瀬泊まり

20090706213201c27

小学校の頃、キャンプで夜の肝試しの前に先生がしてくれた怪談。

先生は釣りが好きで、土日などよく暗い内に瀬渡しの船に乗り、瀬に降り立って明るくなり始める早朝から釣りをしていたそうな。

しかし、よく釣れそうな瀬にはいつも先客がおり、船の上からその瀬にライトの明かりが見えていて、「あそこにもいる。あっちにもいる」と何回来てもなかなか良い瀬には降りられなかったそうだ。

そこで、一度瀬泊まりをする事にし、前夜の内に釣れる瀬に案内してもらい、やはり釣り好きな同僚の先生と二人で一晩そこに泊まる事にした。

夜の海、しかも瀬の上。聞こえるのはすぐそこの岩に波が打ち付ける音のみ。

非常に心細い中、横になって夜明けを待っていたそうだ。

すると「バシャ」っと海面を叩く大きな音が聞こえてきた。

その時は大きな魚が跳ねただけだろうと特に気にしなかったが、やがて「バシャバシャバシャバシャ」と激しい音に変わった。

先生は何事かと音のする方向にライトを照らしてみた。

そこには『お前たち(俺は当時小6)』くらいの男の子が10メートルほど先の海面で、後ろ向きになって手をバタつかせて暴れていたらしい。

「おい、何やってんだ!?」

気付いたら先生はそう叫んでいたそうな。

その声と共に男の子は暴れるのをやめ、ゆっくりと振り返った。

『それまでもビビってたが、顔を見た瞬間血の気が引いた』と先生の談。

その顔は、目はくぼみの様に真っ黒で、所々肉は削げ落ち、アゴが外れているんじゃないかと思えるくらいに大きく口を開いていたそうだ。

「あ゙ああぁぁぁぁぁ、あ゙あああぁぁぁぁ」

男の子は絶叫のような声を上げ、先生の方に海面から手をバタつかせながらゆっくり近付いて来たそうだ。ここは瀬、上って来られたら逃げ場が無い。

先生は隣で爆睡中の同僚を起こす。

「○○先生、起きてください!お化けです!!!」

「ん~。どうしたんですか? まだ真っ暗ですよ?」

「あそこ!あそこにお化けが!!」

その方向にライトを照らした時には、もう男の子は消えていたそうだ。

その後、同僚に説明し、同僚も半信半疑のまま何とか納得してもらい、瀬渡しの船に電話して夜明けと共に迎えに来てもらった。

『水の音がするたび、また出るんじゃないかって生きた心地がしなかった』

先生はそんな事を言っていた。

それで迎えの船が来て、船に乗り込む時に体験した事を船頭に話してみたそうだ。

「やっぱりあいつか、また出たのか」

船頭は溜息交じりにそう言ったそうだ。

何でも十年くらい前から先生の見た霊の目撃談が出てくるようになったらしく、こんな噂が広がると仕事に支障が出るので黙っていてくれと口止めされたらしい。

『船上でさ、最後に俺達の居た瀬を見たんだ。そしたらさ、アイツが立ってたよ。

ちょうど俺達が寝ていた辺りの所に立って、俺らの船を見てたんだ』

その晩の海岸沿いの肝試しは不参加者が続出した。

しがみついて

3年前、家族でI県の海岸にあるキャンプ場に遊びに行った。キャンプ場は崖の上にあり、そこからがけ下まで階段で下りると綺麗な砂浜があった。 私達の他にもたくさんキャンプに来てる人がい…

外でお経を読むこと

一応これでも修験道の行者をやっています。お寺と師弟関係を結び、京都にある某本山で僧籍を持っています。 そんな私が駆け出しの頃に体験した怖い話です。 やはり修行をしていますと…

爪を食べる女

最近あった喫茶店での話。 普通に時間を潰していたところ、隣のテーブルでなにやら物音。 カリカリカリという音。最初は特に気にもならなかったので本を読んでいたのですが、30分ほ…

肋骨を掴む手

最寄の駅からおいらの会社まで自転車で通っていたことがある。 その日は仕事が結構早めに終わり、少しずつ暗くなる路地裏を自転車で家路を急いでいた。 蒼い宵闇が降りてくる。境界線…

お婆さんの腕(フリー写真)

幽霊が見える祖母の話

俺の婆ちゃんの話。 婆ちゃんは不思議な人で、昔から俺だけに、 「お婆ちゃんは幽霊が見えるとよ。誰にも言っちゃいかんけんね」 と言っていた。 実際に俺が霊体験を…

廃墟

幽霊屋敷

高校を卒業するまで住んでいた街に幽霊屋敷があった。 少し街外れの大きな土地に、広い庭と白い2階建ての家。 2年程前にそれを建てて住んだのは四人家族だった。父親は大学教授。母…

幽霊ってさ、通り魔みたいに理不尽な存在だと思うんだ

霊ってどんなものかその時まで知らなかったけど、通り魔みたいに理不尽な存在だと思う。 10年くらい前に日本全国をブラブラ旅歩いていたときの話。 T県のとある海鮮料理を出すお店…

老婆の顔

これは私が中学生の頃の話です。 朝練のために朝早く登校した私の友達が、運悪く学校の近くの川で自殺したおばあさんを見つけてしまったのです。 その日はもちろん大騒ぎになり、友達…

だ~れだ?

今から2年程前のことです。とあるアパートに彼女と同棲していました。 その日はバイトが早めに終わり、一人でテレビを見ながら彼女の帰りを待っていると、「だ~れだ?」という声と共に目隠…

スパイラル

遺伝

子供たちを連れて実家に遊びに行った時のこと。 普段から穏やかな母と明るい父と、同居の妹一家と、みんなで楽しく話していた。 途中で母が「そうだ、○○(長男)にいい本を見つけた…