赤い服の女の子

公開日: ほんのり怖い話 | 心霊体験 | 怖い話

市松人形

以前に書き込みした者ですが、もう一つ、二十年程前の話をします。

私はオカルト掲示板でもお馴染みの、例の生き人形の生放送を見ました。

スタジオがパニックになったなど詳細は覚えていませんが、人形の顔などは今でもはっきり脳裏に焼き付いています。

その当時、私は小学校高学年で、妹は低学年でした。

親は留守にしていて、二人でその番組を見てしまったのです。

とにかく怖くて怖くて、私も妹も夜は親と寝るようになった程でした。

恐怖も幾分か薄らいで来たある夜、それは起こりました。

私が眠っていると、真夜中に誰かが物凄い勢いで階段を降りて行きます。

いつもなら足音で誰かは判るのですが、その時は誰が下へ降りて行ったのか全く判りませんでした。

夢うつつで『誰かなー』と考えていると、

「ガタン、ガサガサ、ピシッ。

ガタン、ガサガサ、ピシッ」

階下に居る人物が引き出しを開閉しているようです。

『ああ、お父さんかな』

そう思い、そのまま寝てしまいました。

翌日、親に聞いてみると、そんな事はしていないと言うのです。

特に母親は音に敏感な人で、少しの物音ですぐ目を覚ます性質でしたから、私が寝ぼけていたという事でその話は落ち着いてしまいました。

ところが、その出来事は何度も繰り返し起こったのです。

その度に親に訴えても取り合ってもらえず、逆に怒られる始末です。

私は悔しくて、誰の仕業か絶対突き止めてやると決心しました。

その夜の事、誰かが階段を降りる音で目が覚めました。

いつもと同じ様にガタガタ物音がしています。

少し怖かったのですが、恐怖よりも親に対する怒りの方が強く、私は足音を忍ばせて下へ降りて行きました。

階段の電気はいつも点けっ放しだったので大丈夫でしたが、下は真っ暗でした。

「ガタン、ガサガサ、ピシッ」

暗闇の中で音だけが響き渡ります。

何も見えない闇の中で、一体誰が何をしているというのでしょうか。

確かに誰か居るのですが尋常ではありません。

体が凍り付きましたが、部屋に逃げ帰るとまた親に理不尽に扱われます。

恐怖と闘いながら、意を決して居間の電気を点けました。

そこには赤い服を着たおかっぱ頭の女の子が居ました。

箪笥の引き出しを開け、断固とした態度で何かを探しています。

それは半目を開け、殆ど白目状態の奇妙な目つきをした妹だったのです。

妹は話し掛けても反応が無く、無言で次々に引き出しを開け、取り憑かれたようにただ懸命に何かを探しているのでした。

私は大急ぎで親を起こし、後は親に任せました。

妹は病院で夢遊病だと診断されました。

でも私には、あの人形が妹に乗り移ったとしか思えませんでした。

背格好に髪型、赤い服(実際はパジャマ)、本当にそっくりだったのです。

妹を守りたい気持ちから、おかっぱ頭をショートにするように薦め、彼女のお気に入りだった赤いパジャマも着れないように隠してしまいました。

人形と妹の共通点を排除した後、それは二度と起こらなくなったのです。

今思うとただの夢遊病の話ですが、子供の頃のほんのり怖い体験でした。

本当は妹というのは私なんです。

人形の記憶はありますが、夢遊病などの話は全然覚えていません。

姉は余程怖かったのか、今だに

「赤いの着て寝たらあかんよ」とか、

「髪の毛をもっと伸ばすか短くするか、どっちかにしな」と口煩く言います。

盆帰省した姉と話していると、この話題になったので投稿しました。

厨房(フリーイラスト)

後天性の霊感

大学時代に横浜の◯内駅前のファミレスで、夜勤調理のバイトをしていました。 一緒に働いているバイトに二名、いわゆる見える人が居ました。 その二人(AとBにします)曰く、そのフ…

義理堅い稲荷様(宮大工9)

晩秋の頃。 山奥の村の畑の畦に建つ社の建替えを請け負った。 親方は他の大きな現場で忙しく、他の弟子も親方の手伝いで手が離せない。 結局、俺はその仕事を一人で行うように…

もう一つの顔

学生時代の友人のM美の話をしようと思う。 その日、私はM美が一人暮らしをしているアパートへ遊びに行った。 私は絨毯に横になりながら、M美はベッドに腰掛けてのんびりくつろいで…

青い花(フリー写真)

人が増える霊園

大学時代の友人が事故で亡くなって4年経つ。 先週、サークル仲間で集まって墓参りに行ったんだ。 田舎の小さな霊園だから、休日の昼間なのにお参りしてる人はあまり居なかった。 …

廃ホテル(フリー写真)

廃ホテルで消えた記憶

俺の実体験で、忘れようにも忘れられない話があります。 ※ 今から四年前の夏、友人のNと二人でY県へ車でキャンプに行った。 男二人だし、どうせやるなら本格的なキャンプにしようと…

瀬戸内海

送り船

二年前の夏休みの話。 友達の田舎が四国のど田舎なんだけど、部活のメンバー四人で旅行がてら泊めてもらうことになった。 瀬戸内海に面する岬の先端にある家で、当然家の真横はもう、…

母からの手紙

息子が高校に入学してすぐ、母がいなくなった。 「母さんは父さんとお前を捨てたんだ」 父が言うには、母には数年前から外に恋人がいたそうだ。 落ち込んでいる父の姿を見て、…

踊り狂う血まみれの女

すっげー昔のガチ話な。 俺の実家はA県H市なんだけど、殺人事件があったんだ。 生まれる前だったんで人から聞いた話。 場所は映画館の近くにあるアパートの2階、犯人は小学…

病気がちの少女(宮大工5)

年号が変わる前年の晩秋。 とある街中の神社の建て替えの仕事が入った。 そこは、幼稚園を経営している神社で、立替中には園児に充分注意する必要がある。 また、公園も併設し…

瀬泊まり

小学校の頃、キャンプで夜の肝試しの前に先生がしてくれた怪談。 先生は釣りが好きで、土日などよく暗い内に瀬渡しの船に乗り、瀬に降り立って明るくなり始める早朝から釣りをしていたそうな…