無念のアザ

花(フリー素材)

妹が小学生の頃、家族ぐるみで仲良くしていた母子家庭のAさん親子がいました。

うちも母子家庭だったので、すぐ仲良くなったみたいです。

私は当時高校生だったので、学校やバイトであまり家に居らず、挨拶程度の仲でした。

一方、妹はそのお宅へよく泊まりに行ったり、買い物や日帰り旅行などに連れて行ってもらったりと、Aさんにとても可愛がられていました。

Aさんはいわゆる元ヤンの女性で、ヤンキーやヤクザの友人、知り合いが何人かいたようです。

うちにもAさん親子とAさんの友人であるヤクザ夫婦が何度か遊びに来ていました。

皆さん外見は怖かったですが、いつも優しく声を掛けてくれました。

妹は子供がいなかったヤクザ夫婦にも可愛がられており、よくAさん親子とヤクザ夫婦と一緒に居ました。

うちの母親が当時体調を崩しており、私も家にあまり居なかったのもあって、妹の面倒を買って出てくれていたようでした。

しかし、ある日突然そのヤクザ男性が交通事故で亡くなったという連絡がありました。

その後、ニュースでも会社員という扱いで『交通事故の自損事故で死亡』と報じられていました。

妹は酷くショックを受けていました。

母親とAさんは葬式や通夜について話し合っていましたが、Aさんだけ行くことにし、母親は行かないことに決めたようです。

暫くしてから、そのヤクザ男性のお骨をAさんが一時預かることになったそうです。そして妹はAさん宅に泊まりに行きました。

ところが、その夜22時頃に、妹はAさんの付き添いで帰って来ました。

母親は既に寝ていたので、私の部屋に入って来ました。

私は最初、妹の異変に気付かず携帯を弄っていました。妹はずっと無言で座っていました。

全く話さないので「どうしたの?」と聞くと、

「○○さん(亡くなったヤクザ男性)が出てきた」

と言いました。

「どういうこと?」と聞くと、

「線香を上げたらいきなり出てきて、腕をぐーっと掴まれた」

と言い、着ていたパーカーを脱ぎました。

すると両方の二の腕部分に、ドス黒い紫色の大きなアザがありました。

「何それ!」と驚くと、

「前から腕を掴まれたんだよ…。その後消えた」

と震えながら言いました。

とても信じられない話ではありましたが、目の前で妹の腕の変色したアザを見せられると、嘘ではないことは確かなようでした。

アザは指の形にくっきり付いていました。かなり強く掴まないと出来ないアザで、妹はかなり怖かったと思います。

後で聞いた話だと、そのヤクザ男性は交通事故ではなく、交通事故を装い火だるまにされて殺されたというのです。

彼は自分の無念を、妹に伝えようとしていたのでしょうか。

関連記事

てめぇじゃねぇ!

ある夜のことでした。 会社員のAさんは残業で遅くなったのでタクシーを拾いました。 タクシーの中では、運転手さんと色々な話で盛り上がっていました。 そして、タクシーは山…

少年と祖母

今年33歳になるが、もう30年近く前の俺が幼稚園に通っていた頃の話です。 昔はお寺さんが幼稚園を経営しているケースが多くて、俺が通ってた所もそうだった。今にして思うと園の横は納骨…

病室(フリー素材)

優しい声

これは俺が中学生の時の体験です。 恐怖感はあまり無く、今でも思い出すと不思議な気持ちになります。 ※ 中学二年の二学期に急性盲腸炎で緊急入院しました。定期テストの前だったので…

笑う女

旅先で知り合ったアニキに聞かせてもらった話。 このアニキが昔、長野と岐阜の県境辺りを旅していた頃、山間の小さな集落を通りかかった。 陽も暮れ掛けて夕焼け空に照らされた小さい…

みちかさん

親戚に霊能者と呼ばれている人がいる。 彼女の地元ではそれなりに有名で、本名とは別に、近所の人は彼女のことを「みちかさん」と呼んでいた。 なんでも”身近”と”未知か”、”道か…

三面鏡

今はあまり見かけなくなった三面鏡。 この前、実家に帰った時、紫色の布を被せた三面鏡があった。 布を上げてそれを広げてみると、自分の顔がたくさん映ってる。 色んな角度で…

山道

お遍路さんの道標

俺は九州出身なのだが、大学は四国へ進学した。以下はゼミの先輩から聞いた話だ。 四国と言えば八十八ヶ所霊場巡りが有名だが、昔は大変だったお遍路も今では道が整備され、道標も各所にあり…

尾崎豊さん

私の部屋にはよく夜中に霊が来ます。その時は必ず透けて見えます。 たまに映画のスクリーンのようにその霊にまつわるだろう景色も一緒に見えるのですが、何年か前にある男の人が現れました。…

今日でお別れかな

もう10年以上前の話だが、とある県の24時間サウナで意気投合した男の話。 結婚を考えていた女性がいた。 ある日の晩、一緒に繁華街で遅い晩飯を済ませ軽く呑んだ後、彼女をタクシ…

異国の像

中学校2年の時の話。俺の家は漁師ではなかったが海辺に住んでいた。 というか前の浜から背後の山まで狭くて細長い土地の町だったので、殆どの人が海辺に住んでいると言えるのだけど。 …