爺ちゃんとの秘密

公開日: 不思議な体験 | 心霊体験

abstract-art-paintings

俺は物心ついた時から霊感が強かったらしく、話せるようになってからは、いつも他の人には見えない者と遊んだりしていた。

正直生きている者とこの世の者ではないものとの区別が全くつかなかった。

知らないおじさんが玄関から入ってきても誰も気付かず、

「おじさんがそこに立っとーよ」

と言っては、

「そげん人はおらん!」

と怒られ、叩かれたりもした。

だから俺は怒られるのが嫌で、少しずつ無口になっていった。

ただ一人、俺の味方だったのが爺ちゃん。

一緒に歩いている時、向こうから歩いて来る男が全体的に灰色がかっていて顔が土気色、そして背中にピッタリと張り付いている黒いもの。

爺ちゃんに

「あの人どげんかしたと? 何で黒いのしょってるん?」

と聞いたら、

「ああいうんはよくよく見とったらいけんよ、ちゃんと区別をつけるようにしんしゃい。

人には影が出来るが、あのもんに影はなかろうが。まだ生きとるけどな…」

と言う。

見れば確かにその男には影がなかった。

そして追い風にも関わらず、線香と何か腐った様な強烈な臭いがしてくる。

すれ違う時にはその臭いで何度か吐いてしまったのを覚えている。

そういうものを何度も目にしたりして、爺ちゃんに色々教わっていく度に

「ここには近寄ったらだめ」

「あの人には近寄ったらだめ」

と、段々分かる様になっていった。

そして、爺ちゃん以外の人には話してはいけない事も。

そんなある日、夏休みで母の妹家族のところへ遊びに行った(その頃爺ちゃんは妹家族と同居してた)。

ちょうど同い年位の子が2人いたから、楽しくて毎日遊んでたらある日の昼に暑さで鼻血を出してしまった。

叔母さんの家に行くと少し横になってなさいとの事で、ある一室に連れて行かれそうになったんだけど、そこは自分なりに気付いてた “近寄ったらだめ” な場所だった。

断ったけどガキの言う事なんて勿論聞いてはくれず、でも一人は絶対に嫌だったから庭にいた爺ちゃんを呼んで一緒に寝てもらう事に。

「何かあってもジィがおるけん、大丈夫」

という言葉に安心して、気が付いたら寝てた。

どれくらい寝たのか、ふと目を覚ますと異様な寒さと線香の臭い。

『ヤバい、怖い』と思い爺ちゃんを見るとグッスリ寝てる。

起こそうと思った時に初めて自分の体が動かない事に気付いた。

掠れ声くらいしか出ない。

それでも爺ちゃんを呼び続けた。

その時ゆっくりと襖が開いて出てきたもの。

首と右腕、左膝から下が無く、戦時中に着ていたと思われるボロボロの服を着て、焼けただれたものが、這いずりながら俺の足元まで来た。

そいつは俺がかけていたタオルケットをゆっくり引っ張る。

何度爺ちゃんを呼んだか、

「爺ちゃん起きて!」

と掠れ声で叫んだ瞬間、

「なんや?」

とこっちを向いた爺ちゃんの顔は焼けただれ、皮膚が剥け、片目と鼻のない今俺のタオルケットを引っ張っているそいつの顔だった。

多分一瞬気絶したと思う。

でも、

「まだ終わらんぞ…」

という低い声と変な笑い声で気が付いた時、そいつの体はもう半分くらい俺の体に乗っていた。

そいつの血と自分の汗が混ざってヌルヌルする様な気持ち悪い感触。

その時突然、凄い勢いでお経を唱える声がした。

泣きながら横目で爺ちゃんを見ると、怖い顔で正座しながら聞いた事のないお経をあげ続けていた。

そしたら、そいつが舌打ちしながら「クソガキが…」みたいな事をモゴモゴ言いながら、煙の渦に吸い込まれて行った。

その後はもう、爺ちゃんにしがみついて大泣き。

泣き声を聞き付けてきた叔母さんに爺ちゃんは「怖い夢を見ただけだ」と言い誤魔化してくれた。

落ち着いてから爺ちゃんに

