かっこいい除霊

少年のシルエット(フリー素材)

高校の時、クラスに虐められている訳じゃないけどいじられ系のAという奴が居た。

何と言うか、よく問題を当てられても答えられず、笑われるような感じ。

でも本人はへらへら笑っていて、特に暗くもないし、鈍感という言葉が当てはまる奴だった。

ちなみにAは喋る時に少しドモり気味で、それも笑いのネタにされていた。

夏休み前、「遊びと称して心霊スポットへ連れて行き脅かしてやろう」という幼稚な考えを思いついた俺達グループは、そいつに声を掛けた。

一つ返事で承諾したA。場所は現地でも有名なダムで、その周辺の探検という事に決まった。

そして当日。真夏の夜。

Aを含め5人は居たものの、場所が場所だけにやっぱりひんやりとしていて少し不安になった。

それでも「ここまで来たなら行こう」という事で、膝の辺りまで茂った草、湿って不安定な地面を進んで行く。もちろん先頭はA。

ある一定の所まで来たら4人揃って隠れてやろうという事になっていた(バカ高校生の頭で考える作戦はこれが限界)。

10分ほど彷徨った時、廃屋というか小屋みたいなものを見つけた。

それを見つけて「ここがタイミングだな」と隠れようとした時…。

小屋の入り口付近に、白い女が…もう本当にイラストなどで見る「髪の長い白いワンピースの女」が居た。

どう考えてもこんな時間にそんな女が居るのはおかしいから、そいつがこの世のものではないのが一瞬で解った。

誰かが「逃げろ!」と叫んだ。俺も走り出そうとした。ところが…。

Aが逃げない。

「おい、A!後ろ見てみ!早よ逃げるぞ!」と言っても、きょとんとした顔でAは、

「ん、んー? 何か、お、おるんかー?」と言う。

どうやら彼だけ見えていないらしく、きょろきょろしてそこから動こうとしない。

置いて行く訳にも行かず、逃げるに逃げられなくなった俺達。

女が滑るように近付いて来る。Aの方向ををこれ以上無いほど恐ろしい笑顔で見ていた。

『こいつを連れて行こう』みたいな。『こいつなら気付かずに』みたいな…。

やばいとは思うものの何も出来ない。とうとう女がAの隣まで来た。

「なあんてな。コイツやろ?」

「え?」

いつもの口調と違うAは唐突に、女をはにかんだ笑顔で指差した。

Aは女の顔に自分の顔を近付け、面と向かって言い出した。

「おい、コラ。こんなトコで彷徨う事しか出来んのかお前は。

いい加減死んだ事に気付け、このアマ」

ワンピースの女はもう笑っていなかった。

明らかに動揺した顔を2、3秒浮かべた後、ふっと消えた。

Aは最後に「その方がいい」と呟いた。途端、雨が降り始めた。

Aは唖然としていた俺達に向かって「ん? 行こ、行こ」と、いつもの口調に戻っていた。

俺達はAと本当の友達になった。

後にAにあの時の事を聞いた。

「んー、ん、あれはな、でき、できんねん、なんかな」

としか言わなかった。

関連記事

アパート(フリー写真)

暗い部屋

大学2年生の冬、住んでいたアパートの契約が切れるところだったので心機一転、引越しをしようと部屋探しをしていた。 不動産屋へ行き希望を伝えると、駅から近くて割と綺麗なマンションを紹…

公園

代弁者

今年の秋頃かな。二条城の周りを走っていた時の話です。 トイレがあるんですけどね、そこに三つほど腰掛けやすい石があるんです。 そこで走った後の興奮を抑えるために、ぼんやりと座…

縁側

猫が伝えようとした事

俺が人生で一度だけ体験した不思議な話です。 俺の住んでいる所は凄い田舎。数年前にローソンが出来たけど、周りは山に囲まれているし、季節になると山葡萄が採れ、秋には庭で柿が採れるよう…

古民家(フリー写真)

トシ子ちゃん

春というのは、若い人達にとっては希望に満ちた、新しい生命の息吹を感じる季節だろう。 しかし私くらいの年になると、何かざわざわと落ち着かない、それでいて妙に静かな眠りを誘う季節であ…

切り株(フリー写真)

植物の気持ち

先日、次男坊と二人で、河原に蕗の薹を摘みに行きました。 まだ少し時期が早かった事もあり、思うように収穫が無いまま、結構な距離を歩く羽目になってしまいました。 視線を常に地べ…

お札

金の亡者

以前勤めていた、ある土木調査会社での体験です。少し長いですが。お付き合いください。 東京湾を望む広い埋立地に建っていたその会社は、バブル期の乱開発による不備(地盤沈下や排水不備等…

幽霊ってさ、通り魔みたいに理不尽な存在だと思うんだ

霊ってどんなものかその時まで知らなかったけど、通り魔みたいに理不尽な存在だと思う。 10年くらい前に日本全国をブラブラ旅歩いていたときの話。 T県のとある海鮮料理を出すお店…

狂った家族

今からお話しするのは自分の実体験で、何と言うか…まだ終わっていないというか…取り敢えずお話しします。 自分は23歳の男で、実家暮らしの介護士です。家族は父(52)、母(44)、弟…

湖(フリー素材)

白き龍神様(宮大工13)

俺が中学を卒業し、本格的に修行を始めた頃。 親方の補助として少し離れた山の頂上にある、湖の畔に立つ社の修繕に出かけた。 湖の周りには温泉もあり、俺達は温泉宿に泊まっての仕事…

い゛れでぇぇ…

友人は最近仕事が忙しく、自宅に帰るのは午前2時~3時になっていたそうです。 この自宅というのは、8階建てのマンションで7階にある部屋です。 いつものように、帰りが2時を過ぎ…