったんだよ。

それで来た道を戻って行ったら、お前達の車がめちゃめちゃでさ…。

前の座席に座ってたB達は即死だった…。

でも、お前だけは軽傷で済んでたんだよ。でもずっと気を失ってて…」

A君の彼女は、最初はその事実だけを飲み込んでいましたが、その直後にとても恐ろしくなり、ずっとA君に抱き着いていました。

即死だったB君達は、生死を彷徨っているA君の彼女を引きずり込もうとして、精神の中に入り込んで来ていたのです。

あのままA君の呼び掛けをずっと無視していれば、A君の彼女も死んでいたのでしょう。

関連記事

別荘

人の塊

2年前の話を。この話は一応口止めされている内容のため、具体的な場所などは書けません。具体的な部分は殆ど省くかボカしているので、それでも良いという方だけお読みください。 …

着物(フリー素材)

以前、井戸の底のミニハウスと、学生時代の女友達Bに棲みついているモノの話を書いた者です。AがB宅を訪問した時のことをもう一つ話してくれたので投稿します。 ※ 以下はこれまで…

危険な好奇心(前編)

小学生の頃、親友二人(慎、淳也)と学校の裏山に秘密基地を作っていた。それなりに本格的なもので、板を打ち付けて雨風を防げる三畳ほどの広さの小屋だった。放課後にそこでオヤツを食べた…

宿直の夜

俺は東北の港近くで工場勤めをしていた。県名は書けないけど、被災地で津波が来たとだけ書いとく。でも工場は、奇跡的に10〜15センチほど水没しただけだったんだよね。だから1…

峠

イキバタ

友人は「俺って社会不適合者だよね!」と笑いながらタバコを吸う。現在高校生やり直し中の通称「イキバタ」さん。行き当たりばったりを略しての渾名らしい。俺はもう卒業したのだが…

肋骨を掴む手

最寄の駅からおいらの会社まで自転車で通っていたことがある。その日は仕事が結構早めに終わり、少しずつ暗くなる路地裏を自転車で家路を急いでいた。蒼い宵闇が降りてくる。境界線…

郵便受け(フリー写真)

空き家に届く封筒

以前仕事で聞いたことを書いてみる。あまり詳しく書くと職責に触れるので、結構改変するからフィクションとして見て欲しい。 ※ 郵便配達の仕事をしていた頃のある日、誰も居ない空き…

い゛れでぇぇ…

友人は最近仕事が忙しく、自宅に帰るのは午前2時~3時になっていたそうです。この自宅というのは、8階建てのマンションで7階にある部屋です。いつものように、帰りが2時を過ぎ…

人身事故

6月の中旬頃の話。当時俺はバイクを買ったばかりで、大学が終わるとしょっちゅう一人でバイクに乗ってあちこちを走り回っていた。その日も特にする事がなかったので、次の日が休み…

廃ホテル(フリー写真)

心霊ロケ

某廃墟ホテルに霊能者を連れて行き、その様子をカメラに収めるという番組があった。そのホテルは昔、火災が発生し多くの人が亡くなった場所でもあり、「女性の霊を見た」「…