爺ちゃんとの秘密

公開日: 不思議な体験 | 心霊体験

abstract-art-paintings

俺は物心ついた時から霊感が強かったらしく、話せるようになってからは、いつも他の人には見えない者と遊んだりしていた。

正直生きている者とこの世の者ではないものとの区別が全くつかなかった。

知らないおじさんが玄関から入ってきても誰も気付かず、

「おじさんがそこに立っとーよ」

と言っては、

「そげん人はおらん!」

と怒られ、叩かれたりもした。

だから俺は怒られるのが嫌で、少しずつ無口になっていった。

ただ一人、俺の味方だったのが爺ちゃん。

一緒に歩いている時、向こうから歩いて来る男が全体的に灰色がかっていて顔が土気色、そして背中にピッタリと張り付いている黒いもの。

爺ちゃんに

「あの人どげんかしたと? 何で黒いのしょってるん?」

と聞いたら、

「ああいうんはよくよく見とったらいけんよ、ちゃんと区別をつけるようにしんしゃい。

人には影が出来るが、あのもんに影はなかろうが。まだ生きとるけどな…」

と言う。

見れば確かにその男には影がなかった。

そして追い風にも関わらず、線香と何か腐った様な強烈な臭いがしてくる。

すれ違う時にはその臭いで何度か吐いてしまったのを覚えている。

そういうものを何度も目にしたりして、爺ちゃんに色々教わっていく度に

「ここには近寄ったらだめ」

「あの人には近寄ったらだめ」

と、段々分かる様になっていった。

そして、爺ちゃん以外の人には話してはいけない事も。

そんなある日、夏休みで母の妹家族のところへ遊びに行った(その頃爺ちゃんは妹家族と同居してた)。

ちょうど同い年位の子が2人いたから、楽しくて毎日遊んでたらある日の昼に暑さで鼻血を出してしまった。

叔母さんの家に行くと少し横になってなさいとの事で、ある一室に連れて行かれそうになったんだけど、そこは自分なりに気付いてた “近寄ったらだめ” な場所だった。

断ったけどガキの言う事なんて勿論聞いてはくれず、でも一人は絶対に嫌だったから庭にいた爺ちゃんを呼んで一緒に寝てもらう事に。

「何かあってもジィがおるけん、大丈夫」

という言葉に安心して、気が付いたら寝てた。

どれくらい寝たのか、ふと目を覚ますと異様な寒さと線香の臭い。

『ヤバい、怖い』と思い爺ちゃんを見るとグッスリ寝てる。

起こそうと思った時に初めて自分の体が動かない事に気付いた。

掠れ声くらいしか出ない。

それでも爺ちゃんを呼び続けた。

その時ゆっくりと襖が開いて出てきたもの。

首と右腕、左膝から下が無く、戦時中に着ていたと思われるボロボロの服を着て、焼けただれたものが、這いずりながら俺の足元まで来た。

そいつは俺がかけていたタオルケットをゆっくり引っ張る。

何度爺ちゃんを呼んだか、

「爺ちゃん起きて!」

と掠れ声で叫んだ瞬間、

「なんや?」

とこっちを向いた爺ちゃんの顔は焼けただれ、皮膚が剥け、片目と鼻のない今俺のタオルケットを引っ張っているそいつの顔だった。

多分一瞬気絶したと思う。

でも、

「まだ終わらんぞ…」

という低い声と変な笑い声で気が付いた時、そいつの体はもう半分くらい俺の体に乗っていた。

そいつの血と自分の汗が混ざってヌルヌルする様な気持ち悪い感触。

その時突然、凄い勢いでお経を唱える声がした。

泣きながら横目で爺ちゃんを見ると、怖い顔で正座しながら聞いた事のないお経をあげ続けていた。

そしたら、そいつが舌打ちしながら「クソガキが…」みたいな事をモゴモゴ言いながら、煙の渦に吸い込まれて行った。

その後はもう、爺ちゃんにしがみついて大泣き。

泣き声を聞き付けてきた叔母さんに爺ちゃんは「怖い夢を見ただけだ」と言い誤魔化してくれた。

