幽霊と…

公開日: ほんのり怖い話 | 心霊体験

ghost_man_screaming

5年ぐらい前、地方都市でホステスをしていた時の話。

一緒に働いている女の子で、自称霊感の強いMちゃんという子がいた。

最初は信じていなかったのだが、Mちゃんが「明日は外出しないで」と言ってきたのにもかかわらず、遊びに行って事故に遭ってしまってからはなんとなく信じてた。

そんなMちゃんの住んでいるマンションには男の霊が現れるという。Mちゃんは夜な夜な現れるその男と毎晩Hをしているんだそうだ。

話によるとすっごく巧いんだそう…それは、さすがに信じていなかったのだが、Mちゃんはネタとして客にその話をして笑わせたりしていた。

ある日、Mちゃんがその話をしていると、隣の席の女性客が「それって○○っていうマンションの○○号室?」なんて話かけてきた。

Mちゃんもびっくりして「そうです!」なんて言ってたんだけど、その女性客もその部屋の元住人で男の霊とHしてたんだそうな。

それから、二人は男の巧さについて語り合っていたが、客はひいていた。

Mちゃんは、とっても元気な子だったので怖さは全然感じなかった。

他にも、その店のトイレで兵隊の霊を見たとか言って、「今トイレに行ったらダメだよ」とか止められたりもした。

兵隊の霊はMちゃんも怖がっていました。すごーく怨念を感じるらしい…。

聞けば、その場所って昔演習場のようなところで、爆撃も受けた場所だったらしいよ。

Mちゃんはど田舎から出てきた子だったので、そんなこと知るはずもなかったんだけど…。

それから、一番驚いたのは父親が死ぬ前、「実家に帰った方がいい」って言われたの。

私は事故のこともあるし、なにやら怖いので帰ったら、父親は入院していて今夜がヤマという状態だった。

当時、留守電がなくて昼間も留守がちだったので、母も連絡のつけようがないと困っていたんだって。

Mちゃんのおかげで、死に目に会えたけど、葬式が終わって帰ったらMちゃんが目を真っ赤にして「良かったね。お父さん喜んでるよ」と言われて、その時初めてぞーっとした。

今でも、たまに「ちゃんとお墓参りしてる?」って電話が来るんだけど、父が寂しがっている姿が見えるらしいよ。

そういう時は、私も実家に顔出してない時なんだよね…。

名も知らぬ息子

「僕のお母さんですか?」 登校中信号待ちでボーっとしていると、突然隣の男が言った。 当時私は20歳の大学生で、妊娠・出産経験はない。それに相手は、明らかに30歳を超えていた…

暗い部屋(フリー写真)

姉の霊

それは私がまだ中学生の時でした。 当時美術部だった私は、写生会に行った時に、顧問の若い女の先生と話をしていました。 その頃は霊が見えなかった私は、他人の心霊体験に興味津々で…

ペンタブレット(フリー写真)

アシスタントの現場で

4年程前、某マイナー系の雑誌でそこそこに人気のあった漫画家さんの所へ、3日間という契約でアシスタントをしに行った時の話です。 引っ越したばかりの、狭いながらも新築で清潔そうなマン…

カーテン(フリー素材)

宗教施設での心霊体験

これはとある宗教施設に3ヶ月ほど滞在していた時の話です。 その施設は鉄筋の4階建てになっていて、過去に男性が飛び降り自殺をしたという物件でした。 宿泊施設なので管理人と世話…

子供にしか見えない

その友人親子は夕方に近くの公園まで散歩をするのが日課でした。 友人の仕事の関係上、いつも日暮れ前には帰宅していましたので、夕食ができるまでの間に4歳になる息子と毎日遊んであげてい…

田舎の風景(フリー素材)

おごめご様

おごめご様というのがいると、従妹から聞いた。何でも小学校に出るらしい。 その小学校には俺も通ったんだが、旧館と新館に分かれている。 その二つの棟を繋ぐ渡り廊下の側、植え込み…

犬(フリー素材)

犬の気持ち

俺が生まれる前に親父が体験した話。 親父がまだ若かった頃、家では犬を飼っていた。 散歩は親父の仕事で、毎日決まった時間に決まったルートを通っていたそうだ。 犬は決まっ…

峠の道

道連れ

夏のある日、二組のカップルが海水浴に出かけました。 仮にA君、A君の彼女、B君、B君の彼女とします。 A君はバイクを持っていたので一人で乗り、B君は車を持っていたので残りの…

橋(フリー写真)

面影橋

私が京都は東山にあるその営業所に移動になったのは、春先の桜が満開の季節でした。 小さな営業所ではありましたが仕事は多く、音を上げずに勤めていられるのは、ただ同僚の方たちの人柄ゆ…

星を見る少女

夜、アパートに住んでいる青年がふと外を見ると、向かいのアパートのベランダに人がいる。 背格好からすると少女だろうか。少女はどうやら、空を見上げているらしかった。 なんとなく…