海に棲む霊

海(フリー写真)

これは私の友人に起きた実際の体験談です。

お盆には海に入ってはいけないと、古くから伝えられていますよね。

それは、イラ(クラゲ)が出てしまうからという物理的な事だけではないようです。

つまり、霊に海の中へと連れて行かれてしまうからだとも言われています。

ですがお盆は帰省で皆が集まったりで、どうしても遊びに夢中になってしまいます。

駄目だと分かっていながらも、海に入って遊んでいる方も少なくありません。

当時の私達もそんな連中でした。

その時、私たちは女性3人と男性4人で海の中に入って遊んでいました。

私は体調の事もあり、砂浜から遊ぶ皆を見ていました。

事件は突然起こりました。

そんなに深くも無い浅瀬で、一人の男性が急に姿を消したのです。

目の前から、ポトッと音を立てて海の中へと姿を消してしまったのです。

遠くから見ている私は、皆の悲鳴が遊んでいるものなのかも分からずに、ただ見ている事しか出来ませんでした。

姿を消した友人は、他の男性に引き摺られて出てきました。

男性たちは気を失っている友人を一生懸命引っ張り、女性たちはそれを見守る事しか出来ませんでした。

私も急いで海の家の人を呼びに行きましたが、お盆で人がいらっしゃらないため、急いで救急車を呼びました。

救急車が来るまでは見様見真似の人工呼吸を行い、どうにか友人が目を覚ましてくれるのを祈りました。

救急車に乗せて皆で病院に向かう途中、一体何が起きたのか誰も把握する事すら出来ていませんでした。

浅瀬でビーチボールで遊んでいると、急に友人が姿を消した。

足でも滑らせたのかと、皆で原因の追及をしました。

病院に搬送された友人はその後、意識が回復しました。

しかし病室で病院の方に、

「何があったのですか?」

と青い顔をして聞かれた時、私たちは事態の深刻さに気付きました。

友人の背中には、子供の手形のようなアザが無数に付いていました。

病院の方に「子供さんと遊んでいたのですか」と聞かれるも、海には私たちだけしか居らず、子供なんて一人も居ませんでした。

私達は皆、友人の背中を見て血の気が引きました。

友人の目が覚めた時に何があったのか問いましたが、友人は

「自分でもよく解らないけれど、誰かに引っ張られた…」

と言いました。

私達は病室の友人にも鏡で背中のアザを見せました。

友人は自分の身に何が起きたのか解らず、更に困惑しているようでした。

友人のアザは2、3日は消えずに残り、私たちの胸には一生消えない傷跡が刻まれました。

それから二度とお盆に海へ入る事はやめましたが、私たちは恐怖心からお盆でなくても海に入れなくなりました。

スーパーマーケット(フリー写真)

台風の日の親子

以前スーパーで働いていた時の話。その日は台風が近付いていて、午前中は雨になる前に買い物をしておこうと客がいつもより多かった。夕方を過ぎて雨が本降りになると、客はほぼ来な…

呪いのゲームソフト

昔、ゲーム雑誌会社で働いていました。当時はゲームと毎日向かい合っていたので振り返るのをやめていましたが、会社自体が潰れて暫く経ち、どこの会社かバレても支障がなくなったので、その…

おかあさんといっしょの都市伝説 – 2 –

『おかあさんといっしょ』は50年以上続く子ども向けの教育番組だ。歴史が長いだけに、都市伝説も数多く存在する。今回はその一つをご紹介しよう。1993年より体操のお兄さんと…

アケミくるな

僕は運送大手の○川でドライバーをしていました。ある夜、○○工場内(九州内にあります)で作業中、どうにも同僚Sの様子がおかしいことに気が付きました。Sは仕事中だというのに…

自動販売機

赤いランドセルの少女

私の大学は結構な田舎でして、羽根を伸ばす場所がこれと言ってありません。そういう事情に加え、学生の多くが車を所有していることもあり、必然と連れ立ってドライブに行くことが遊びの一つ…

学校(フリー背景素材)

知っている子

私の友達Aさんが、小学校6年生の時に体験した話である。休み時間、彼女は友達と一緒にトイレでお喋りをしていた。すると突然トイレの入口が開けられ、一人の少女が飛びこんで来た…

ホテルの一室(フリー写真)

ホテルの開かずの間

これは私の父が体験した話です。父は仕事で少し遠い所まで出張し、経費削減のため同僚と一緒に安いホテルに泊まりました。父には霊感があるのですが、当初はそのホテルから何も感じ…

爪を食べる女

最近あった喫茶店での話。普通に時間を潰していたところ、隣のテーブルでなにやら物音。カリカリカリという音。最初は特に気にもならなかったので本を読んでいたのですが、30分ほ…

古民家(フリー写真)

三階のトシ子ちゃん

春というのは若い人達にとっては希望に満ちた、新しい生命の息吹を感じる季節だろう。しかし私くらいの年になると、何かざわざわと落ち着かない、それでいて妙に静かな眠りを誘う季節であ…

夜道

白い傘を差した人

ある日、友人と遊んだ後、雨が降っているし時間も遅いからということで友人を家に送った帰りの話。今週の漫画をまだ読んでいないなと思い、コンビニへ行った。店内に客は自分だけ。…