落ち着いてから爺ちゃんに

「あのお経はなに?」

って聞いたら、

「ジィにもわからん、勝手に口をついて出たけん、多分ご先祖様が助けてくれたんやろ」

と穏やかな声で言った。

その後2人でアイスを食べながら庭の雑草を取ってたんだけど、なんとなく俺が掘り返した所から木の札が顔を出した。

爺ちゃんを呼ぶと血相を変えてこっちにやってきて、全部掘り返すと、その何枚かの札には何か書いてあり大量の釘が打ってあった。

「お前は見んでよか、触るな」

と言い、裏の焼却炉の方へ持って行ってしまった。

後に何が書いてあったのか聞くと、子供への怨み事が沢山書かれていたらしい。

小6の三学期、爺ちゃんが胃癌末期と知らされ、最期まで爺ちゃんにバレない様にしろと家族に言われたが、一人で毎日見舞いに行く度に俺が我慢出来ずに泣くもんだから、完全にバレてしまっていた。

というか、爺ちゃんは最初から自分が長くない事を分かっていた気がする。

「ジィがあっちに行く時はお前のいらん力を持ってくけん、ジィがおらんようなってもなーんも心配いらん」

と、いつも優しく頭を撫でながら安心させるように言ってくれていた。

そして爺ちゃんが亡くなってから十数年、怪しい場所や人から線香や腐敗臭、頭痛はしても、それ以上のものは一切見えなくなった。

ただ、結婚して子供もいる今、長男が偶に幼かった頃の俺とソックリな行動をしているのを見ると、先の事を考えて背筋が少し寒くなる。

関連記事

雪山(フリー写真)

埋めたはずなのにな…

ラジオで聞いた、カメラマンの方が体験した話。 ※ ある雪山へ助手と撮影に行った。雑誌の仕事だった。撮影何日か目に助手が怪我をした。まだ予定枚数が撮れていないので、雪…

付喪神

私の家は昔、質屋だった。と言っても爺ちゃんが17歳の頃までだから、私は話でしか知らないのだけど、結構面白い話を聞くことができた。 ※ その日の喜一(爺ちゃん)は店番をしてい…

異なった世界のスイッチ

アサガオが咲いていたから、夏の事だったと思う。私は5歳で、庭の砂場で一人で遊んでいた。ふと顔を上げると、生け垣の向こうに着物姿の見知らぬお婆さんがニコニコして立っている…

生贄様

数十年前、曾爺さんから聞いた大正末期の頃の話。私の故郷の村には生贄様という風習があった。生贄様というのは神様に捧げられる神様の事で、家畜の中から選ばれる。月曜日…

黒目

幼い頃の不可解な体験を書きます。幼稚園に通っていたから4~6才の頃の記憶です。小学校半ばまで住んでいたのは長屋みたいな建物で、小さな階段のある玄関が横並びに並んでました…

光(フリー素材)

異世界に続く天井裏

俺のクラスに新しく転入生の男子が来た。彼はいつも机に突っ伏して塞ぎ込んでいて、未だに友人は一人も出来ていないようだった。きっとクラスに馴染めずに大変なんだろうと考えた俺…

道の駅

自分が2005年に旅をしていた時、実際に体験した話。当時、私は大学生で授業をさぼって自転車で日本縦断の旅の真っ最中。もちろん一人旅だ。その日は朝から雨で、秋田から山形に…

二人だけの水族館

俺はじいちゃんが大好きだった。初孫だったこともあって、じいちゃんも凄く俺を大事にしてくれた。俺はあまりおねだりが得意な方じゃなかったけど、色々な物を買ってくれた。 …

自動販売機

赤いランドセルの少女

私の大学は結構な田舎でして、羽根を伸ばす場所がこれと言ってありません。そういう事情に加え、学生の多くが車を所有していることもあり、必然と連れ立ってドライブに行くことが遊びの一つ…

桜(フリー写真)

初めまして

うちの母方の婆ちゃんの話。母方の爺ちゃんと婆ちゃんはアメリカ人で、うちの父は日本人、母はアメリカ人。出張でアメリカに来ていた父と母は恋に落ちた。交際は当時、無茶…