さよなら

公開日: 怖い話 | 本当にあった怖い話

goodbye

中学生の頃、一人の女子が数人の女子から虐められていた。

いつも一人で本を読んでいるような子で、髪も前髪を伸ばしっ放しで幽霊女なんて言われていた。

でもさ、その子滅茶苦茶可愛かったんだよね。

普段隠れている目はぱっちり大きくてくっきりした二重瞼、まつ毛も長い。

だから俺を含めた一部の男子からは人気があって、何人かはよく話しかけていたんだけど、その子は大抵一言二言返事を返すものの話を続けようとしない。

多分、そんなところが虐めている女子達は気に入らなかったんだろうね。

徐々に虐めはエスカレートして行った。

その子を気に入っている男子達は虐めを見かけたら止めたりしてたんだけどさ、それでも虐めは無くならなかった。

ところで、その子は「おはよう」と言えば必ず「おはよう」と返してくれるけど、「さよなら」を返してくれた事は無かった。

でもさ、その子が一度だけ「さよなら」を言った時があった。

その子を虐めていた女子連中に。

その日、その女子連中は全員死んだ。それぞれ帰宅途中に事故に遭って。

偶然だとは思うけど怖かったよ。自分が「さよなら」を言われたら自分が死ぬんじゃないかってね。

だから俺はその子に「さよなら」を言うのはやめた。

それでも、その子に話しかけて「さよなら」まで言うやつはいた。正直スゲーと思ったよ。

まあ、中学を卒業するまでその子が誰かに「さよなら」を言うことは二度と無かったんだけどね。

関連記事

石段(フリー写真)

朽ち果てた神社の夢

二十年前から現在まで続く話。俺は当時大学生で、夏休みに車で田舎の実家に帰省していた。その時は、普段帰省時に通っている道とは別の道を通って行った。見渡す限りの山や…

ハサミ

ハサミ女

近所に「ハサミ女」と呼ばれる頭のおかしい女がいた。30歳前後で、髪は長くボサボサ、いつも何かを呟きながら笑っている、この手の人間の雛形的な存在。呼び名の通り常に裁ちバサ…

封じ(長編)

アパートに帰り着くと郵便受けに手紙が入っていた。色気のない茶封筒に墨字。間違いない泰俊(やすとし)からだ。奴からの手紙もこれで30通になる。今回少し間が空いたので心配したが元気…

不思議な手紙と異常な部屋

去年の暮れ、会社に一通の手紙が届いた。編集プロダクションに勤めている俺への、名指しの手紙だった。中を読むと自分のエッセイを読んで添削して欲しい事、そして執筆指導をして欲…

茶封筒

不思議な預かり物

これは大学の先輩が体験した実話。その先輩は沖縄の人で、東京の大学の受験のため上京していた時のこと。特に東京近郊に知り合いもいなかったので、都内のホテルに一人で宿泊してい…

ビジネスホテルの窓(フリー写真)

ビジネスホテルでの心霊体験

学生の頃、都内の某ビジネスホテルで警備のアルバイトをしていた。従業員が仮眠を取る深夜0時から朝の5時まで、簡単なフロント業務と見回り。あと門限過ぎに戻って来る泊り客に、…

中古車

視える娘

娘が3才くらいの時、中古で大き目の車を買いました。私も娘も大喜びで、大きな車を楽しんでいました。しかし数週間経った頃、娘が車に乗り込もうとした時に急に大泣き。「…

ある番組のお蔵入りになったテープの話

20年程前の事なのですが、当時私は番組制作会社のADをしていました。女性アイドルと霊能力者が、心霊スポットを検証する番組の収録の時の事ですが、そのアイドルが現場で突然白目になっ…

東京五輪

ナレーションの声

小学5年生の頃、アメリカでワールドカップが開催された。だからという訳ではないけど、幼馴染のNとよく近所の公園でサッカーをしていた。ある日、「たまには別の公園でやろう」と…

旧家(フリー写真)

旧家の古井戸

俺が携わったのは、築100年以上で何世代にも渡って改修工事をして来た家の改築だった。古く増改築を繰り返しているので、図面も残っていないし、形は不自然。まずは図面を起こす…