幽霊と…

公開日: ほんのり怖い話 | 心霊体験

ghost_man_screaming

5年ぐらい前、地方都市でホステスをしていた時の話。

一緒に働いている女の子で、自称霊感の強いMちゃんという子がいた。

最初は信じていなかったのだが、Mちゃんが「明日は外出しないで」と言ってきたのにもかかわらず、遊びに行って事故に遭ってしまってからはなんとなく信じてた。

そんなMちゃんの住んでいるマンションには男の霊が現れるという。Mちゃんは夜な夜な現れるその男と毎晩Hをしているんだそうだ。

話によるとすっごく巧いんだそう…それは、さすがに信じていなかったのだが、Mちゃんはネタとして客にその話をして笑わせたりしていた。

ある日、Mちゃんがその話をしていると、隣の席の女性客が「それって○○っていうマンションの○○号室?」なんて話かけてきた。

Mちゃんもびっくりして「そうです!」なんて言ってたんだけど、その女性客もその部屋の元住人で男の霊とHしてたんだそうな。

それから、二人は男の巧さについて語り合っていたが、客はひいていた。

Mちゃんは、とっても元気な子だったので怖さは全然感じなかった。

他にも、その店のトイレで兵隊の霊を見たとか言って、「今トイレに行ったらダメだよ」とか止められたりもした。

兵隊の霊はMちゃんも怖がっていました。すごーく怨念を感じるらしい…。

聞けば、その場所って昔演習場のようなところで、爆撃も受けた場所だったらしいよ。

Mちゃんはど田舎から出てきた子だったので、そんなこと知るはずもなかったんだけど…。

それから、一番驚いたのは父親が死ぬ前、「実家に帰った方がいい」って言われたの。

私は事故のこともあるし、なにやら怖いので帰ったら、父親は入院していて今夜がヤマという状態だった。

当時、留守電がなくて昼間も留守がちだったので、母も連絡のつけようがないと困っていたんだって。

Mちゃんのおかげで、死に目に会えたけど、葬式が終わって帰ったらMちゃんが目を真っ赤にして「良かったね。お父さん喜んでるよ」と言われて、その時初めてぞーっとした。

今でも、たまに「ちゃんとお墓参りしてる?」って電話が来るんだけど、父が寂しがっている姿が見えるらしいよ。

そういう時は、私も実家に顔出してない時なんだよね…。

関連記事

フィルムノイズ(フリー素材)

白い影の正体

私は親族に、主に妻の家族に隠し事をしている。なぜ私だけが知り、なぜあの時、お義父さんが私だけに話したのか。それは10年以上経過した現在でも判らない。 ※ 妻の母親、…

ウサギ

ウサギの墓

小学校の頃、自分は飼育委員をしていた。学校には鶏とウサギと亀がいて、それらの餌やりや小屋の掃除、死体の始末をするのが仕事だった。繁殖期になるとウサギは沢山子供を産み、九…

廃墟(フリー写真)

廃病院での肝試し

会社の先輩のIさんに聞いた話。先輩が大学一年の時に、仲の良いサークル仲間四人で肝試しに行くことになった。市街地から少し離れた所にある廃病院。お化けが出ると結構有名な所だ…

廃墟

幽霊屋敷

高校を卒業するまで住んでいた街に幽霊屋敷があった。少し街外れの大きな土地に、広い庭と白い2階建ての家。2年程前にそれを建てて住んだのは四人家族だった。父親は大学教授。母…

神秘的な山(フリー素材)

山の少年

中学時代、夏休みを利用して友達と川釣りに行こうという話になりました。夜中の午前3時頃に集合し、市街地から自転車をひたすら漕いで約3時間、目的の川に到着しました。 ※ 早速、…

ワイン倉庫(フリー素材)

海外ホテルの心霊体験

20年くらい前かな。俺がフリーターをやっていた頃の話なんだけど、その当時ヨーロッパの方へ海外旅行に行ったんだよ。観光目的ではなく労働者ビザを取って2年くらい居たのかなあ…。 …

名も知らぬ息子

「僕のお母さんですか?」登校中信号待ちでボーっとしていると、突然隣の男が言った。当時私は20歳の大学生で、妊娠・出産経験はない。それに相手は、明らかに30歳を超えていた…

天使(フリー素材)

お告げ

私は全く覚えていないのだが、時々お告げじみた事をするらしい。最初は学生の頃。提出するレポートが完成間近の時にワープロがクラッシュ。残り三日程でもう一度書き上げな…

もっさん

うちの病院のカテーテル室(重症の心臓病患者の処置をする場所)には、もっさんと呼ばれるものが出る。もっさんは青い水玉模様のパジャマを着ており、姿はぼさぼさ頭の中年だったり、若い好…

女性のシルエット(フリーイラスト)

妻の生き霊

日曜日の朝、昼まで寝ていた俺はボーっとしながらリビングへ向かった。トントンと包丁の音がする。台所では妻が昼飯を作っているようだった。テレビを点けて携帯を見ると、一昨日内…