かっこいい除霊

少年のシルエット(フリー素材)

高校の時、クラスに虐められている訳じゃないけどいじられ系のAという奴が居た。

何と言うか、よく問題を当てられても答えられず、笑われるような感じ。

でも本人はへらへら笑っていて、特に暗くもないし、鈍感という言葉が当てはまる奴だった。

ちなみにAは喋る時に少しドモり気味で、それも笑いのネタにされていた。

夏休み前、「遊びと称して心霊スポットへ連れて行き脅かしてやろう」という幼稚な考えを思いついた俺達グループは、そいつに声を掛けた。

一つ返事で承諾したA。場所は現地でも有名なダムで、その周辺の探検という事に決まった。

そして当日。真夏の夜。

Aを含め5人は居たものの、場所が場所だけにやっぱりひんやりとしていて少し不安になった。

それでも「ここまで来たなら行こう」という事で、膝の辺りまで茂った草、湿って不安定な地面を進んで行く。もちろん先頭はA。

ある一定の所まで来たら4人揃って隠れてやろうという事になっていた(バカ高校生の頭で考える作戦はこれが限界)。

10分ほど彷徨った時、廃屋というか小屋みたいなものを見つけた。

それを見つけて「ここがタイミングだな」と隠れようとした時…。

小屋の入り口付近に、白い女が…もう本当にイラストなどで見る「髪の長い白いワンピースの女」が居た。

どう考えてもこんな時間にそんな女が居るのはおかしいから、そいつがこの世のものではないのが一瞬で解った。

誰かが「逃げろ!」と叫んだ。俺も走り出そうとした。ところが…。

Aが逃げない。

「おい、A!後ろ見てみ!早よ逃げるぞ!」と言っても、きょとんとした顔でAは、

「ん、んー? 何か、お、おるんかー?」と言う。

どうやら彼だけ見えていないらしく、きょろきょろしてそこから動こうとしない。

置いて行く訳にも行かず、逃げるに逃げられなくなった俺達。

女が滑るように近付いて来る。Aの方向ををこれ以上無いほど恐ろしい笑顔で見ていた。

『こいつを連れて行こう』みたいな。『こいつなら気付かずに』みたいな…。

やばいとは思うものの何も出来ない。とうとう女がAの隣まで来た。

「なあんてな。コイツやろ?」

「え?」

いつもの口調と違うAは唐突に、女をはにかんだ笑顔で指差した。

Aは女の顔に自分の顔を近付け、面と向かって言い出した。

「おい、コラ。こんなトコで彷徨う事しか出来んのかお前は。

いい加減死んだ事に気付け、このアマ」

ワンピースの女はもう笑っていなかった。

明らかに動揺した顔を2、3秒浮かべた後、ふっと消えた。

Aは最後に「その方がいい」と呟いた。途端、雨が降り始めた。

Aは唖然としていた俺達に向かって「ん? 行こ、行こ」と、いつもの口調に戻っていた。

俺達はAと本当の友達になった。

後にAにあの時の事を聞いた。

「んー、ん、あれはな、でき、できんねん、なんかな」

としか言わなかった。

関連記事

モニターに写る女

去年の夏の話です。自分、配達の仕事をやっていて、最初に研修という形で先輩と配るんです。その時教えてもらったC先輩とはすぐに仲良くなり、飲みに行ったりしてました。ある時、…

ホテルの部屋(フリー写真)

真っ黒い塊

2年程前の話です。広島から都内の会社の内定式に参加した私は、そのまま会社近くのビジネスホテルに一泊する事にした。そのホテルは1階と2階が証券会社。3階と4階が客室。5階…

人形釣った

俺は東京で働いていて家庭を持ってたんだが、2年前からちょっとキツイ病気になって、入退院を繰り返した挙句会社をクビにされた。これが主な原因なんだが、その他にもあれこれあって女房と…

子供の寝顔(フリー写真)

した

親父から昔、何度か聞かされた話。俺が2、3歳の頃、一緒に住んでいた曾祖母が亡くなった。その頃はまだ、人が死ぬということもよく解っていなかったと思う。 ※ その3日後…

銭湯の鏡

貧乏なアパート暮らしの女です。風呂が無いので銭湯に行ってる。いつもの銭湯が休みだったから、ちょっと遠くの銭湯に行った。浴室には数人のオバちゃんがいて、楽しそうに…

白い影

当時、私は精神的に荒んでいて、よく大型バイクをかっ飛ばしたりしていました。その日もバイクで走っていたのですが、広めの幹線道路は渋滞していました。そこで、道の左端をすり抜…

病室(フリー素材)

優しい声

これは俺が中学生の時の体験です。恐怖感はあまり無く、今でも思い出すと不思議な気持ちになります。 ※ 中学二年の二学期に急性盲腸炎で緊急入院しました。定期テストの前だったので…

体育館

時代を越えて

俺が小学生だった頃、早朝一番乗りで体育館でシュートの練習をしていたら、いつも体育館のステージの袖に見知らぬハゲのおっさんがいることに気が付いた。近眼でよく見えないし、その時は先…

田舎の風景(フリー写真)

掌を当てる儀式

この間、ずっと忘れていた事を思い出しました。前後関係は全く判らないのですけど、子供の頃に住んでいた小さな町での記憶です。他の五人くらいの子供と、どこかの家の壁にぎゅーっ…

心霊企業

昔付き合ってた彼女の影響で、視界の端っこの方に本来見えてはいけない人たちが見えるようになってしまった。最初の頃は錯覚と思い込んでいたが、地元の飲み屋に行った時にトイレの前に体育…