瀬泊まり

20090706213201c27

小学校の頃、キャンプで夜の肝試しの前に先生がしてくれた怪談。

先生は釣りが好きで、土日などよく暗い内に瀬渡しの船に乗り、瀬に降り立って明るくなり始める早朝から釣りをしていたそうな。

しかし、よく釣れそうな瀬にはいつも先客がおり、船の上からその瀬にライトの明かりが見えていて、「あそこにもいる。あっちにもいる」と何回来てもなかなか良い瀬には降りられなかったそうだ。

そこで、一度瀬泊まりをする事にし、前夜の内に釣れる瀬に案内してもらい、やはり釣り好きな同僚の先生と二人で一晩そこに泊まる事にした。

夜の海、しかも瀬の上。聞こえるのはすぐそこの岩に波が打ち付ける音のみ。

非常に心細い中、横になって夜明けを待っていたそうだ。

すると「バシャ」っと海面を叩く大きな音が聞こえてきた。

その時は大きな魚が跳ねただけだろうと特に気にしなかったが、やがて「バシャバシャバシャバシャ」と激しい音に変わった。

先生は何事かと音のする方向にライトを照らしてみた。

そこには『お前たち(俺は当時小6)』くらいの男の子が10メートルほど先の海面で、後ろ向きになって手をバタつかせて暴れていたらしい。

「おい、何やってんだ!?」

気付いたら先生はそう叫んでいたそうな。

その声と共に男の子は暴れるのをやめ、ゆっくりと振り返った。

『それまでもビビってたが、顔を見た瞬間血の気が引いた』と先生の談。

その顔は、目はくぼみの様に真っ黒で、所々肉は削げ落ち、アゴが外れているんじゃないかと思えるくらいに大きく口を開いていたそうだ。

「あ゙ああぁぁぁぁぁ、あ゙あああぁぁぁぁ」

男の子は絶叫のような声を上げ、先生の方に海面から手をバタつかせながらゆっくり近付いて来たそうだ。ここは瀬、上って来られたら逃げ場が無い。

先生は隣で爆睡中の同僚を起こす。

「○○先生、起きてください!お化けです!!!」

「ん~。どうしたんですか? まだ真っ暗ですよ?」

「あそこ!あそこにお化けが!!」

その方向にライトを照らした時には、もう男の子は消えていたそうだ。

その後、同僚に説明し、同僚も半信半疑のまま何とか納得してもらい、瀬渡しの船に電話して夜明けと共に迎えに来てもらった。

『水の音がするたび、また出るんじゃないかって生きた心地がしなかった』

先生はそんな事を言っていた。

それで迎えの船が来て、船に乗り込む時に体験した事を船頭に話してみたそうだ。

「やっぱりあいつか、また出たのか」

船頭は溜息交じりにそう言ったそうだ。

何でも十年くらい前から先生の見た霊の目撃談が出てくるようになったらしく、こんな噂が広がると仕事に支障が出るので黙っていてくれと口止めされたらしい。

『船上でさ、最後に俺達の居た瀬を見たんだ。そしたらさ、アイツが立ってたよ。

ちょうど俺達が寝ていた辺りの所に立って、俺らの船を見てたんだ』

その晩の海岸沿いの肝試しは不参加者が続出した。

ホテル

生け贄

この間、親父が物置の整理をしていて、夕方居間にガラクタの山を積み上げて昔を懐かしんでいた。 ガラクタの中には古着やレコードや陶人形などがあった。 ふと一枚の写真が目についた…

離島の駐在所

私はある離島の駐在所に勤務しております。 この駐在所に来る前は、派出所に勤務しておりました。 田舎に住む事になりましたが、私は不運だったと思っていません。職住接近だし、3直…

郵便受け(フリー写真)

空き家に届く封筒

以前仕事で聞いたことを書いてみる。 あまり詳しく書くと職責に触れるので、結構改変するからフィクションとして見て欲しい。 ※ 郵便配達の仕事をしていた頃のある日、誰も居ない空き…

お札

金の亡者

以前勤めていた、ある土木調査会社での体験です。少し長いですが。お付き合いください。 東京湾を望む広い埋立地に建っていたその会社は、バブル期の乱開発による不備(地盤沈下や排水不備等…

ここにいたあ

13日に田舎の墓参りに行ってきた。 毎年恒例で、俺は東京で一人暮らしして初めての里帰りだった寺には一族郎党が集まり、仲の良い従兄弟のDも来ていた。 お経も終わり墓参りも終わ…

子供の寝顔(フリー写真)

した

親父から昔、何度か聞かされた話。 俺が2、3歳の頃、一緒に住んでいた曾祖母が亡くなった。 その頃はまだ、人が死ぬということもよく解っていなかったと思う。 ※ その3日後…

姉からの着信

実家に帰省したある夏休み。 夜中の3時に自分の部屋でネットをしていた時、私の携帯電話に姉から着信があったの。 姉は廊下を挟んだ向かいの部屋にいるんだから、何か話したいのなら…

自衛隊での体験談

ちょっと専門用語が多いので分かり難いかもしれない。 高校卒業後すぐに自衛隊に入隊した俺だったんだが、7月の後期教育のある日、駐屯地にある小さい資料館の掃除があったんだ。 班…

ざわつき声の正体

高校を卒業し、進学して一人暮らしを始めたばかりの頃の話。 ある夜、部屋でゲームをしていると、下の方から大勢の人がざわざわと騒ぐような声が聞こえてきた。 俺は『下の階の人のと…

河川敷(フリー素材)

昔の刑場

俺のおふくろは戦前、満州から北朝鮮の辺りに開拓移民で居たのだが、夕暮れ時に街角の十字路で1メートルを超える人魂を見たことがあると言っていたな。 ぽっかりと浮かんだ人魂は、逢魔が時…