ホームの下の窪み

公開日: 心霊体験 | 怖い話

駅(フリー写真)

京王線は現在、全駅禁煙になっていますが、まだ禁煙になっていなかった頃の話です。

当時、府中駅の近くで働いていて、残業やら何やらで終電に乗る事になったんですよ。

喫煙場所でタバコを吸おうとライターを取り出したら、25歳ぐらいの女の人がスタスタ歩いて来て、俺の事をじっと見つめてくるんです。

『何だよ!』と思っていたら、

「ライターを貸していただけますか?」

と聞かれた。

『ああ、なんだ』と思いライターを手渡したら、その女はニッコリ笑って、俺の事を見つめたまま突然、自分の髪の毛を燃やし始めた。

驚いた俺は、

「やめなさい!」

と大声でライターを取り上げようとした。

そしたら、その女はライターを線路にぶん投げて、ケラケラ笑いながらライターの後を追って線路の中へ!

何が何だか解らず、呆気に取られる俺。

そこで、終電のアナウンス。

我に返った俺は、

「おい!上がって来い!」

と大声で叫び、線路を覗いた。

そしたら、その女がホームの下の窪みからにょきっと頭だけ出し、仰向けのままこちらを見て笑っている。

凄く驚いて、俺は尻餅をついた。

電車が入って来る。

『やべぇ、あの女死んじゃうよ!』と焦って周りを見たら、他の人は素知らぬ顔で携帯を弄っている。

そこで、ハッとした。

ホームの下の窪みは、人が一人入って仰向けになれるようなスペースは無いだろ?

夢でも見たかと思ったのだけど、俺のポケットからはライターが無くなっていたんだよなあ…。

関連記事

カナちゃんのメッセージ

ここでの俺は神楽と名乗ることにする。 断っておくが、本名ではない。 今はサラリーマンをしているが、少し前までは神楽斎という名で霊能者をしていたからだ。 雑誌にも2度ほ…

青いテント

私は野生動物の写真を撮って自然誌に寄稿するという仕事をしていました。 夜間に山中の獣道でテントを張り、動物が通るのを待って撮影する。 また、赤外線センサーを用いて自動シャッ…

山(フリー写真)

炭鉱跡の亡霊

小学5年生の時に体験した話。 当時は学校が終わってから友達4人で、よく近所の炭鉱跡の山で遊んでいた。 山の中腹の側面に大きな穴が開いていて、覗くと深さは5メートル位だった。…

深夜のコンビニ

この話は、ある男がコンビニで深夜のアルバイトをしていた頃に起きた体験談である。 そのコンビニは、深夜になるとほとんど客が来なくなる。 俺は共にバイトをしていた大学の先輩と、…

しゃべれるんだな

自宅のトイレに大きな窓がある。ちょうどトイレの床から1メートルくらいのところに。 トイレの臭いを換気する為に、いつも10センチほど開けっ放し。 まあ、自宅代わりに借りてるビ…

ユキオ

小学校の頃、俺のクラスの転校生にユキオという奴がいた。その名の通り、肌が白くハーフみたいでナヨっとした感じの男だった。 ユキオには両親がいなくて、祖父母と暮らしているようだった。…

自殺志願

年月が経つにつれ自信がなくなっていく思い出です。 俺が19歳の頃の話です。高校は卒業していましたが、これといって定職にもつかず、気が向いたら日雇いのバイトなどをしてブラブラしてい…

おおいさんの話

おおいさんってのが何者なのか分からんけど、俺の地元のコンビニバイトの間ではかなり有名。 おおいさんと名乗った客が来たら目を合わせるなという先輩からの指示を受けたのだが、俺はそれを…

登校する小学生(フリー写真)

モウキカナイデネ

この話を誰かに話す時、 「確かにその話、滅茶苦茶怖いけど、本当かよ?」 と言われる事がある。 霊が出て来るような話の方が、余程現実味があるからだ。 これは俺が実…

かくれんぼ

かくれんぼの夢

これは四つ下の弟の話。当時、弟は小4、俺は中2、兄貴は高1だった。 兄貴は寮に入っていたから、家に帰って来ることは殆ど無かった。 俺は陸上部に入っていて、毎朝ランニングをし…