幽霊と…

公開日: ほんのり怖い話 | 心霊体験

ghost_man_screaming

5年ぐらい前、地方都市でホステスをしていた時の話。

一緒に働いている女の子で、自称霊感の強いMちゃんという子がいた。

最初は信じていなかったのだが、Mちゃんが「明日は外出しないで」と言ってきたのにもかかわらず、遊びに行って事故に遭ってしまってからはなんとなく信じてた。

そんなMちゃんの住んでいるマンションには男の霊が現れるという。Mちゃんは夜な夜な現れるその男と毎晩Hをしているんだそうだ。

話によるとすっごく巧いんだそう…それは、さすがに信じていなかったのだが、Mちゃんはネタとして客にその話をして笑わせたりしていた。

ある日、Mちゃんがその話をしていると、隣の席の女性客が「それって○○っていうマンションの○○号室?」なんて話かけてきた。

Mちゃんもびっくりして「そうです!」なんて言ってたんだけど、その女性客もその部屋の元住人で男の霊とHしてたんだそうな。

それから、二人は男の巧さについて語り合っていたが、客はひいていた。

Mちゃんは、とっても元気な子だったので怖さは全然感じなかった。

他にも、その店のトイレで兵隊の霊を見たとか言って、「今トイレに行ったらダメだよ」とか止められたりもした。

兵隊の霊はMちゃんも怖がっていました。すごーく怨念を感じるらしい…。

聞けば、その場所って昔演習場のようなところで、爆撃も受けた場所だったらしいよ。

Mちゃんはど田舎から出てきた子だったので、そんなこと知るはずもなかったんだけど…。

それから、一番驚いたのは父親が死ぬ前、「実家に帰った方がいい」って言われたの。

私は事故のこともあるし、なにやら怖いので帰ったら、父親は入院していて今夜がヤマという状態だった。

当時、留守電がなくて昼間も留守がちだったので、母も連絡のつけようがないと困っていたんだって。

Mちゃんのおかげで、死に目に会えたけど、葬式が終わって帰ったらMちゃんが目を真っ赤にして「良かったね。お父さん喜んでるよ」と言われて、その時初めてぞーっとした。

今でも、たまに「ちゃんとお墓参りしてる?」って電話が来るんだけど、父が寂しがっている姿が見えるらしいよ。

そういう時は、私も実家に顔出してない時なんだよね…。

関連記事

心霊企業

昔付き合ってた彼女の影響で、視界の端っこの方に本来見えてはいけない人たちが見えるようになってしまった。 最初の頃は錯覚と思い込んでいたが、地元の飲み屋に行った時にトイレの前に体育…

洋館(フリー写真)

洋館で生まれた絆

ある小さな町に、昔から伝わる奇妙な話がある。 町の中心部から少し離れた場所に、古びた洋館が建っていた。 その洋館には、ある夜だけ窓から幽霊が現れるという噂があった。 …

高校の頃の同級生、Aちゃんにまつわるほんのり話。 自分で言うのもなんだが、母校は地元でも有名な進学校。 女性担任が成績の良い生徒には優しく、悪い生徒には冷たい典型的な学歴コ…

峠

イキバタ

友人は「俺って社会不適合者だよね!」と笑いながらタバコを吸う。 現在高校生やり直し中の通称「イキバタ」さん。行き当たりばったりを略しての渾名らしい。 俺はもう卒業したのだが…

廃墟ホテル(フリー素材)

廃墟ホテルの調査

俺がフリーの調査業をやっていた頃に経験した話です。 その時に受けた仕事は、とある出版社の心霊関係の特集の調査で、俗に言う心霊スポットを調査して事実関係を調べる仕事でした。 …

廊下(フリー写真)

夜中の足音

今から10年前に体験したことを書きます。 当時は自衛隊に入隊したばかりで、夏の頃でした。 訓練が始まる前日、期待や不安でいっぱいだった私はなかなか寝付けませんでした。 …

観音開きの蓋

私がまだ小さかった頃に体験した話です 好奇心旺盛だった私はよく馬鹿な事をして怪我をし、親に心配をかけるようなそそっかしい子供でした。 その当時、私と家族は10階建ての団地の…

宿直の夜

俺は東北の港近くで工場勤めをしていた。 県名は書けないけど、被災地で津波が来たとだけ書いとく。 でも工場は、奇跡的に10〜15センチほど水没しただけだったんだよね。だから1…

不気味なタクシー運転手

Fさん(女性・29歳)が深夜勤務の帰り、タクシーを拾った。 ドアが開き、Fさんはタクシーに乗り込んだが、その運転手は何も言わず、ただ黙ってFさんの顔をじっと見ていた。 ちょ…

北陸本線

二日前だから11月の6日の出来事。終電間近の北陸本線の某無人駅での変な話。 音楽を聴きながら待っていると、列車接近の放送もなく急にホームに列車が現れた。 「うぉっ、時刻表よ…