ホームの下の窪み

公開日: 心霊体験 | 怖い話

駅(フリー写真)

京王線は現在、全駅禁煙になっていますが、まだ禁煙になっていなかった頃の話です。

当時、府中駅の近くで働いていて、残業やら何やらで終電に乗る事になったんですよ。

喫煙場所でタバコを吸おうとライターを取り出したら、25歳ぐらいの女の人がスタスタ歩いて来て、俺の事をじっと見つめてくるんです。

『何だよ!』と思っていたら、

「ライターを貸していただけますか?」

と聞かれた。

『ああ、なんだ』と思いライターを手渡したら、その女はニッコリ笑って、俺の事を見つめたまま突然、自分の髪の毛を燃やし始めた。

驚いた俺は、

「やめなさい!」

と大声でライターを取り上げようとした。

そしたら、その女はライターを線路にぶん投げて、ケラケラ笑いながらライターの後を追って線路の中へ!

何が何だか解らず、呆気に取られる俺。

そこで、終電のアナウンス。

我に返った俺は、

「おい!上がって来い!」

と大声で叫び、線路を覗いた。

そしたら、その女がホームの下の窪みからにょきっと頭だけ出し、仰向けのままこちらを見て笑っている。

凄く驚いて、俺は尻餅をついた。

電車が入って来る。

『やべぇ、あの女死んじゃうよ!』と焦って周りを見たら、他の人は素知らぬ顔で携帯を弄っている。

そこで、ハッとした。

ホームの下の窪みは、人が一人入って仰向けになれるようなスペースは無いだろ?

夢でも見たかと思ったのだけど、俺のポケットからはライターが無くなっていたんだよなあ…。

関連記事

手形

友達の先輩Aとその彼女B、それから先輩の友達Cとその彼女Dは、流れ星を見に行こうということで、とある山へ車を走らせていました。山へ向こうの最後のガソリンスタンドで給油を済まし、…

夜道

散々な彼女

高校時代の彼女H美の話。H美の家は、少し長めの道路の中間ぐらいに位置していた。夜になると人影も車もまばらになる薄暗い道路だ。ある時期から、大して人通りもないその道路で事…

階段の角

当時俺が小3、弟が5才ぐらいだったかな。そのとき一軒家に住んでて、弟と両親が一階、俺一人が二階で寝てたんだ。家が古いせいか、かなり家鳴りみたいなのがするんだよ。ガキだっ…

銭湯の鏡

貧乏なアパート暮らしの女です。風呂が無いので銭湯に行ってる。いつもの銭湯が休みだったから、ちょっと遠くの銭湯に行った。浴室には数人のオバちゃんがいて、楽しそうに…

飼い猫

色々あるけど、子供の頃の話。7歳だった自分は母と一緒の部屋で毎晩寝ていた。ある晩、ふと布団を捲りあげたら鬼のような形相の人のようなものが2つ。びっくりして布団から這い出て電気をつけ…

クロスロード

1930年代に実在した伝説のブルースギタリストのロバート・ジョンソン。アコースティック・ギター1本で弾き語りをして、アメリカ大陸中を渡り歩いた。最初の頃の彼のギターテクニックは…

リアルな夢

二年ほど前に遡ります。私は父が経営する土建屋で事務をしています。今は兄が実質の社長ですが、やはり父の威光には敵いません。そんな父の趣味が発端と思われる出来事です…

居座る住居人

会社員だった頃は不動産会社に勤めていたので、こういう話は割と日常茶飯事でした。会社で買った中古住宅を解体していたら白骨が出てきたりとか、競売で落とした物件の立ち退き交渉に行った…

林道(フリー写真)

姥捨て山

俺の兄貴が小学生の頃、まだ俺が生まれる前に体験した話。兄貴が小学5年生の春頃、おじいちゃんと一緒に近くの山へ山菜採りに入った。狙っていたのはタラという植物の芽で、幹に棘…

だるま

女の子2人が韓国へ旅行に行った。ブティックに入り、一人の女の子が試着室に入った。だけど待てども待てども一向に試着室から出てくる気配がない。カーテンを開けるとそこには誰も…