4歳年下の妹

公開日: ほんのり怖い話 | 心霊体験

田舎の古民家(フリー写真)

私が中学生の時のことです。

夏休みの終わり頃、白い服を着た女の子が頻繁に家の中に現れるようになったのです。

それも昼夜問わず、私が一人の時にばかり現れるのです。

怖くて母に話したのですが、相手にしてもらえませんでした。

その後も多い時は週に何度も現れるようになり、恐怖も限界になったので再び母に泣きつくと、

「お前には4歳年下の妹が居るはずだったのだけど、流産してしまったんだよ。

だからお前の所に来ているのは、きっとその妹になるはずだった子だろう。

わざわざ会いに来てくれているのだから、怖がらないであげなさい」

このようなことを言われました。

それを聞いて中学生の私は妙に納得してしまい、

『生まれることが出来なかった妹が、私のところに遊びに来てくれたんだなあ』

と考えたら、妙に嬉しかったのを憶えています。

それからは、その女の子が現れても恐怖を感じることもなく、

『気が済むまで遊んで行きなよ』

と思いながら、その女の子を出現するに任せていました。

すると、そのうちに段々と現れる回数が減って行き、とうとう現れたくなったので、

『ああ、気が済んで成仏したんだろうな』

と思って安心していたのですが…。

去年の暮れ、久しぶりに年末年始を実家で過ごそうかと里帰りした時のことです。

ふと思い出してそのことを話題に出したら、母は

「何、それ? あはは!やだ、あなた、本気にしてたの?」

と言うのです。

何でも、あまりにも私が怯えて鬱陶しかったので、口から出任せを言ったのだとか。

ちょっと待て!

やだ、じゃないよ!

洒落になってない!

それでは当時、頻繁に部屋に来ていた白い服の女の子は一体、何だったの!

その正体は結局判らないのですが、そのうちまた現れるのではないかと思うとほんのり恐いです。

関連記事

紅葉(フリー写真)

かわいい人形

昔のことなので曖昧なところも多いけど投稿します。 こんなことを自分で言うのは何なのだが、私は小さい頃、結構可愛かった。 今はどうかというのは、喪女だということでお察しくださ…

昭和さん

私の地元は田舎で、山の中にある新興住宅街だった。新興と言っても、結局発展し切れなかったような土地だった。 私は山に秘密基地を作り、友達とよく遊びに行ったものだった。 ある日…

天井(フリー素材)

十時坊主

ある日、バイト先に群馬生まれの男が入って来た。 そこでの俺は勤務年数が長かったので、入って来るバイトに仕事の振り分けや作業指導などの仕切りをやっていた。 仕事を共にして行く…

夜の病室

ハセベさん

小学1年生の時に病気で入院し、夜中に病棟で毎晩のように泣いていた。 泣き始めるとすぐに看護婦さんが来てくれて、寝つくまで一緒に居てくれた。 ハセベさんという看護婦さんで、…

広島県F市某町の『お札の家』

2年程前の話ですが、つい最近完結した話があるので書いていこうと思います。 長くなりそうで申し訳ないのですが、霊感0の自分が唯一味わった霊体験です。 広島県F市某町、地元の人…

田舎の夜(フリー写真)

田舎の不思議な行事

これは今から約15年前、南伊豆の小さな村で私が実際に体験した、怖いと言うより少し不思議な話です。 小学3年生の夏。私たち家族(父・母・私)は、お盆休みを伊豆のK村という場所で過…

繁華街

実録・口裂け女事件

1979年6月21日午前3時頃、兵庫県姫路市野里で奇妙な出来事が発生しました。 タクシー運転手が目撃したのは、腰まで垂れる長い髪の女性で、真っ赤な口が耳元まで裂けており、白い長…

切り株(フリー写真)

桂の木

亡き母は勘が良い人だったたけに、色々と不思議で恐い話があります。 母方の祖母が大事にしていた桂の大木が庭にあったのですが、増築する為にその木を切る事になってしまいました。 …

晴明神社(フリー素材)

晴明神社

京都にある晴明神社に行った時の事。 安部の晴明は今でこそ有名で、観光客も沢山居るらしいが、十年近く前のその頃は一般的にはあまり知られておらず、神社も全然人気が無かった。 私…

マンション(フリー写真)

縦に並んだ顔

自動車事故に遭い鞭打ち症になったAさんは、仕事も出来なさそうなので会社を一週間ほど休むことにした。 Aさんは結婚しているが、奥さんは働いているため昼間は一人だった。 最初の…