「あのお経はなに?」

って聞いたら、

「ジィにもわからん、勝手に口をついて出たけん、多分ご先祖様が助けてくれたんやろ」

と穏やかな声で言った。

その後2人でアイスを食べながら庭の雑草を取ってたんだけど、なんとなく俺が掘り返した所から木の札が顔を出した。

爺ちゃんを呼ぶと血相を変えてこっちにやってきて、全部掘り返すと、その何枚かの札には何か書いてあり大量の釘が打ってあった。

「お前は見んでよか、触るな」

と言い、裏の焼却炉の方へ持って行ってしまった。

後に何が書いてあったのか聞くと、子供への怨み事が沢山書かれていたらしい。

小6の三学期、爺ちゃんが胃癌末期と知らされ、最期まで爺ちゃんにバレない様にしろと家族に言われたが、一人で毎日見舞いに行く度に俺が我慢出来ずに泣くもんだから、完全にバレてしまっていた。

というか、爺ちゃんは最初から自分が長くない事を分かっていた気がする。

「ジィがあっちに行く時はお前のいらん力を持ってくけん、ジィがおらんようなってもなーんも心配いらん」

と、いつも優しく頭を撫でながら安心させるように言ってくれていた。

そして爺ちゃんが亡くなってから十数年、怪しい場所や人から線香や腐敗臭、頭痛はしても、それ以上のものは一切見えなくなった。

ただ、結婚して子供もいる今、長男が偶に幼かった頃の俺とソックリな行動をしているのを見ると、先の事を考えて背筋が少し寒くなる。

マンション(フリー写真)

幸運の家

今から14年前に家を建て替えようという話になり、一時的に引っ越すことになりました。 その時に借りた家で体験したお話です。 場所は愛知県の岡崎市で、2年程前に近くを寄った時に…

いざない

その頃、私は海岸近くの住宅工事を請け負ってました。 季節は7月初旬で、昼休みには海岸で弁当を食うのが日課でした。 初めは一人で食べに行ってましたが、途中から仲良くなった同年…

顔半分の笑顔

僕がまだ子供だったとき、ある晩早くに眠りに就いたことがあった。 リビングルームにいる家族の声を聞きながら、僕はベッドの中から廊下の灯りをボンヤリ見つめていたんだ。 すると突…

海(フリー写真)

赤旗が出る日

地元は海の前の漁師町(太平洋側)の話。 ここ数年は少なくなったが、幼少の頃から海女さんの真似事をしてアワビやサザエを採ったり、釣りをするのが子供の遊びだった。 朝に堤防まで…

神様のお世話

俺小さい頃母親に軽い虐待っぽいものを受けてたのね。 でも当時はまだ小さくて、おまけに母子家庭で一人っ子だった俺は、他の家の家庭環境なんて分からないし、同い年の子がどういう風に親と…

夜道(フリー写真)

連れて帰ったもの

私が小学3年生の夏休みに体験した話。 私が住んでいた所は凄い田舎で、地域の子供会の恒例行事で七夕会があった。 七夕はもう過ぎているけど、要するに皆で集まって、クイズなどの出…

最強の守護霊

僕の知り合いに御祓いの仕事をしている人がいる。 知り合いというか、最寄り駅の近くの立ち飲みで出会ったおばさん。 それが今から数えて7年前くらいかなと思う。 引っ越して…

天井(フリー素材)

十時坊主

ある日、バイト先に群馬生まれの男が入って来た。 そこでの俺は勤務年数が長かったので、入って来るバイトに仕事の振り分けや作業指導などの仕切りをやっていた。 仕事を共にして行く…

5ミリ

ある大学生が自宅の自室で勉強していたそうなんです。だけど、なにやら背後に視線を感じる。 どうしても気になりふと振り返ると、背後の側面にある本棚と本棚の隙間から、小学六年くらいの男…

手伝うよ

私が通学する駅は自殺の多い駅だ。 そのせいか、電車の急停止が多い。 急停止が多いあまり、学校や会社に遅れても「電車が」「自殺があって」と言えば遅刻扱いにならず、受験は余った…