誰かの髪

公開日: 本当にあった怖い話

シャワー(フリー写真)

数年前、私は妹と東京で二人暮らしをしていました。

元々は二人別々に部屋を借りていたのですが、二人の家賃を合わせると一軒家が借りられるという事に気付き、都心から多少離れてはいるものの、広くて綺麗な家を借りる事にしたのです。

ある日、妹がお風呂に入り、私が二階でテレビを視ている時のことです。

風呂場から「ギャアアアアア」という物凄い悲鳴が聞こえてきました。

ゴキブリでも出たかと思って一階に降りると、妹は髪をぐっしょりと濡らして裸のまま廊下に立っていました。

何があったか知らないが、いくら何でもその格好はないだろうと呆れながら、

「どうしたの?」

と聞くと、青ざめた顔で

「…風呂場、見て来て、お願い」

と言います。

言われた通り見て来ましたが、特に変わった様子はありませんでした。

脱衣所までびしょ濡れで、妹が湯船から慌てて飛び出した様子が伺えた以外は。

取り敢えず服を着て、髪を乾かして一息ついてから、妹は事情を話し始めました。

いつものようにお風呂に浸かっていると、

「ヒュー…ヒュー…」

という誰かの呼吸する音を聞いたと言うのです。

周りを見渡したのですが、誰も居ません。

風の音だと解釈し、妹は深く気にせずに髪を洗い始めました。

湯船に浸かりながら上半身だけ風呂釜の外に身を乗り出し、前かがみになって髪を洗います。

手の平でシャンプーを泡立て、地肌に指を滑らせ、髪を揉むようにして洗いました。

その時、ある事に気付いたのです。

髪が、長い。

妹が洗っている髪の毛は、彼女自身の髪よりも数十センチ長かったそうです。

そして、もう一つのある事実に気が付いた時、妹は思わず風呂場から飛び出してしまったそうです。

後頭部に、誰かの鼻が当たっていることに。

それ以降、妹は極度の怖がりになってしまい、お風呂に入る時は必ずドアの外で私が待機するようになりました。

私自身は、今日に至るまで何ら不思議な体験をしていません。

しかし妹は確かにあの時、自分のものではない誰かの髪を洗ったと言います。

関連記事

ゴールの写真

小学生の時に聞いた実話。ある一人の少年がマラソン大会に出場したんだが、心臓が悪いため速く走ることが出来なかった。最後尾になりながらも、少年は諦めずに頑張って走った。 …

ビーチ(フリー写真)

楽しそうな笑み

奄美のとある海岸でビデオ撮影をした時の話。俺の家族は、全員が思い出に残るようにと、ビデオカメラをスタンドに固定して撮るんだよ。その日もそうしたまま、兄弟で海に入り遊んで…

文字化けメール

去年の3月の事。俺は高校を卒業し、大学へ通うようになるまでの数週間、暇を持て余してひたすら遊び歩いていた。そんなある日の夕方、友人(A)から「暇だからドライブ行こうぜ!」という…

夜の林(フリー写真)

お経の声

大学時代の話。実話です。俺が通っていた大学の近くに自殺の名所があった。林を暫く入った所にある滝(以下S滝)だ。自殺の名所と言っても、景色も良く街からそんなに遠…

トンネル

帰らない友人

うちの近くに、背の高い草が茫々に生い茂った空き地がある。陽の光が当たり難いだけでなく、元から妙に薄暗いため、非常に不気味な場所だ。そんな場所は、やはり小中学生には格好の…

日本人形(フリー素材)

闇バイト

以前のバイト現場に、音楽の専門学校に通っている同僚のYさんが居ました。男性の年上の方で、生活費を稼ぐためにバイトを掛け持ちしていたそうです。 ※ ある日、Yさんが通っている…

さっきの子

今年の夏休み、大学の友達と3人で四国へ旅行に行った時の話。ナビも付いていないオンボロ車で、山中で迷ってしまい、どうにか国道に出る道を探し回っていた。辺りも薄暗くなってき…

古民家(フリー写真)

庭にあるお墓

そんなに怖くないかもしれませんが、私の体験談です。埼玉県のとある地域に住んでいるのですが、何代も前から住んでいる人たちの間に、ある習慣があります。それにまつわるお話です…

ホテルの看板(フリー素材)

海外の幽霊ホテル

この前、ニュージーランドをバイクで旅したんだ。南島にダニーデンという町があって、そこのユースホステルは幽霊が出ることで有名なんだ。そこの建物は50年前まで病院だったらし…

神に愛されるということ

私は占い師に「長生きできんね」と言われたことある。理由も聞いた。「あんた、大陸に行ったことあるだろう? そこで憑かれたんだと思うけど、悪霊なんてもんじゃない。神に近いから、まず…