誰かの髪

公開日: 本当にあった怖い話

シャワー(フリー写真)

数年前、私は妹と東京で二人暮らしをしていました。

元々は二人別々に部屋を借りていたのですが、二人の家賃を合わせると一軒家が借りられるという事に気付き、都心から多少離れてはいるものの、広くて綺麗な家を借りる事にしたのです。

ある日、妹がお風呂に入り、私が二階でテレビを視ている時のことです。

風呂場から「ギャアアアアア」という物凄い悲鳴が聞こえてきました。

ゴキブリでも出たかと思って一階に降りると、妹は髪をぐっしょりと濡らして裸のまま廊下に立っていました。

何があったか知らないが、いくら何でもその格好はないだろうと呆れながら、

「どうしたの?」

と聞くと、青ざめた顔で

「…風呂場、見て来て、お願い」

と言います。

言われた通り見て来ましたが、特に変わった様子はありませんでした。

脱衣所までびしょ濡れで、妹が湯船から慌てて飛び出した様子が伺えた以外は。

取り敢えず服を着て、髪を乾かして一息ついてから、妹は事情を話し始めました。

いつものようにお風呂に浸かっていると、

「ヒュー…ヒュー…」

という誰かの呼吸する音を聞いたと言うのです。

周りを見渡したのですが、誰も居ません。

風の音だと解釈し、妹は深く気にせずに髪を洗い始めました。

湯船に浸かりながら上半身だけ風呂釜の外に身を乗り出し、前かがみになって髪を洗います。

手の平でシャンプーを泡立て、地肌に指を滑らせ、髪を揉むようにして洗いました。

その時、ある事に気付いたのです。

髪が、長い。

妹が洗っている髪の毛は、彼女自身の髪よりも数十センチ長かったそうです。

そして、もう一つのある事実に気が付いた時、妹は思わず風呂場から飛び出してしまったそうです。

後頭部に、誰かの鼻が当たっていることに。

それ以降、妹は極度の怖がりになってしまい、お風呂に入る時は必ずドアの外で私が待機するようになりました。

私自身は、今日に至るまで何ら不思議な体験をしていません。

しかし妹は確かにあの時、自分のものではない誰かの髪を洗ったと言います。

関連記事

炎(フリー素材)

鳴く人形

俺の実家は小さな寺をやっている。子供の頃から、親父が憑き物祓いや人形供養をしているのを何度も見て来た。その中でも一番怖かったのが赤ちゃんの人形。ミルクなどを飲ませるよう…

さよなら

中学生の頃、一人の女子が数人の女子から虐められていた。いつも一人で本を読んでいるような子で、髪も前髪を伸ばしっ放しで幽霊女なんて言われていた。でもさ、その子滅茶苦茶可愛…

話しかけてきた人影

私の祖母は、亡くなるまでに何度もこの話をしていた。それは、私の父がまだ赤ん坊だったときのこと。ロンドンが空襲に遭い、住む家を破壊されてしまった祖母は、友人の家に身を寄せることに…

アパートの磨りガラス(フリー写真)

同じ長さの髪の毛

ちょうど一昨年の今ぐらいの時期に起きた出来事。大学のサークルの友人Aが、「引っ越しをするので手伝ってくれ」と言って来た。お礼に寿司を奢ってくれると言うの…

ホテル

生け贄

この間、親父が物置の整理をしていて、夕方居間にガラクタの山を積み上げて昔を懐かしんでいた。ガラクタの中には古着やレコードや陶人形などがあった。ふと一枚の写真が目についた…

石段

黒い鳥居

これからするお話は、今から20年以上前、僕が中学生の時の話です。当時の僕は悪い先輩達と付き合いがあり、暴走やタバコ、シンナー等、不良っぽい事をして意気がる田舎ヤンキーでした。 …

棲家

9歳の時引っ越した私の家には何かが居た。主に私の部屋で、金縛りはしょっちゅう起きるし、色んな人の声もする。壁の中からだったり、寝ている自分の上や枕元、ベッドの下からなど…

ホテル

アンケートの忠告

私が某会員制リゾートホテルに勤めていた時、ある老夫婦に書いて頂いたアンケート用紙の内容です。表面は通常のよくある普通のアンケートの回答でした。ホテルの従業員の対応や施設の使用感…

電話

ダレモイナイヨ

ある年の夏の終わり頃の事でした。私が住宅街の中にポツンとあるカフェバーで働いていた時の話です。その店はあまりお客も来ず、私と友人達の恰好の溜り場となっていました。 …

黒ピグモン

深夜にひとりで残業をしていた時の話。数年前の12月の週末、翌週までに納品しなければいけない仕事をこなす為に、ひとり事務所に残って残業していた。気付けば深夜0時近く。連日…