幽霊ホテル

公開日: 心霊体験 | 本当にあった怖い話

abandoned_hotel_atagawa253

今から20年近く前の話です。

高校を中退した私は、アルバイト三昧の生活を送っていました。

学力至上主義の進学校に通っていたので、それまでの友人達との縁は完全に切れ、バイト先の仲間達だけが遊び相手でした。

中でも2歳年長のN、同じく2歳年長のK、Kの連れのTの三人とは、色々と馬鹿をやらかしたものです。

そんなある日、Kが隣の県にある某幽霊ホテルに肝試しに行かないかと提案してきたのです。

そこは建設途中で資金繰りの都合で放棄されたホテルで、外観はほぼ出来上がっているものの、一度も開業する事はなく、地元の暴走族や何やらの溜まり場になっているという場所でした。

幽霊ホテルと呼ばれるようになった謂れは複数ありましたが、私達が知っていたのは、暴行され自殺した女性の亡霊が出るとか、リンチされて殺された奴が出るとか、ありがちな話ばかりでした。

現場明けにTに車で迎えに来てもらい、夕食とドライブで時間を潰し、深夜のホテルへと向かったのです。

ホテルは国道に面した場所に建っており、車のライトや街灯のお陰で、拍子抜けするほど普通でした。

がっかりしたような、ほっとしたような何とも言えない気分で、割れた窓から内部に潜入し屋上へと向かったのですが、内装は全く出来ておらず剥き出しのコンクリートのままだった為、生活感というか、リアリティの様な物が感じられず全然怖くありません。

おまけに四人全員、霊感、霊体験共にゼロ。

途中で宴会の跡や、ナニをいたした痕跡を見つけてはワイワイ騒ぎつつ、屋上へと侵入した後は当初の目的を完全に忘れて、ホテル裏の湖を見ながらの酒盛りに突入しました。

2時間程騒いだ後、つまんなかったとか、口々に勝手な事を言いつつ1階まで戻った時、地下へも階段が続いてる事に気付いたのです。

不思議な事に、屋上へと向かう時には地下への階段があるという事に、少なくとも私は気付いておらず、忽然と階段が現れたかのうような不気味な気分をこの時初めて感じました。

他の面々も何かを感じ取ったらしく、躊躇するかのような空気が流れましたが、言いだしっぺのKが降りてみようと提案し、さっさと進んで行ってしまいました。

なし崩し的に皆で階段を降りて行くと通路になっており、足元にはどこから流れ込んで来たのがうっすらと水が溜まっていました。

そのせいか、真夏だというのに肌寒いくらいひんやりとしていたのを覚えています。

これまでと違い、それぞれが持つ懐中電灯の明かりだけを頼りに、通路と扉も付いていない部屋とを見て回っていると、突然今まで感じた事のないような悪寒が背中を走り抜けました。

今でも覚えています。背中の下の方から上に向かって痙攣するかのような、電流が走ったみたいな感じでした。

流石に嫌な予感を覚え、そろそろ帰ろうと言おうとした瞬間、Nが「ケフ」という奇妙な声をあげたのです。

この時の並びはKと私が前列、NとTが後列におり、私が吃驚して振り向くのとNが叫び声を上げながら階段方向に向かって走り出すのがほぼ同時でした。

恥ずかしながら、私も一番肝の座っているKでさえもパニックを起こしてしまい、一目散に階段を駆け上り、車の止めてある場所まで走りました。

その後、なんとかNを落ち着かせ、車に乗り込んで帰路についたのですが、その途中Nが何を見たのか話してくれました。

階段から3つ目の右側の部屋の奥、懐中電灯の光も届かない筈の場所に、はっきりと人の顔が見えたのだそうです。

それも5つか6つか複数がゴチャゴチャに絡まるようにして、のっぺりとした男か女か分からないような顔が…。

それらが一斉に自分を見たと感じた瞬間、ここに居ては危ないという本能のようなものが働いたと言っていました。

結局、その後は全員でファミレスで夜明かしをし、明るくなるのを待って帰路につきました。

その後、同じホテルに肝試しに行った人間と話す機会があったのですが、その人物曰く、地下への階段は完全に水没して降りられなかったそうです。

後日談

幽霊ホテルに行った後も、特に誰にも何も変わった事は起こっていませんでしたので、私が東京に引っ越して彼らと疎遠になって行くと共に記憶が薄れ掛けていたのですが、仕事上の付き合いのある某婦人がなんと、Nの妹さんだったのです。

Nはあのホテルのあった湖で入水自殺をしていました。

自殺の原因は判らないそうです。

アパート(フリー写真)

引っ掻く音

大学時代にアパートで一人暮らしをすることになった。 そのアパートは、太陽の光が当たる二階の部屋と、駐車場に近い一階の部屋が空いていて、俺は駐車場が近い一階の部屋に住むことにした。…

抽象的模様(フリー画像)

黒い影

私はずっと母親と二人で暮らしてきた。 父親は自分が生まれてすぐに居なくなったと母親から聞いた。 祖父や祖母、親戚などに会ったことは無い。そんなものだと思っていた。 そ…

峠の道

道連れ

夏のある日、二組のカップルが海水浴に出かけました。 仮にA君、A君の彼女、B君、B君の彼女とします。 A君はバイクを持っていたので一人で乗り、B君は車を持っていたので残りの…

抽象模様(フリー画像)

ヤドリギ

あまり怖くなかったらすまん。ちょっと気になることが立て続けにあったんで聞いて欲しいんだ。 自分は子供の頃からオカルトの類が大好きでな、図書館などで読んでいたのは、いつも日本の民話…

金縛り中の他者的視点

以前、一度だけどうにも奇妙な体験をしたことがある。 金縛りというものは多くの人が経験してると思うが、あれは脳の錯覚だ。 本当は寝ているだけなのに、起きていると脳が勘違いをし…

山道(フリー写真)

降霊陣

これから僕が書くのは、昔出版社に勤めていた親父がある人に書いてもらった体験談ですが、ある事情でお蔵入りになっていたものです。 出来ることなら霊だとかそういうものには二度と触れずに…

廃墟

幽霊屋敷

高校を卒業するまで住んでいた街に幽霊屋敷があった。 少し街外れの大きな土地に、広い庭と白い2階建ての家。 2年程前にそれを建てて住んだのは四人家族だった。父親は大学教授。母…

アパート(フリー写真)

出前のバイト

大学生の頃に体験した話。 俺は下宿近くにある定食屋で出前のアルバイトをしていた。 本業の片手間の出前サービスという感じで、電話応対や梱包、配達まで調理以外のをほぼ全てを俺…

差し込む光(フリー写真)

井戸の女性

伯父に聞いた戦時中の話です。 実家は長崎にあるのですが、伯父は原爆が投下された時には少し離れた市の親戚の家に居たので無事でした。 戦争が終わり、暫くして実家に戻ると、家の裏…

少女

霊感を持つ女

霊感がある知人の話。彼女曰く、霊感というのは遺伝的なものらしい。 彼女の母方の家系では、稀に霊感を持つ女が生まれるのだと言う。 彼女が子供の頃の事、母方の祖父の初盆で本家に…