無念のアザ

花(フリー素材)

妹が小学生の頃、家族ぐるみで仲良くしていた母子家庭のAさん親子がいました。

うちも母子家庭だったので、すぐ仲良くなったみたいです。

私は当時高校生だったので、学校やバイトであまり家に居らず、挨拶程度の仲でした。

一方、妹はそのお宅へよく泊まりに行ったり、買い物や日帰り旅行などに連れて行ってもらったりと、Aさんにとても可愛がられていました。

Aさんはいわゆる元ヤンの女性で、ヤンキーやヤクザの友人、知り合いが何人かいたようです。

うちにもAさん親子とAさんの友人であるヤクザ夫婦が何度か遊びに来ていました。

皆さん外見は怖かったですが、いつも優しく声を掛けてくれました。

妹は子供がいなかったヤクザ夫婦にも可愛がられており、よくAさん親子とヤクザ夫婦と一緒に居ました。

うちの母親が当時体調を崩しており、私も家にあまり居なかったのもあって、妹の面倒を買って出てくれていたようでした。

しかし、ある日突然そのヤクザ男性が交通事故で亡くなったという連絡がありました。

その後、ニュースでも会社員という扱いで『交通事故の自損事故で死亡』と報じられていました。

妹は酷くショックを受けていました。

母親とAさんは葬式や通夜について話し合っていましたが、Aさんだけ行くことにし、母親は行かないことに決めたようです。

暫くしてから、そのヤクザ男性のお骨をAさんが一時預かることになったそうです。そして妹はAさん宅に泊まりに行きました。

ところが、その夜22時頃に、妹はAさんの付き添いで帰って来ました。

母親は既に寝ていたので、私の部屋に入って来ました。

私は最初、妹の異変に気付かず携帯を弄っていました。妹はずっと無言で座っていました。

全く話さないので「どうしたの?」と聞くと、

「○○さん(亡くなったヤクザ男性)が出てきた」

と言いました。

「どういうこと?」と聞くと、

「線香を上げたらいきなり出てきて、腕をぐーっと掴まれた」

と言い、着ていたパーカーを脱ぎました。

すると両方の二の腕部分に、ドス黒い紫色の大きなアザがありました。

「何それ!」と驚くと、

「前から腕を掴まれたんだよ…。その後消えた」

と震えながら言いました。

とても信じられない話ではありましたが、目の前で妹の腕の変色したアザを見せられると、嘘ではないことは確かなようでした。

アザは指の形にくっきり付いていました。かなり強く掴まないと出来ないアザで、妹はかなり怖かったと思います。

後で聞いた話だと、そのヤクザ男性は交通事故ではなく、交通事故を装い火だるまにされて殺されたというのです。

彼は自分の無念を、妹に伝えようとしていたのでしょうか。

関連記事

新築分譲

つたない文章になりますが、お話させて貰ってもよろしいでしょうか?自覚している限り、霊能力はゼロに等しいと思っている私が先日体験した話です。少し状況を整理したいので前置き…

幽霊ホテル

今から20年近く前の話です。高校を中退した私は、アルバイト三昧の生活を送っていました。学力至上主義の進学校に通っていたので、それまでの友人達との縁は完全に切れ、バイト先…

杉沢村

某県八○田山系の裾野に杉沢村という小さな村があった。ところがある日、この村に住む一人の男が突然発狂し、住民全員を手斧で殺害。犯行後、男もまた自らの命を絶ってしまったため…

不気味なカセットテープ

今から10年程前、俺が通ってた中学校はA県M市M中学校だった。恐山のある街を検索すれば判ると思う。校舎は3階建てで、職員室側と教室側に分かれてた。職員室側は1階…

ざわつき声の正体

高校を卒業し、進学して一人暮らしを始めたばかりの頃の話。ある夜、部屋でゲームをしていると、下の方から大勢の人がざわざわと騒ぐような声が聞こえてきた。俺は『下の階の人のと…

カーテン(フリー写真)

少年とテレビ

これは僕の姉が、今の旦那と同棲中に体験した話です。姉は何年か前に、京都の市内にあるマンションに旦那さんと住んでいました。当時旦那さんは朝早い仕事をしており、毎朝5時には…

頼もしい親父

親父が若かった頃、就職が決まり新築のアパートを借りたらしい。バイトしていた材木店のトラックを借り、今まで住んでいたボロアパートから後輩に頼んで引越しをした。特に大きい物…

離島の駐在所

私はある離島の駐在所に勤務しております。この駐在所に来る前は、派出所に勤務しておりました。田舎に住む事になりましたが、私は不運だったと思っていません。職住接近だし、3直…

寮

オッサン管理人

ホラー映画を観たり怖い話を聞いたりするのは大好きだけど、自分がそういう体験をするのは絶対嫌だと言う友人から聞いた話です。 ※ 10年くらい前の話。当時、友人は会社の社員寮や…

トンネル(フリー写真)

車の手形

ある日、大学生のカップルが山へドライブに行きました。夕方になり、辺りが薄暗くなった頃に帰ろうとしたのですが、道を間違えたのか、行きでは通らなかった古びたトンネルに行き着いてしま…