海に棲む霊

海(フリー写真)

これは私の友人に起きた実際の体験談です。

お盆には海に入ってはいけないと、古くから伝えられていますよね。

それは、イラ(クラゲ)が出てしまうからという物理的な事だけではないようです。

つまり、霊に海の中へと連れて行かれてしまうからだとも言われています。

ですがお盆は帰省で皆が集まったりで、どうしても遊びに夢中になってしまいます。

駄目だと分かっていながらも、海に入って遊んでいる方も少なくありません。

当時の私達もそんな連中でした。

その時、私たちは女性3人と男性4人で海の中に入って遊んでいました。

私は体調の事もあり、砂浜から遊ぶ皆を見ていました。

事件は突然起こりました。

そんなに深くも無い浅瀬で、一人の男性が急に姿を消したのです。

目の前から、ポトッと音を立てて海の中へと姿を消してしまったのです。

遠くから見ている私は、皆の悲鳴が遊んでいるものなのかも分からずに、ただ見ている事しか出来ませんでした。

姿を消した友人は、他の男性に引き摺られて出てきました。

男性たちは気を失っている友人を一生懸命引っ張り、女性たちはそれを見守る事しか出来ませんでした。

私も急いで海の家の人を呼びに行きましたが、お盆で人がいらっしゃらないため、急いで救急車を呼びました。

救急車が来るまでは見様見真似の人工呼吸を行い、どうにか友人が目を覚ましてくれるのを祈りました。

救急車に乗せて皆で病院に向かう途中、一体何が起きたのか誰も把握する事すら出来ていませんでした。

浅瀬でビーチボールで遊んでいると、急に友人が姿を消した。

足でも滑らせたのかと、皆で原因の追及をしました。

病院に搬送された友人はその後、意識が回復しました。

しかし病室で病院の方に、

「何があったのですか?」

と青い顔をして聞かれた時、私たちは事態の深刻さに気付きました。

友人の背中には、子供の手形のようなアザが無数に付いていました。

病院の方に「子供さんと遊んでいたのですか」と聞かれるも、海には私たちだけしか居らず、子供なんて一人も居ませんでした。

私達は皆、友人の背中を見て血の気が引きました。

友人の目が覚めた時に何があったのか問いましたが、友人は

「自分でもよく解らないけれど、誰かに引っ張られた…」

と言いました。

私達は病室の友人にも鏡で背中のアザを見せました。

友人は自分の身に何が起きたのか解らず、更に困惑しているようでした。

友人のアザは2、3日は消えずに残り、私たちの胸には一生消えない傷跡が刻まれました。

それから二度とお盆に海へ入る事はやめましたが、私たちは恐怖心からお盆でなくても海に入れなくなりました。

差し込む光(フリー写真)

井戸の女性

伯父に聞いた戦時中の話です。 実家は長崎にあるのですが、伯父は原爆が投下された時には少し離れた市の親戚の家に居たので無事でした。 戦争が終わり、暫くして実家に戻ると、家の裏…

夜のキャンプ

バックミラーの男

私の妹が体験した話を書かせていただきます。 以前、海へキャンプへ行った時のことです。 そこは自然のビーチで、近くには御手洗い等がなく、御手洗いに行きたい時は、少し離れた港…

カナちゃんのメッセージ

ここでの俺は神楽と名乗ることにする。 断っておくが、本名ではない。 今はサラリーマンをしているが、少し前までは神楽斎という名で霊能者をしていたからだ。 雑誌にも2度ほ…

爺ちゃんとの秘密

俺は物心ついた時から霊感が強かったらしく、話せるようになってからは、いつも他の人には見えない者と遊んだりしていた。 正直生きている者とこの世の者ではないものとの区別が全くつかなか…

子供の手(フリー写真)

帰って来た子供

町の外れに、ある夫婦が住んでいました。 その夫婦にはまだ幼い子供が居ました。 ※ ある日の事です。 外で遊んでいた子供が、泣きながら家に帰って来ました。 母親が心…

峠の道

道連れ

夏のある日、二組のカップルが海水浴に出かけました。 仮にA君、A君の彼女、B君、B君の彼女とします。 A君はバイクを持っていたので一人で乗り、B君は車を持っていたので残りの…

書斎(フリー写真)

電話を切りなさい

会社の先輩(女性)が学生の頃に体験した話。 学校から帰ってみると、家に誰も居なかった。 先輩は特に気にすることもなく、父親の三畳ほどの広さの書斎にある電話で友達とおしゃべり…

学校(フリー写真)

霊感教師と霊感生徒

俺の母は小学校の教師をしている。 霊感があり、赴任先によっては肉体的にかなりキツかったらしい。 ※ 10年前に4年生のクラスを担任した時、かなりの霊感を持つ女生徒Aと出会った…

ピアノ騒音殺人事件

新興住宅地で起きた事件で、新興住宅地の欠陥が現れたものとして、有名なピアノ殺人事件を取上げる。 これは1974年平塚市で起きた事件で、当時大変話題になった事件であり、かつ過去に繋…

肋骨を掴む手

最寄の駅からおいらの会社まで自転車で通っていたことがある。 その日は仕事が結構早めに終わり、少しずつ暗くなる路地裏を自転車で家路を急いでいた。 蒼い宵闇が降りてくる。境界線…