夜中の足音

公開日: 心霊体験

廊下(フリー写真)

今から10年前に体験したことを書きます。

当時は自衛隊に入隊したばかりで、夏の頃でした。

訓練が始まる前日、期待や不安でいっぱいだった私はなかなか寝付けませんでした。

布団の中で悶々としていた時に、廊下から「ダダダダダ…」と、誰かが走っているような足音がしました。

それも凄い勢いでです。

私が居た部屋は一番突き当たりで、部屋から廊下に出ると横は壁です。

その壁に向かって猛ダッシュしているように聞こえるのです。

朝になって足音について同じ部屋の人たちに聞いてみたところ、聞こえる人と聞こえない人に分かれていました。

その足音は毎晩聞こえてきました。

ある日、余りにも煩いので耐え切れなくなり、足音がしたのと同時に部屋の扉を開けました。

足音の正体を掴んでやろうと思ったのです。

……………。

誰も居ません。

足音も消えていました。

その次の日、某班長から夜中に足音が聞こえても無視しろとの通達がありました。

何でも以前、例の足音を聞いて正体を掴もうと廊下へ出た人が居たそうで…。

その人は朝になっても部屋に戻らず、何処にも居なかったそうです。

警察が来て捜索しても見つからず、未だに行方不明…。

もしあの時、廊下に出ていたらと思うと恐ろしいです。

駐屯地の横には病院があるのですが、あの廊下の壁の真向かいがちょうど遺体安置室だったと後日聞きました。

関連記事

初めて見た霊

俺が中学の時の話。麻雀を覚えたての頃で、仲の良い友達3人(A・B・C)と学校が終わってはAの家に集まり麻雀をやっていた。Aの部屋は離れにあり、親などに特にうるさくされず…

ワンピースを着た綺麗な女性

以前、遠距離恋愛をしていた。彼女は関西、俺は東京に住んでいた。9月の三連休、知人に車を借りて彼女に会いに行くことになった。会社での仕事を終えて、夜の23時くらいに東京を…

プログラマーの残業

元同僚のプログラマーから聞いた話なんですが、彼女(A子とします)が以前勤めていた会社での体験です。A子が転職する間際のことだったそうなんですが、退職間際になっても残案件が山積み…

小さな手

学校に付き物の怪談ですが、表に出ない怪談もあるのです。わたしが転勤した学校での話です。美術を教えているわたしは、作家活動として自ら油絵も描いていました。住まいは…

踏切(フリー写真)

開かない踏切

取引先の人から聞いた話。それは最終電車も通り過ぎた踏切での事。彼はお得意先のお偉いさんを接待した帰りだった。付き合いでさほど強くない酒を飲んだ彼は、タクシーに乗…

カップル(フリー素材)

恋人との思い出

怖いと言うより、私にとっては切ない話になります…。私が高校生の時、友達のKとゲーセンでレースゲームの対戦をして遊んでいました(4人対戦の筐体)。その時、隣に二人の女の子…

やっと見つけた

俺が体験した洒落にならない夢の話。夢の中で俺は葬式の招待の手紙を受け取った。それが誰の葬式か分からないが、行ってみることにした。その家に行ってみると、俺と同じく…

雪国(フリー写真)

無医村

爺ちゃんは当時、凄い田舎の山村に住んでいて、村にはあまり評判の良くない医者が一軒しかなかった。ある時、爺ちゃんの知り合いの年配の男性が盲腸になり、仕方なくその医者に手術してもら…

古民家(フリー写真)

三階のトシ子ちゃん

春というのは若い人達にとっては希望に満ちた、新しい生命の息吹を感じる季節だろう。しかし私くらいの年になると、何かざわざわと落ち着かない、それでいて妙に静かな眠りを誘う季節であ…

見つけて…、お願い…

これはもう25年以上も前ですが、実際に体験した話です。元々ある場所に起因する話なのですが、当時私が高校2年から3年へ上がる春休み中に、その事は起こりました。そのある場所…