あなたが押したの?

公開日: 心霊体験 | 怖い話

ronai

少し困ってしまうことがありまして、ここに書かせてください。

5年前、私の友達が通っていた小学校で、陰湿ないじめがあったそうです。いじめの首謀者のM子さんは誰もが認めるほど容姿端麗で、成績優秀のため大人たちは誰も気がつかなかったそうです。

そんなある日、M子さんが一人でゴミを焼却炉に捨てに行き、捨てようと身を乗り出した瞬間、後ろから誰かに押され、焼却炉に頭から突っ込んでしまいました。焼却炉の中は火の海。

なんとか外に出る事ができたM子さんは、叫びながら顔を抑えてのた打ち回りました。

M子さんの髪は燃えてなくなり、顔中に大火傷をしてしまいました。その後、学校に来る事はありませんでした。

誰かに後ろから押されたというM子さんの訴えに校内で調査がありましたが、誰もM子さんが押されるのを見たものがいないという事で特に事件などにはなりませんでした。

しばらくして、M子さんは自殺してしまいました。自分の醜くなった顔に耐えれなかったからかもしれません。

それから町では奇怪な事件が起き始めたそうなのです。

同じクラスのHさんの家が火事になり、家族全員が焼死したそうです。しかも顔も誰だか見分けがつかないほどの焼け方でした。

同じクラスだったSさんもまた車で事故に遭い、顔だけがぐちゃぐちゃになった状態で亡くなっていたそうです。

事故として処理された事件は十数件に登りましたが、その殆どが顔がひどい状態で亡くなるという奇怪な事件でした。

町では度重なる事故に噂が立ち始めました。

M子さんが犯人探しをしているのではないかという事。

実際にM子さんを見た同級生がいました。それはM子さんが自殺した次の日のことでした。

お風呂に入っていたその子は浴室の鏡にふと目をやると、髪は焼けちぢれて、顔がケロイド状になったM子さんが現れ、こう言ったそうです。

「あなたが押したの?」と。慌てて「違う!!」と返事すると「探して…」といって消えて行ったそうです。

あまりにも恐ろしいこの体験を、翌日その同級生は同じクラスのHさんとSさんにしたというのです。

実は私がここに書いたのには理由があるのです。この話を聞いた人は必ずやらなければならないことがあるからなのです。

「あなたが押したの?」と尋ねられたら「違います」と返事をする事。そして必ず誰かに「あなたが押したの?」と尋ねなければいけません。

M子さんは犯人を探しています。M子さんに協力しないで答えなかったり、「違います」とだけいって話を止めてしまった人には悲惨な事故が待っているそうです。

隣町で起きた事件で私の地元でもこの噂はあまりにも有名なのです。もう誰に聞いても答えてもらえない。一度このやりとりを経験している人に答えてもらっても無駄なのです。

私が「違います」と答えてから、もう3日が経ちます。今までこれをクリアできなかった人は一週間以内には死んでいると聞きます。

どうか誰か私を助けてください。

お願いします。

「あなたが押したの?」

叔母のCTスキャン

俺の叔母は脳腫瘍をこじらせて鬼籍に入った。無論悲しかったが、それ以上に恐ろしい死に方だったのだと、今にしてみれば思う。入院してから早いうちに脳腫瘍だという診断は受けてい…

霊柩車

Kさんという若い女性が、両親そしておばあちゃんと一緒に住んでいました。おばあちゃんは元々とても気だての良い人だったらしいのですが、数年前から寝たきりになり段々偏屈になってしまい…

親子の会話

僕の家から会社までは、小さな私鉄の電車で約30分です。都会では考えられないでしょうが、行きも帰りもほとんど座って通勤しています。その電車で帰宅途中、無気味な出来事を体験…

リアルな夢

二年ほど前に遡ります。私は父が経営する土建屋で事務をしています。今は兄が実質の社長ですが、やはり父の威光には敵いません。そんな父の趣味が発端と思われる出来事です…

自殺志願

年月が経つにつれ自信がなくなっていく思い出です。俺が19歳の頃の話です。高校は卒業していましたが、これといって定職にもつかず、気が向いたら日雇いのバイトなどをしてブラブラしてい…

夜の駅(フリー素材)

地図に無い駅

その日、彼は疲れていました。遅くまで残業をし、電車で帰る途中でした。既にいつも使っている快速は無く、普通電車で帰るしかありませんでした。その為いつもよりも電車で…

いざない

その頃、私は海岸近くの住宅工事を請け負ってました。季節は7月初旬で、昼休みには海岸で弁当を食うのが日課でした。初めは一人で食べに行ってましたが、途中から仲良くなった同年…

古民家(フリー写真)

庭にあるお墓

そんなに怖くないかもしれませんが、私の体験談です。埼玉県のとある地域に住んでいるのですが、何代も前から住んでいる人たちの間に、ある習慣があります。それにまつわるお話です…

瀬戸内海

送り船

二年前の夏休みの話。友達の田舎が四国のど田舎なんだけど、部活のメンバー四人で旅行がてら泊めてもらうことになった。瀬戸内海に面する岬の先端にある家で、当然家の真横はもう、…

出ると噂されているホテル

仕事で地方へ行く用事が出来て、時間の関係で前の晩に新幹線に乗り一泊することになった。それで、同僚と話している時に予約したホテルの名前を言ったら、「お前知ってる? そのホ…